どうしてアドセンス審査に通らないの?

今回は、アドセンス審査に落ちた時の再審査方法と修正ポイントについて解説していきます。

 

Googleアドセンスは、クリックされるだけで収益があがる手軽なアフィリエイト広告ですが、2016年からアドセンス広告を載せるために必要な審査基準が高いことが特徴です。

そのため、何回も審査に落ちるケースも決して少なくないようです。

 

ただ、⇒アドセンス審査用ブログの作り方をイラスト付きでわかりやすく解説!でも話していますが、アドセンス審査に落ちたとしても再チャレンジは可能です。

ではこれから、審査に不合格になった時の再審査方法と、申請に出すブログの修正ポイントについてくわしく解説していきたいと思います。

どうして審査に通らないの?

まずは「どうしてアドセンス審査に通らないのか?」、その理由について考えてみましょう。

アドセンス審査に不合格になる理由は主に3つあります。

 

 不十分なコンテンツ

 ポリシーに準拠していない

 アドセンス規約違反

 

アドセンス審査に落ちた人が、Googleから『不承認』を受けてしまった理由の多くは”不十分なコンテンツ”か”アドセンス規約違反”にまとめられます。

不十分なコンテンツというのは、記事数や1記事あたりの文字数が少なかったり、記事自体が中身のない日記のような内容だったりしたことが原因となります。

アドセンス規約違反というのは、申請に出したサイト(ブログ)がGoogleアドセンスを利用する時のルールに則していないことが原因となります。

 

ではこれから、それぞれの原因について詳しくみていきましょう。

◆不十分なコンテンツを修正する

不十分なコンテンツを修正する

不十分なコンテンツが理由で審査に不合格になった場合、まずは記事のボリュームを見直していきましょう。

記事のボリュームを見直す点は以下の通り。

 

  • 総記事数
  • 1記事あたりの文字数

 

不十分なコンテンツを見直す時は、それぞれ段階を追って修正すべきかどうかを考えていきます。

◇記事数を修正する

この中でまず最初に見直すべきポイントは『総記事数』です。

実際、不十分なコンテンツが原因で不承認になった人は、その後、記事数を増やして申請し、再審査に通過するケースが多いようです。

 

2018年現在、アドセンス審査に合格するための記事数は10~15記事が最低ラインと言われているので、再審査を受ける時はその基準を満たしつつ、5~10記事くらい追加しておくと良いでしょう。

◇文字数を修正する

また『1記事あたりの文字数』も重要です。

アドセンス審査における”十分なコンテンツ”を考えると、やはり1記事平均1200文字を超えるくらいのボリュームは欲しいところ。

 

もちろん、必ずしも1記事1200文字をクリアしなければならないわけではありませんが、1記事500文字程度の記事ばかりが量産されているサイト(ブログ)では、やはりコンテンツのボリューム不足を指摘されてしまいます。

原稿用紙が1枚400字であることを考えれば、それがいかに少ない文字数かわかるのではないでしょうか?

 

なので、1記事1000文字を最低ラインとして、できれば1200文字以上の記事を作るようにしていきましょう。

◆Googleのポリシーに準拠していない

Googleのポリシーに準拠していない

『総記事数』も『1記事あたりの文字数』に問題がなくてもサイト(ブログ)が、『Googleのポリシーに準拠していないサイト』としてアドセンス審査の不承認を受けてしまうことがあります。

 

これは、コンテンツのボリュームは問題ないけれど、アドセンス広告の掲載に不適切なサイトであるということ。

つまり、Googleのポリシーは『質が高く有用なコンテンツと価値あるユーザーに関連性の高い広告を配信できるサイトを広告主様に提供すること』なので、この基準を満たしておく必要があるのです。

 

その場合は『記事の内容』を見直していきます。

初心者が特に気をつけたいのが、日記のような内容の記事ばかりをアップしていないかというところでしょう。

2016年以前なら日記のような記事でもアドセンス審査に通過していたのですが、今は審査が厳しくなったので、何かしら他人に有益な情報を発信していることが伝わる内容であることは必須条件です。

 

他人があなたの記事を読んだ時に、

「参考になった」

「面白かった」

「読んでよかった」

そう思えるような内容を目指す必要があるということですね。

 

