読みやすさと著作権を秤にかけた天秤

 

ブログ記事を書く時は、画像を使った方が読まれやすいと言われています。

 

この時、使用する画像がフリー画像であれば問題ありませんが、たとえばトレンドブログなどで芸能人の画像を転載利用したい場合などは、賛否両論分かれるかと思います。

これは、著作権違反が心配であるという理由から、ブログ記事に著作権の発生している画像を転載利用することについて意見が異なるということですね。

 

実際、文章だけで読者を引き込むことができる人であれば、それほど画像を使わなくても、特に問題を感じることはないと思います。

しかし、文章力にあまり自信がない場合は、できるだけ画像を使った方がブログ記事が読まれやすいのはたしかです。

 

特にトレンド記事を書く時は、時事的な内容をテーマに扱うことから、画像を使った方がユーザービリティの高い記事が書けるでしょう。

なので、しっかりと著作権と肖像権について理解した上で、画像を転載利用させてもらうと良いということですね。

 

ではこれから、著作権や肖像権に反しない、ブログでの画像転載利用について解説していきたいと思います。

 

フォロラーフォロラー

ブログに使いたい画像があるけどトラブルは面倒だわ…

マーチマーチ

ブログで画像を使う時の注意点を理解しておけば、それほど心配する必要はないよ

 

画像を使ったブログ記事は読みやすい?

画像を使っている読みやすいブログ記事を読む女性

 

まずはじめに、画像を使ったブログ記事は、そうでないものに比べて読みやすさが増します

 

しかし、ブログ記事で画像を使う時に、著作権やら肖像権やらで頭を悩ますくらいなら、いっそのこと画像なんて使わない方が良いんじゃないかと考えるかもしれません。

しかし、ブログ記事は、本や小説のような通常の文章とは異なり、そこに“読みやすさ”というものがなければ、ソッコー!で読者に離脱されてしまいます。

 

実際、同じストーリーのマンガと小説があった時、手っ取り早く情報を仕入れるのであれば、マンガの方が映像がイメージしやすい分、インプットしやすいかと思います。

逆に、マンガのように絵で表現されている部分を、すべて文章で補おうと思うと、その分ボリュームが大きくなり、読者に負担がかかることになるので、その差は歴然としています。

 

たとえば、次の文章を、頭の中で絵に浮かべてみてください。

介護施設を利用している杖を持った高齢者の男性が、水色のエプロンを着た女性介護士と一緒に、新緑の公園へと日光浴へと出かけました。高齢者の男性が少し疲れた様子なので、女性介護士が声をかけて、椅子に座って一休みしてもらっています。

 

 

おそらく、突然脈絡もない文章ということもあり、漠然としたイメージしかできなかったのではないでしょうか?

しかし、これが写真画像であれば、たった1枚でその様子を正確に、そして鮮明に伝えることができます。

記事の読みやすさを画像で伝える写真

 

このように画像を使って、文章で伝えたいイメージを補助することで、ブログ記事が読みやすくなります。

 

基本的に、読者はあなたの記事が読みたくてブログに訪れたのではなく、知りたいことが書いてそうだからブログ記事をクリックしてみた程度の感覚で、あなたの記事を読み始めます。

 

仕方なく。

マジでこれくらいの感じなので、そこに読みやすさがなければ、どんなに時間をかけて書いた記事だとしても、容赦なく離脱されることになるでしょう。

 

マーチマーチ

ライバルに差をつけるためにもユーザビリティを意識しないとね

フォロラーフォロラー

そこで利用したいのが画像の転載ということですね!

ブログ記事に画像を転載利用する時のリスク

ブログ記事に画像を転載利用する時のリスク、イメージ

 

ここでは、ブログ記事に画像を転載利用する時のリスクについて、詳しく見ていきましょう。

 

一般的な考えとして、ブログで記事を作成する時、著作権フリーの画像であれば、転載しても特に問題ありません。

ただ、話題になっているニュースなどをテーマに記事を書く場合は、読者がイメージしやすいように著作権フリーではない画像を利用したい時も出てくるかと思います。

 

ここで考えたいのは、自分に著作権のない画像を転載する際の2つのリスクです。

 

  1. 著作権・肖像権侵害で訴えられるかもしれないというリスク
  2. アドセンス規約に触れるかもしれないというリスク

 

 

ふたつめのリスクについては、アドセンス広告を利用している人限定ですね。

ただ、この『アドセンス規約に触れるかどうか?』は、画像転載をした後に考えるべき問題なので、今回はまず、『著作権・肖像権侵害で訴えられるかもしれないというリスク』に焦点を合わせ、詳しく見ていきたいと思います。

 

たとえば、ネットで検索して出てきた他人の画像を転載利用したい時、一番トラブルがないのは、著作者に転載利用の確認を取ってから使わせてもらうという方法です。

 

しかし、これを行ったからといって、相手からすると「どういう意図で、どのような利用したいのか?」という不安は拭えませんし、正直、そのやり取りも面倒な話なのです。それに、すぐに相手からの返答がくるとも限らないので、こちらとしても、毎回その手続きができるかというと疑問が残ります。

なので、この方法は理想的ではあるのですが、あまり現実的ではないのです。

 

