よくアフィリエイトでは

『SEO』を強化させることについて言及されていますが、

SEOとはつまり

「検索ページで上位表示させる為の取り組み」のことです。

 

SEO対策というのは

『内部SEO』『外部SEO』の2つに分けられます。

 

 

内部、SEO、強化、ライティング、コツ

 

内部SEO強化のポイント

基本的に優先順位が高いのが『内部SEO』です。

実際、どのような工夫を施すことで、

検索順位への効果が高まっていくのでしょうか。

 

 

まずは、内部SEO強化に関して重要な5つのポイントをみていきましょう。

 

 

 

・キーワード選定

 

・見出しタグ

 

・コンテンツの内容・質

 

・1記事あたりの文字数

 

・サイトの滞在時間

 

 

 

検索上位を狙っていくためには、

この5つのポイントを意識して

記事を作成していきましょう。

 

 

ひとつひとつポイントを抑えておくことによって、

最終的には、小さな差が大きな差になって

ライバルたちに打ち勝つことになります。

 

 

実際にやってみるとわかるのですが、

キーワード選定や、業界基準の文字数、

似たり寄ったりの内容に留まっているのがわかります。

 

 

そこで微差を作ることができれば、

案外、検索上位を狙うことが難しくないことが

わかるのではないでしょうか。

 

 

 

微差が積み重なると大差です。

 

 

 

しっかりとポイントを抑えていってくださいね。

 

 

ライティングでSEO強化

意外に知られていなかったりするのが、

文章の書き方によってSEOに効果があるということ。

 

 

先程も言ったように、

多くのトレンドアフィリエイターは、

タイトルのキーワード選定については

しっかりやるのですが、

その狙ったキーワードを

文章にうまく盛り込むところまで

やっていない人が多いものです。

 

 

あなたが新規で記事を投稿したときに、

クローラーが『どんな記事か』を判断しているのですが、

無作為に記事をチェックしているわけではありません。

 

 

タイトルだけではなく記事の内容が、

ちゃんとキーワードとの関連性を

持っているかをチェックしています。

 

 

 

 

そのポイントというのが、

 

 

『見出しタグ』

 

『最初の段落』

 

『最終段落』

 

 

の3つになります。

 

 

 

 

簡単に説明していきましょう。

 

 

『見出しタグ』

 

ブログにはみだしタグ機能がありますが、

そこに狙ったキーワードをきちんと入れておくこと。

キーワードと関係ない見出しを使うと

SEO的に関連性を認められません。

 

 

 

『最初の段落』

 

文章の最初の段落は挨拶文を省き、

キーワードに沿った文章で書きだすこと。

タイトルに使用しているキーワードと関係している文章が

段落のはじめに来ている方がSEO的に良いでしょう。

 

 

 

『最終段落』

 

文章の最後の段落は、

最終的に話が別の話になっていないか確認するために、

きちんと狙ったキーワードが

最後まで使われているかチェックしています。

 

 

 

 

その他、重要なキーワードは、

不自然でない程度に

文章に盛り込むのも忘れてはいけません。

 

 

彼や彼女という代名詞を使うのではなく、

しっかりと固有名詞を使って記事を書くことも大事です。

 

 

ぜひ、意識して

内部SEO強化を

ライティングに取り入れていってくださいね。