面倒くさいとつぶやく人、イラスト

 

今回は、面倒なことをやる利点について話をします。

 

成功者の話の中には、よく「自分は面倒くさがりだから成功できた」という話が出てきます。

普通に考えると、『面倒くさがりだから成功できない』となるはずなのですが、彼ら成功者はなぜ自分のことを『面倒くさがり』だと言うのでしょうか?

 

元々、人間というのは、本質的に怠惰な部分を持っています。

そして、この本質的に怠惰な部分があるからこそ、面倒なことに対する捉え方次第で圧倒的な力をも生み出すこともできるということが考えられるのです。

 

ではこれから、僕たちが抱いているなまけ心をプラスに変えるための話を、できるだけわかりやすく解説していきたいと思います。

 

人間は面倒なことは後回しにする生き物

 

人間というのは、『面倒なことは後回しにしたい』という願望を持っています。

つまり、人間の本質の中には『怠けたい』という欲求が含まれているということですね。

 

面倒なことを後回しにするということは、要するに『過程をすっ飛ばして結果だけを得たい』いうことに他なりません。

そして、非常に多くの人たちが、できれば面倒くさいことは誰かにやってほしいといったことを願望として抱いているのです。

 

  • 面倒なこと⇒避けたい
  • 結果>過程

 

まず人間の本質として、過程よりも結果を求め、面倒なことできるだけ避けたいという願望を持っていることをしっかりと捉えておいてください。

逆に言うと、人は理性でそれをコントロールしない限り、怠惰な方向に流されることになります。

どの分野においても、成功者はこの人間心理を必ず掴んでいるので、ここはしっかりと頭にインプットしておきましょう。

 

面倒なことをやる利点を知らないと損

怠け者のイメージ

 

人間は本質的に怠惰な部分を持っていますが、普段はそれを理性でコントロールしています。

ただ、普段僕たちが理性でコントロールしている面倒なことというのは、『すべきこと』であって『やったほうが良いこと』ではありません。

人間は社会的な生き物なので、まず『すべきこと』を優先し、その後で『やったほうが良いこと』を個人の裁量でやるかどうかを決めます。

 

「今日も仕事で疲れた。。ブログ記事を書いた方がいいんだろうけど面倒だなぁ…」

「ご飯食べすぎて動けない。。お皿を洗うのは後回しにしよう…」

「LINEを返すの面倒だな。。また時間ある時にでも返信しよう…」

 

このようなことは誰にでもあると思います(笑)

ただ、面倒なことをやる利点さえしっかりと抑えておけば、このような怠惰な感情に流されずに済むでしょう。

むしろ、面倒なことをやる利点を知らないと、気づかないうちに損をしているかもしれません。

 

面倒なことというのは、ダイヤの原石です。

パッと見はただの石のように見えるのですが、磨けば価値のあるものに姿を変えます。

 

ダイヤの原石

 

上記画像はダイヤの原石ですが、この原石を宝石になるまで磨くという面倒な過程を経て、市場で高い価値をつけるようになります。

実は世の中のサービスやビジネスというのは、このように面倒なことを誰かの代わりにやってあげることに他なりません。

つまり、面倒なことは、お金に変換できるということですね。

ビジネスの本質は、『人の役に立ち、その対価としてお金をいただく』というものですが、単純な話、人が面倒だと感じることをあなたが代わりに解決できれば、それがビジネスになるのです。

 

 

あなたが人生で

「こりゃあ面倒だな…」

と思った数だけ
ビジネスチャンスになるのです!

 

「面倒だから後回しにしたい」

「嫌なことはできるだけ避けたい」

「できることから先にやりたい」

どんな場面でも、
ついこのようなことを考えるのが人間です。

そんな時、心の中にアンテナを張り、
誰もが抱くネガティブなことに対して
クリエイティブなアイデアが浮かべば、
それがビジネスの種になるかもしれません。

 

この事実を知らずして、周りの人と同じように面倒なことを避けていては『損』をします。

ではなぜ、面倒なことを避けると損をするのか、この点についてこれから詳しく説明していきたいと思います。

 

フォロラーフォロラー

正にマイナスをプラスに変える発想の転換ですね!

マーチマーチ

そのためにはまず、自分の感情と向き合うのが大事だということだね

面倒なことをやる人の賢い戦略とは?

面倒なことをやる人の賢い戦略

 

面倒なことをやる人は、ただのお人好しでしょうか?