それに、多くの著作者の本音としては、自分の画像で金儲けを考えたり、変な使い方をしたりしなければ、イチイチ確認しにこなくてもいいってなもんです。

つまり、相手が不利益にならない限り、画像の転載利用については、かなり黙認されているのが現状ということですね。

 

グーグルで画像検索した時の画面

 

実際、グーグルで画像検索をすると、このように魅力的な画像がたくさん出てきます。

しかし、ここに表示される画像のほとんどに、著作権が発生していることを忘れないようにしましょう。

 

すべての人が著作権に寛容なわけじゃない

画像転載をよく思わない人のイメージ

 

但し、以下の人たちに著作権がある画像については、たとえ上記のような使い方であっても転載利用しない方がいいでしょう。

 

  • フリーカメラマンの写真画像
  • アフィリエイターが個人で撮影した写真画像
  • 一般人が撮った写真画像(インスタなど)
  • フリーイラストレーターのイラスト画像

 

 

特にフリーで活動しているカメラマンやイラストレーター、アフィリエイターの画像は、それが彼らの商品であり、著作権に関してはかなり厳しい目を向けてきます。最悪の場合、損害賠償請求にまで至る可能性もあるので、画像の転載利用する時は気をつけなければなりません。

 

 

…大げさ過ぎじゃね?

 

はい。

実は多少、大げさに書いてます。

というのも、実際、このような警告が著作者から来ても、画像を削除すれば、それで連絡が来なくなることがほとんどだからです。

 

それに、相手からしても、著作権違反で民事訴訟を起こし、損害賠償請求をすることは、時間もお金もかかってしまうという大きなデメリットがあります。

しかも、画像1枚や2枚の無断利用であれば、裁判にかかる弁護士費用の方が高くついてしまうので、余程悪質なものでない限り、たいていは画像削除で納得してくれるケースがほとんどです。

 

ただ、稀に損をしてでも無許可で画像を使った相手をギャフンと言わせるといったタイプの人間もいるので、あまり簡単に考えないほうがいいかもしれません。

その場合、仮に示談に持ち込まれたとしても、だいたい5000円~3万円程度の和解金の支払いで解決することが多いのですが、僕たちブログ運営者としては、ちゃんと著作権のルールを理解した上で使う必要があるということですね。

 

フォロラーフォロラー

相手が怖い人だと大変な目に遭いそうですね…

マーチマーチ

要はグレーゾーンを意識できてるかどうかだから、常識の範囲内で使用すれば基本的には問題ないよ

画像の転載利用はWIN-WINで

ウィン・ウィン、イメージ

 

先ほどは、ブログ記事で画像の転載利用をする際のリスクを理解していただきました。

しかしながら、ブログ記事で画像を使うと文章が読まれやすくなるし、実際、画像の転載というのは、ネット上のいたるところで行われているというのが現状です。

 

なので結論としては、相手(著作者)に不利益を与えないように注意し、引用元を表記した上で画像の転載利用を行うようにすると良いでしょう。

これであれば、余程のことがない限り、トラブルになることはありません。

 

たとえば、芸能人の画像を使う場合、ブログ記事の中でその芸能人の悪評や誹謗中傷を書いてしまっては、当然、著作者にとって不利益となってしまいます。

具体的なキーワードとして、『不倫』『浮気』『整形』『ブス』『嫌い』『逮捕歴』『薬』『黒い噂』『犯罪』など、パッと見てネガティブな印象を与えるような記事を書く場合は、画像の転載を控えるようするということですね。

 

逆に言うと、記事内で画像を転載利用する時は、著作者があなたの記事を見て怒らないような内容にして、健全にブログを運営していくといいですね。

 

特に、ブログに広告を載せて収益を得ているのであれば、『ルールを守った上で』というのが大原則。

実際、お金を求めるあまり、グレーゾーンばかりを狙いすぎてしまっては、神経をすり減らしながらブログを続けていくことになるので楽しくありません(笑)

 

それに、グレーゾーンを攻め続けるということは、ビジネスを長期化させるほど不利になるということ。

今は『赤信号皆で渡れば怖くない』状態でも、これから益々発展することが予測されているインターネット社会が、いつまでも無法地帯のまま放置されると考えるべきではないからです。

 

そして、権利についての情報共有が進めば、著作権違反や名誉毀損などで訴える機会も増えるかもしれません。

もし、そのようなことになれば、ようやく資産化できたブログを削除しなければならなくなったり、損害賠償請求で民事訴訟を起こされたりするかもしれないので、ブログで情報発信をする立場としては、今後の動向を注意しながら、ブログ運営をするようにしましょう。

 

というわけで、今回はほとんど著作権についての話になっちゃいましたね(笑)

話をまとめると、『ブログ記事には画像を使った方が良いけど、著作権についてはちゃんと頭に入れておこう!』ということになります。

 

そして、ブログで画像の転載利用をする時は、できるだけWIN-WINの関係になるように心がけるようにしていきましょう!

 

マーチマーチ

それでも心配だったら、著作権フリーの画像でイメージの近いものを探せばいいし、画像を使わずにブログを書いてもOKだよ

フォロラーフォロラー

はい! 無理せずにやっていきたいと思います!