WordPressプラグイン

【あると快適!】アクセスカウンターWP Statisticsの設定方法

人生好転マーチ無料メール講座バナー
 
 

※登録されたメールアドレス宛にプレゼントをご案内します。
『@icloud.com』でのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスを作る際はGmailもしくはYahooメールがおすすめです。
※常識的におかしな名前でのご登録は、こちらから解除させていただく場合があります。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。

あると便利なプラグインWP Statisticsの設定方法

 

「投稿画面にあるPV数ってどうやって出すんですか?」

先日投稿した『1ヶ月1万円』の記事
そんな問い合わせをいただきました。

PV数の多かった記事の一覧

上記がその時の画像なのですが、
これはWP Statisticsというプラグインを使っています。

 

ブログでどれだけPVを集めたか
簡単に見られるアクセスカウンター。

これ、結構何を使えばいいか迷っちゃいますよね。

「そんなのGAでいいじゃん!」

そう思うかもしれませんが、
WP StatisticsはすぐにPVがチェックできるので
一度その快適さを味わってしまうとやめられません。

※GA=Google Analytics

 

僕もこれまで

  • Post-views
  • Count per Day
  • Google Analytics Dashboard for WP

など
様々なアクセスカウンターを使ってきましたが、
ポイントはシンプルであること。

そこで最終的に落ち着いているのが
『WP Statistics』というアクセスカウンターです。

 

これがあるとワードプレス管理画面から
すぐに現在のPV数がわかるのでとっても快適です。

もちろん、細かいデータも出してくれます。

でも、投稿画面に総PV数が出るところがお気に入り。

なので初心者さんにもおすすめのプラグインですよ!

ということで今回は、
そんな便利な『WP Statistics』の紹介をしていきましょう!

 

WP Statisticsの設定方法

 

『WP Statistics』はワードプレス管理画面で
PVの推移をチェックできるプラグインです。

ブログにアクセスが集まるようになると
テンションが上がるプラグインでもあるので
ぜひ一度使ってみてください^^

 

では早速『WP Statistics』の設定方法の
手順について解説していきましょう!

 

①WordPress管理画面から『プラグイン⇒新規追加』を選び、検索窓に『WP Statistics』と入力して、プラグインを検索します。

WP Statisticsが表示されたら『今すぐインストール』をクリックします。

WP Statisticsプラグインをインストールする方法

 

 

②『有効化』をクリックします。

WP Statisticsの有効化をクリック

 

 

③メニューに『統計情報』が表示されるのでクリックします。

メニューに統計情報が表示される

 

 

④統計情報内にある『設定』をクリックします。

統計情報の設定の表示

 

 

⑤『除外』のタブをクリックして赤枠の部分をチェックします。

WP Statisticsの除外設定画面

 

 

⑥チェックできたら下にスクロールして『更新ボタン』を押しましょう。

WP Statisticsの更新ボタン

 

 

⑦次に『メンテナンス』のタブをクリックし、赤枠にチェックを入れて更新を押しましょう。

WP Statisticsメンテナンスの画面

 

 

⑧これでWP Statisticsの設定はほぼ完了です。『統計情報』⇒『概要』をクリックすれば様々なデータが観測できます。

メッセージや広告は必要ないので、赤枠の部分をクリックして消しておきましょう。

WP Statistics概要の画面

 

個人的にはあまりこの画面を見ないです(笑)

シンプルに投稿一覧でPV数が確認できるので、
次は投稿一覧をすっきりさせていきましょう!

 

投稿一覧をすっきりさせよう!

 

WP Statisticsを導入すると、
投稿一覧画面の一番端に『ヒット数』が表示されます。

しかし、そのために投稿一覧画面が
少しごちゃっとなってしまいます。

なのでこの投稿一覧から余計な項目を減らして
見た目をすっきりとカスタマイズしていきます。

 

①赤枠の『表示オプション』をクリックします。

ワードプレス投稿一覧画面

 

 

②余計なチェックを外していきます。

表示オプションから余計なチェックを外す

 

 

③すると投稿一覧画面がすっきりして見やすくなります。

すっきりと見やすくなった記事投稿一覧

 

 

あとは普段の使い方でPV数がチェックできるようなります。

WP Statisticsの詳しいデータについては
管理画面左のメニューから色々とチェックできます。

僕は簡易的にPV数の増加がみたいだけなので
これだけもでかなり快適になりました。

 

ただ、本格的なアクセス解析を行いたい時は
グーグルアナリティクスやサーチコンソールを使います。

といっても毎回これらのツールを開くのは面倒なので
やっぱりWP Statisticsがあると便利です。

ぜひ使ってみてくださいね!

人生好転マーチ無料メール講座バナー
 
 

※登録されたメールアドレス宛にプレゼントをご案内します。
『@icloud.com』でのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスを作る際はGmailもしくはYahooメールがおすすめです。
※常識的におかしな名前でのご登録は、こちらから解除させていただく場合があります。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です