WordPress記事の書き方

WordPressで他人の文章を借りたい時は引用タグを使おう

人生好転マーチ無料メール講座バナー
 
 

※プレゼントは登録されたメールアドレス宛にご案内します。
※『@icloud.com』や携帯キャリアでのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスは『Gmail』『Yahooメール』がおすすめです。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。

引用タグのイメージ

 

今回は、WordPressで記事を書く時に
他人の文章を借りる
『引用タグ』について解説していきます。

 

WordPressを使って記事を作っていると、

「他人の文章をそのまま載せたい」

ということがあるかと思います。

そんな時、
そのまま他人の文章を使ってしまうと、
Googleから『重複した文章を載せた記事』と判断され、
検索順位が上がらないということが起きてしまいます。

 

そういった状態を回避するために、
他人の文章を借りる時は
しっかりと引用タグを使っていきましょう!

 

引用タグとは?

 

引用タグとは、
他のサイトに書かれてある
記事の一文を抜粋する時に、

「文章をパクってるんじゃなくて、
少しお借りしてるんですよ~!」

とアピールするタグのことです。

 

これはSEO対策として重要なことです。

 

たとえば、
他のサイトから借りてきた文章を
そのまま自分の記事に載せちゃったら、
パクってると誤解されちゃいますからね。

それに、Googleから
他人と同じ文章を使ってると認識されてしまい、
検索エンジンで順位が上がらなくなります。

 

なので、しっかりと引用タグを設定して、

「パ、パクってるんじゃないんだからねっ!」

と、意思表明しておく必要があるのです。

そしてこれ以外にも、
一般書籍からの文章をそのまま借りる時にも
ちゃんと引用タグを使わなければなりません

一般書籍や商業誌の文章には著作権があるので、
引用タグがついてなければ
著作権違反になって訴えられることがあるからです。

 

このようなトラブルを避けるためにも、
ネット上の情報をそのまま借りる時は
ちゃんと引用タグを使うようにしましょう。

引用タグを使った文章は、
記事内で引用した箇所の前後に
『“』『”』で挟まれて表示されるので、
検索エンジンやユーザーから
引用文として認識されるようになりますよ!

 

WordPressでは、
引用したい文章を選択して
『引用タグ』ボタンをクリックするだけでOK。

簡単に引用タグを付けることができるので、
これからその方法について
順を追って解説していきたいと思います。

WordPressでの引用タグの使い方

WordPressの引用タグボタン

 

引用タグを使う時は、
引用したい文章を選択して
『“』マークをクリックします。

※記事作成はビジュアルモードにしましょう。

 

ではこれから、WordPressにおける
引用タグの使い方について
順を追って解説していきましょう!

 

 

①今回はこちらの文章を引用してみましょう。

 

引用タグで使う例文

 

引用する文章には、
かならず引用元を記載しておきましょう。

 

 

 

②本文にコピペした引用文を選択して『引用タグ』をクリックします。

 

引用文を選択して引用タグをクリック

 

 

 

③引用タグが適用されました。

 

引用タグが適用された状態

 

 

 

④『プレビュー』で確認してみましょう。

 

引用タグのプレビュー画面

 

『“』(ダブルクオーテーション)で文章が囲まれているので、
Googleの検索エンジンだけでなく、
ブログ記事を読んでいるユーザーにも
ひと目でこの文章が引用されたものであることがわかります。

 

 

以上が、WordPressでの引用タグの使い方となります。

ちなみに、僕の使っているテンプレートは『賢威』なので、
上記画像のような引用デザインですが、
デザインは使用するテンプレートによって異なります。

引用タグを使う時の注意点

他人のコンテンツを引用するイメージ

 

引用タグを使う時の注意点としては、

引用した分の文字数は
記事のボリュームとしてカウントしない

ということ。

たとえば1000文字の記事のうち
200文字の引用があれば、
記事ボリュームは800文字ということですね。

 

そして、引用はどれだけ多くとも

記事全体の割合としては20%以下

にとどめておく方がベターです。

 

引用部分が多すぎると、
オリジナリティが下がって
良いコンテンツとは言えないからです。

大切なのは全体のバランスを考えた
コンテンツに仕上げること
なので、
引用はあくまでも補足部分として
活用するようにするといいですね。

 

とはいえ、引用することによって
記事に説得力が増すというメリットもあります。

最終的にユーザーの満足度が
上がるような使い方を心がけつつ、
うまく引用文を取り入れてみてくださいね!

人生好転マーチ無料メール講座バナー
 
 

※プレゼントは登録されたメールアドレス宛にご案内します。
※『@icloud.com』や携帯キャリアでのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスは『Gmail』『Yahooメール』がおすすめです。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。

POSTED COMMENT

  1. かほ より:

    marchさん、いつもありがとうございます。これがいいと思う記事を参考にしてブログを書く場合、どうしても引用したほうがいいことがあります。タグを使うこと、リンクを貼ることについてmarchさんが提供してくれる動画を参考にして、見ながら操作していけるので、本当に助かります。他のコンテンツも繰り返し見ていきます。ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です