とはいえ、そう堅苦しく構えなくても大丈夫です。

人を選ぶような過激な内容ではなく、ちゃんと情報の交流ができるようなサイトであれば、誰でもアドセンス広告を利用することができますし、実際に多くの人がアドセンス審査に通過しています。

イメージとしては、読者がいることを意識して、あなたらしい感じで価値のあるサイトを作っていけば問題ありませんよ。

◆アドセンス規約違反に注意

アドセンス規約違反に注意

アドセンス審査に落ちた時は、アドセンス規約(プログラムポリシー)に違反していなかったか、もう一度確認してみましょう。

 

アドセンス規約は、アドセンス広告を利用するためのルールです。

一般的なサイトは、基本的に検索エンジンからのペナルティを受けることがありませんが、アドセンス広告を利用しているサイトにはGoogleの厳しいルール(アドセンス規約)が課せられることになります。

 

そして、アドセンス審査に申請するサイトに対しては、このアドセンス規約に反していないかどうかのチェックが厳しいので注意しましょう。

アドセンス規約(コンテンツポリシー)については以下のリンクから確認できるので、必ず1度は目を通しておくようにしてくださいね。

 

 

⇒AdSense プログラムポリシー

 

 

特に気をつける必要があるのが『コンテンツポリシー』です。

コンテンツポリシーというのは、アドセンス広告を利用するのに不適切なコンテンツ内容のこと。具体的には以下のようなテーマを扱ったコンテンツはNGとなります。

  • アダルト コンテンツ
  • 危険または中傷的なコンテンツ
  • 危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
  • アルコールに関連したコンテンツ
  • タバコに関連したコンテンツ
  • ヘルスケアに関連したコンテンツ
  • ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
  • 報酬プログラムを提供するページ
  • 不適切な表示に関連するコンテンツ
  • 衝撃的なコンテンツ
  • 武器および兵器に関連するコンテンツ
  • 不正行為を助長するコンテンツ
  • 違法なコンテンツ

引用元:Google AdSense コンテンツポリシー

これはつまり、常識の範囲で考えた時に人を選ぶようなコンテンツがNGであるのと同時に、未成年者への禁止事項を扱ったコンテンツもNGということですね。

 

コンテンツポリシーに引っかかるコンテンツは、他人からの関心を集めやすく、ついそのラインを越えてしまうこともあるので注意しましょう。

これを機に見直したい修正ポイント

これを機に見直したい修正ポイント

アドセンス審査に落ちてしまった時は、基本的に上記のポイントを重点的に見直すことで再審査に挑むことができるでしょう。

しかしながら、意外なところで審査に引っかかっている可能性も考えられます。

ここでは、再審査を機にチェックしておくべき修正ポイントについてみていきましょう。

 

▶ 記事タイトルが適当

▶ 無機質な文字の羅列

▶ 画像・動画の著作権違反

▶ アドセンス広告とリンクが近い

 

これらのポイントは記事を作成する上においては基本的なことですが、この辺りがいい加減だとアドセンス審査に弾かれてしまっても文句は言えません。

◆記事タイトルが適当

アドセンス審査において、記事タイトルはあまり重要な項目ではないというのが正直なところです。

しかしながら、記事タイトルがあまりにも独りよがりで適当なものだと、他人に対して有益な情報を発信していないと判断される可能性があります。

 

たとえば、「今日は雨だった」「今日は12時間寝ました」といった感じで、ひと目で日記だと思わせるようなものはNGということですね。

このようなタイトルでは有益な情報を発信しているとは思えませんし、記事総数が少ないうちでこの調子だとマイナス要因でしかありません。

アドセンス審査で足を引っ張ることがないように、記事タイトルもちゃんと読者が興味を引くような内容にすることが大切です。

◆無機質な文字の羅列

アドセンス審査用に記事を書く時は、1記事1000文字が最低ラインです。

しかし、その1000文字がそのまま羅列されていては、読者からすると非常に読みにくいものです。

 

そこで重要なのが、

  • 改行を使う
  • 見出しを使う
  • 文字装飾を使う

この3つです。

 

読みやすい記事にするためには、『改行』『見出し』『文字装飾』の3つを使っていきます。

見出しというのは、いわゆる『見出し3(<h3></h3>)』などの『hタグ』と呼ばれるものですね。

このように、改行・見出し・文字装飾を使うことで、読者への読みやすさを意識していることが伝わります。

 

