画像、加工、PhotoScape

今回は、ネットビジネスはコレひとつで十分乗りきれるという、画像編集ソフトの紹介をしたいと思います。

 

 画像を編集するソフトといえば、一番有名なソフトはアドビのフォトショップですよね。

しかし、フォトショップがいくら有名で使いやすいとしても、単体で購入すれば数万円する高級ソフトです。

(ちなみにフォトショップは初心者が誰でも扱えるソフトではないと思います)

 

しかし、ネットビジネスをする上ではフォトショップのような高機能な画像編集ソフトは必要ありません。

なので、無料ですが必要十分な機能を兼ね備えたソフト『PhotoScape』をオススメします。

 

例えば、トレンドアフィリエイトでブログで画像を使うのであれば、画像のトリミングやサイズ編集、枠線の追加、モザイク、文字入れなどが必要となってきます。

PhotoScapeは、その辺りの画像編集は基本的に全て行えるだけでなく、あらゆるフィルターでの画像編集も可能なので、ネットビジネスにおける画像加工以上のこともかなりカバーしてくれます。

PhotoScapeのインストール方法

※動画2018年2月に録ったものです。
最新情報はこちらからご確認くださいね。

では実際に、画像編集ソフトPhotoScapeをインストールしていきましょう。

 

①下のリンクから、PhotoScapeのダウンロードページを開きましょう。

 

⇒PhotoScape

 

 

 

②『このソフトを今すぐダウンロード』をクリックします。

photoscape 1-1

 

 

もう一度『今すぐダウンロード』をクリックします。

photoscape 1-2

 

 

 

③『インストール』をクリックします。

photoscape 1-3

 

インストールが完了したら、『完了』をクリックして終了です。

 

PhotoScapeの使い方

次に、画像を加工する時の基本操作を解説していきましょう。

画像を加工したい場合は『画像編集』をクリックします。

photoscape 1-4

 

 

PhotoScapeの『画像編集』画面の一番下に「ホーム」「オブジェクト」「トリミング」「ツール」のタブがあるので、ここから基本編集をしていきましょう。

 

photoscape 1-5

 

 

『画像を切り抜く(トリミングをする)』

①『トリミング』タブをクリックします。

photoscape 1-6

 

 

 

②画像から直接、切り取る範囲を選択します。

photoscape 1-7

※右クリックを押せばやり直しができます。

 

 

 

③トリミングをクリックして完了です。

photoscape 1-8

 

 

photoscape 1-9

 

 

『画像のサイズを変更する』

①『ホーム』タブから『リサイズ』をクリックします。

photoscape 2-1

 

 

 

②数値や比率のスライダーを調整して好みのサイズに変更し、『OK』をクリックして完了です。

photoscape 2-2

 

photoscape 2-3

 

photoscape 2-4

 

 

『画像に枠線をつける』

①『オブジェクト』タブから『□』を選択します。 

photoscape 3-1

 

 

 

②枠線の色や線の太さは下の画像から調整します。

photoscape 3-2

 

photoscape 3-3

 

 

『画像に文字をいれる』

①『オブジェクト』タブから『T』を選択します。

photoscape 4-1

 

 

 

②テキストに表示したい文字を入力します。

photoscape 4-2

 

 

 

③画面上のバウンディングボックスを広げて、文字の大きさと場所を決めたら完了です。

photoscape 4-3

 

画像編集が完了したら保存しておきましょう。

 

 

PhotoScapeの画像加工についての解説は以上になります。

今回は基本的な画像の編集だけを紹介しましたが、PhotoScapeでできる加工はまだまだ沢山あるので、色々と試してみてくださいね。

 

もしも、トレンドブログで芸能人の画像を使うのであれば、画像に枠線をつけることだけはしておいた方が良いですね。

それだけでGoogleに対しては「オリジナル画像」であることを示すことができるので、忘れずに行うようにしておくようにしましょう。