 

いいえ。

面倒なことをやる人というのは、人間の怠惰な本質を理性でコントロールする人なので賢い人間だと考えるべきです。

それに、人は往々にして「面倒なことは後回しにしたい」と考えるので、面倒なことを率先してできる人は、人からも好かれるようになります。

 

 

世の中には、成功者が何か特別なことをやっていると考える人が沢山います。

しかし、彼ら成功者たちは、ただ目の前にある面倒なことを地道に解決し、それが結果として成功につながっているケースがほとんどです。

 

 

実際、『成功者=面倒なことをやる人』であることが多いのです。

ビジネスで長期的に成果を出している人は、自分が面倒だと思うことが他人も面倒だと思っていることを理解しているので、それをうまくビジネスへとつなげています。

 

人間は怠惰な生き物

面倒なことは後回しにしたい

面倒なことを代わりにやる人が欲しい

面倒なことを解決する仕事は需要が高い

飛び込む勇気があればブルーオーシャン

※ブルーオーシャンというのは、ビジネスにおいて競合の少ない場所という意味

 

かなりシンプルですが、人が面倒だと思うことは需要が高いので、そのニーズを埋めることができれば、それがビジネスになるということですね。

 

面倒なことが圧倒的な差を作る

圧倒的な力の差のイメージ

 

面倒なことをやれる人というのは、面倒なことを後回しにする人たちよりも、最終的に圧倒的な差をつけて恩恵を受けることになります。

面倒なことや億劫だと思うことに対して、「これは自分の仕事じゃない」「こんなサービスあったらなぁ」と思う人は一定数存在しているので、面倒なことを率先してやれる人は、非常に多くの人たちから感謝されることになります。

 

たとえば、受験を例に考えてみましょう。

日本の学業・勉強というのは、いまや知識欲を満たすためのものではなく、受験を勝ち抜くための存在となっています。つまり、新しいことを学んだり知恵をつけたりする欲求を満たす喜び以上に、学歴社会を勝ち抜くために僕たちは勉強するということですね。

勉強には個人差がありますが、基本的にはその面倒なことに対し、どれだけ時間を費やすことができたかで、受験の際に明暗が分かれます。そして、その努力が今後の人生を大きく左右することにもなるのです。

 

受験の世界であれば、面倒だと思う勉強を頑張って偏差値を1-2点でも上げるだけで、全国的には多くのライバルより抜きん出ることができます。

これがビジネスであれば、それだけで多くの人を救うことができるので、それがどれだけの対価として返ってくるかは想像に難くないと思います。

 

人よりもやる気を持って実践する

ただ、それだけの話です。

みんなが面倒だと思うようなことに対して、ほんの少しの勇気を持ってやり続けていくと、結果的にそれが大差となっていくでしょう。

 

“面倒なことをやれる人”と“面倒だからやらない人”の比率を考えれば、これがいかに『得』をする話で、いかに『損』をする話か理解していただけるのではないでしょうか?

ビジネスの場合、人よりほんの少し面倒なことをやる勇気を持つだけで、それがやがて大きなお金となって返ってくるのです。

 

面倒なことを積み重ねていってください。

それができれば、たとえ僕のような凡人だとしてもビジネスで圧倒的な差をつけて成功することができるでしょう。

 

フォロラーフォロラー

面倒なことも損得で考えると見方が変わってきますね!

マーチマーチ

面倒だと思うのはみんな同じ。だからこそ、そこで人よりもほんの少しだけ勇気を出すことが必要なんだよ

まとめ

面倒なことから抜け出すイメージ

 

人の心の中には『怠けたい』という欲求があります。

夢や目標を持っていたとしても、時々、その怠け心があなたの意欲を引っ張るようになると思います。

 

そしていつか、その怠け心があなたのやる気を吸収することがあるかもしれません。

 

いや、大半の人たちはその怠け心に負け、自分の夢や目標を犠牲にしてしまうでしょう。

 

ただ、『怠惰』は人間の本質でもあるので、その欲求に抗えなくても仕方がありません。当然、そういった人たちを責めることもできません。

しかし、自分の中の夢を叶えたいのであれば、自分の中の怠け心を自覚し、面倒なことをやるメリットを、しっかり頭にインプットしなければいけません。

そして、自分が面倒だと感じることを積み重ねていき、圧倒的な実力を身につけていく道を厭わないでください。

 

面倒なことを実践し、積み重ねれば積み重ねるほど、それは自分の資産となっていきます。

真面目に取り組めば取り組むほど、かけがえのない資産が崩壊することなく、あなたや周りの人たちを豊かにしてくれるでしょう

それはあなたの人生において強力な魅力となり、強いブランドとして人の記憶に残っていくことになるはずです。

 

何度も言うように、成功に必要なのは、自分が面倒だと思うことをやる勇気を持つだけです。

それだけで圧倒的な力の差を生み出すことができることを、ぜひ、覚えておいていただければと思います。