クローラーとは?

今回は、クローラーと検索順位が決まる仕組みついて解説していきます。

 

ネットビジネスをしていると、時々、「クローラー」とか「インデックス」という言葉を耳にします。

 

なんだまた専門用語か…

そう言いたくなる気持ちもわからなくはありません。

しかし、そういって読み飛ばすのはもったいないくらい、この2つの言葉はネットビジネスでSEO(検索上位表示)対策をする時によく出てくる言葉です。

 

というのも、クローラーやインデックスというのはSEOの仕組みを知る上ではベースとなる言葉。

はっきり言って「コレを知らなきゃ話にならねぇよ」ってな存在なので、これからその意味について詳しく紹介していきたいと思います。

クローラーとは?

まずクローラーをひとことで言うと、インターネット上のあらゆる情報を集めるために働くロボットのことです。

クローラーは別名『ロボット型検索エンジン』とも呼ばれ、定期的にウェブ上の記事データを周期的に取得して、自動的に巨大な検索データベースに格納(インデックス化)する存在。

つまり、クローラーが定期的に記事データを集めてくれるおかげで、私たちが新しく記事を投稿した時に、それがインターネット上の検索結果に反映されるようになるのです。

 

逆に言うと、自分のサイトにクローラーが巡回してこなければ投稿した記事がインデックスされず、検索しても投稿した記事が表示されないということですね。

実際、立ち上げたばかりのサイトなどはクローラーがなかなか巡回にこないため、こちらからクローラーを呼ぶなどの対応をすることがあります。

 

トレンドアフィリエイト|Fetch as Googleで記事インデックスを早めよう

 

それ以外にも、WordPressプラグイン『Google XML Sitemap』を使ってクローラー用サイトマップを作り、サイト内で更新した情報をクローラーが取得しやすい環境を整えておくと、サイト内SEO対策として良い影響を与えてくれるでしょう。

ちなみに、クローラーにサイトマップを送信する方法については下の記事を参考にしてください。

 

Google XML Sitemapsでサイトマップを検索エンジンに自動送信

 

このようにクローラーの働きを知ることで、自分の記事やサイトの内部SEO対策について理解しやすくなるということですね。

検索順位が決まる流れ

検索順位が決まる流れ

まず検索順位が決まる流れは、『1.クローラーの巡回⇒2.インデックス⇒3.検索順位に反映』となります。

 

つまり、クローラーがインターネット上のサイトやブログを巡回し、文書や画像などのデータを収集した後、それらが検索エンジンによって分類(インデックス)され、検索アルゴリズムによって検索順位が決まるということですね。

ではそれぞれ詳しくみていきましょう。

1.クローラーの巡回

記事をサーバーにアップロードしていれば、クローラーはできるだけウェブページの情報を集めに来てくれます。

但し、すべてのページに対して、クローラーの巡回頻度が同じかというとそんなことはありません。

頻繁に巡回すべきだとクローラーが判断するには以下のような条件があります。

 

▶ 更新頻度の高いウェブサイト

▶ 検索エンジンが重要だと判断している

 

たとえば、重要度が低くあまり更新もしていないサイトの場合、記事のページ情報がGoogleの検索データベースにインデックスされるまで時間がかかるということが言えるでしょう。

言い換えると、クローラーの巡回頻度が少ないサイトは検索上位になりにくいので、記事の更新頻度を高めたり、アクセスを集めるコンテンツを作ったりして、ウェブ上でのサイトの価値を上げていく必要があるわけですね。

ただ、アクセスを集めるコンテンツを作るのはなかなか難しいので、基本的には更新頻度を高めることでクローラーの巡回を増やすのが一番手っ取り早い方法となります。

2.インデックス

次に、クローラーが集めてきたページ情報は、Googleの検索データベースにインデックス(格納)されていきます。

たとえば、『クローラー』というキーワードで記事を書いて投稿した後、実際にGoogleで「クローラー」と入力して検索した時に投稿した記事が出てくれば、その記事はGoogle(検索エンジン)の「クローラー」というデータベースに格納されたということになります。

 

これはよく『インデックスされる』という言い方をします。

逆に言うと、記事を投稿(公開)してGoogle検索した時に、その記事がまったく検索に表示されない場合は、まだページ情報がインデックスされていない状態ということですね。

 

ちなみにインデックスされているかどうかを確認したい時は、その記事のURLの前に『site:』と入力して検索してみましょう。

 

たとえばこの記事であれば、

http://luckymarch.com/archives/644

に『site:』をくっつけて、

site:http://luckymarch.com/archives/644

上記URLの様にして検索します。

 

ちゃんとインデックスされていれば、検索結果として表示されるはずですよ。

3.検索順位に反映

最後は、Googleの検索エンジンがアルゴリズムに合わせて、インデックスされたページ情報を分類していきます。

各データベースに分類されたページ情報は、検索順位を決定するアルゴリズムに則してウェブ上の検索結果に反映されていきます。

 

つまり、私たちが普段からよく口にする「SEOが重要」という言葉を紐解くと、クローラーにどれだけきちんとページ情報を読み取ってもらうかが鍵となると言い換えることができるのです。

もちろん、その先には検索エンジンのアルゴリズムによる評価が待っているのですが、まずはわかりやすくユーザビリティの高い記事を発信し続けることが重要だということですね。

 

Googleのアルゴリズムは日々進化しており、その評価基準は刻々とアップデートされ続けています。

率直に言うと、年々下手な小細工は通用しなくなってきているので、今後の傾向としてはよりホワイトなサイト(健全な運営)が求められることは間違いないでしょう。

 

そのためには、しっかりと検索順位が決まる仕組みを理解し、健全なSEO対策をして良いコンテンツを発信し続けることが大切だということですね。