逆にこれらを使わず、ただ無機質に文字や文章を羅列してるだけでは、きちんとサイト運営されているとは見なされずに印象が悪くなってしまうので気をつけましょう。

◆画像・動画の著作権違反

以前までのアドセンス審査では、画像や動画は使用しない方が良いと言われていました。

しかし、アドセンス審査が刷新されてからは、「画像・動画を貼ること=読者への配慮がなされている」といった見方に変わるようになりました。

 

ただ、画像や動画を使うにしても著作権違反をしてはいけません

 

特に注意したいのは、「◯◯◯ フリー画像」と検索して出てくる画像の中には、著作権フリー画像以外のものが混じっているということ。

画像や動画を記事に貼り付ける時はこの部分に注意しつつ、ちゃんとフリー画像サイトから著作権違反していないフリー画像をダウンロードするか、自分で撮影したものだけにしましょう。

 

あるいは、公序良俗に反するものもNGです。

具体的に言うと水着画像レベルでもアウトなので、判断に迷った時はその画像を使わないようにした方が無難であることは言うまでもありません。

◆アドセンス広告とリンクが近い

アドセンス広告の配置で気をつけたいのは、『誤クリック』を誘発させない配慮をしておくことです。

アドセンス広告はクリックされるだけで報酬が発生するので、Googleは読者が勘違いしてクリックするような広告配置をしてないかどうかに対してかなり厳しいチェックをしてきます。

特にアドセンス広告の直近に別のリンクを貼るのは、初心者がやりがちな失敗なので注意してくださいね。

 

以上が、再審査をする前にチェックしておきたい項目です。

いずれもアドセンスのプログラムポリシーに書かれていることなので、うっかりミスがないかちゃんと確認しておいてくださいね。

 

その他、『運営者情報』『プライバシーポリシー』『サイトマップ』『問い合わせフォーム』などをサイドバーやメニューに設置することも大事なので、こちらも併せて覚えておくようにしましょう。

アドセンス再審査の注意点

アドセンス再審査の注意点

サイトの修正ができたら、アドセンスの再審査を行うのですがここでひとつ注意点があります。

 

それは、

再審査は2週間空ける

ということ。

 

もし、2週間の期間を空けずに再審査を受けようとしても、機械的に不合格にされるだけなので、12日でも13日でもなく、ちゃんと14日(2週間)以上期間を空けてから再審査申請を行うようにしましょう。

アドセンス再審査の方法

現在のところ、Googleアドセンス審査は何回トライしても制限はありません。

なので、仮に審査で不承認を受けたとしても、合格するまで何回も再審査にチャレンジすることができます。

 

アドセンス再審査をするには、まず⇒Googleアドセンスにログインします。

すると、次のような画面に変わります。

Googleアドセンス再審査

『ウェブサイト』に審査用ブログのURLを入力し、『コンテンツの言語』で日本語を選択し、『保存して次へ』をクリックします。

 

すると審査中の画面に切り替わるので、再度、審査結果が出るまで待ちます。

アドセンス審査に通りやすくするために、審査中も記事投稿するようにしておくと良いでしょう。

まとめ

アドセンス再審査と修正ポイントについて

今回の記事では、アドセンス再審査と修正ポイントについて解説していきました。

 

何をマスターするにも、まずは『型』というものがあります。

アドセンス審査はあくまでもアドセンス広告を利用するための審査ですが、その型をしっかりと学ぶという点においても最適な通過点です。

実際、アドセンス審査は初心者がつまづきやすい関門とも言われていますが、サイトやブログを収益化させる前の肩慣らしとしては良い実践練習になるので、根気強く乗り越えていきましょう。

 

ここを越えれば新しい世界が待っているので、ここは登竜門だと思ってがんばってくださいね。

 

 

2018/8/30 追記!

アドセンス再審査について、さらに詳しい20の修正ポイントをまとめました。

アドセンス審査に通らない時に修正すべきポイントを完璧にカバー!

 

 

お知らせ

今回紹介した『アドセンス審査に落ちた時の再審査方法と修正ポイント』は、いかがだったでしょうか?

アドセンスを確実に取得する方法については、僕のメール講座1通目でプレゼントしているアフィリマーチ『アドセンス攻略パート』にまとめているので、こちらもぜひ参考にしていただければと思います。

 

興味のある方は、この機会にぜひ受け取ってみてくださいね。