今回は、アドセンス審査を一発で通過するためのポイントを具体的にまとめたので、それを紹介していきたいと思います。

 

アドセンス審査に通りやすいブログのポイントについては、以前⇒Googleアドセンスの審査に使うブログを用意しよう!でも解説した通りなのですが、今回はそのポイントについて具体的に解説していきたいと思います。

そもそも、アドセンス審査というのはきちんと運営されているブログであれば問題なく通るのですが、その“きちんと運営されている”の基準が人によって曖昧なので、その差によって審査に通るブログと通らないブログがあるようです。

 

「じゃあ一発でアドセンス審査に通るブログを作るから、模範的なブログの作り方を教えてくれよ!」という人もいるでしょう。

たしかにアドセンス審査用のブログくらいでしたら、ある程度自分を抑えて模範的なブログを作るのも有効的です。

 

ということで、これからアドセンス審査に適した模範的なブログを作るポイントについて、詳しくみていきましょう。

アドセンス審査は少し厳しめに挑む

アドセンス審査、合格への道

Googleアドセンスとは、Googleが管理しているクリック報酬型アフィリエイト広告と言われるもので、私たちアフィリエイターやブロガーは、このアドセンス広告をブログに貼るだけで結構な収益を上げることが可能です。

つまり、それだけGoogleアドセンスの信用度が高いことを表しているのですが、私たちがこのアドセンス広告を使う時は、Googleのブランド価値を損なわないサイトやブログを運営しているかどうかを審査されるシステムとなっています。

 

アドセンス審査に通るかどうかは、すべてここに集約されています。

ただ、ブログ初心者やネットビジネス初心者の場合だと、”Googleのブランド価値を損なわないサイト(ブログ)運営”というものがピンとこないかもしれません。

正直なところ、この部分に関してはインターネット全体の基準ではなくて、Googleの基準に合わせなければ審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

 

アドセンス審査は車の運転免許のようなもので、実技試験の時のように、法定速度を守って、一旦停止でガッチリ止まって、右・左・右の確認をして…、といった感じで少し厳しいのが特徴です。

つまり「運転できるから問題ねーだろ?」では、審査に通らない場合があるということですね。

 

なので、アドセンス審査を受ける時は、ある程度厳しめに挑むと良いでしょう。

アドセンス審査に一発で受かるポイント

アドセンスに合格するポイント

アドセンス審査に一発で受かるポイントは以下の通りです。

 

1記事1200文字以上

10~15記事以上

有機的な文章構成

1つのテーマに特化する

トレンド系は避ける

不快なワードを使わない

画像はフリーかオリジナルを使う

更新頻度高め

コピペ・リライト厳禁

アフィリエイト広告を外しておく

 

ではそれぞれ詳しく解説していきましょう。

◆1記事1200文字以上

記事単体のボリュームを見た場合、一般的には1記事1200文字以上あるのが好ましいでしょう。

というのも、Googleの検索で上がってくる記事のボリュームを考えると、1記事1000文字くらいが最低ラインだと言えるからです。

ある程度中身を充実させた記事にするために、少し余裕をもって1記事1200文字くらいを目安にして記事を書いていきましょう。

◆10~15記事以上

アドセンス審査用のブログは10記事以上貯めるようにしましょう。

2017年までは30記事以上必要だったみたいですが、2018年現在では10記事以上クリアしていれば審査に通るケースが多くなってきました。

◆有機的な文章構成

有機的な文章構成というのは、ちゃんと改行を意識したり、強調したい部分を太字にしたり、装飾をつけることでユーザーに読みやすい記事を作るということです。

逆に言うと、改行もせずに1000文字並べただけのような記事ではNGでは印象が悪いので、ちゃんとユーザーへの読みやすさを意識していることが伝わる文章構成にしましょう。

◆1つのテーマに特化する

アドセンス審査に出すブログは、テーマを絞らない雑記ブログよりも、何か1つのテーマに絞った特化ブログの方が好ましいでしょう。

実際、雑記ブログでも審査に通らないことはないのですが、その際は有益な情報を発信しているかどうかが大きなポイントになってきます。その場合、初心者がアドセンス審査に出すブログをイチから作るにしては、多少リスクがあると言わざるを得ません。

なので、あなた自身が関心・興味を抱くジャンルについてまとめたブログを作っていくようにしましょう。

この時に注意すべきポイントは、『独りよがりな内容はNG』ということです。いわゆる日記のような内容ではなく、その記事を読んだ人の役に立つようなものが好ましいということですね。

◆トレンド系は避ける

審査用のブログを作る時は、芸能系・トレンド系の記事は避けましょう。

これはGoogleが多くのトレンドブログを嫌っているためであり、これまで数多くのトレンドブログが手動ペナルティに遭ってきたことからも明らかです。

今後トレンドアフィリエイトをする予定があったとしても、アドセンス審査用ブログで芸能系・トレンド系の記事は避けておくのが無難です。

◆不快なワードを使わない

アドセンス審査の時もそうですが、アドセンス審査に通過した後も不快なワードを使ってはいけません。

不快なワードというのは、暴力的、アダルト、お酒、タバコ、ギャンブル系のワードです。

アドセンス広告を貼る時は、未成年が見ても問題がないようなブログである必要があるので、人を選ぶような不快なワードは基本的に使わないようにしましょう。

◆画像はフリーかオリジナルを使う

ブログに画像を貼る場合は、著作権フリーの画像か、自分で撮影したオリジナルの画像を使うようにしましょう。

ネットで拾ったような画像は、著作権がどこの誰にあるものかわからない場合が多いので、知らず知らずのうちに著作権違反をしていることも考えられるからです。

ちなみに審査に通った後は、この部分はかなりゆるくなるので安心してくださいね。

◆更新頻度高め

更新頻度高めというのは、きちんと運営しているブログであることをアピールするためですね。

いかにも”アドセンス審査用に仕方なしに作ったブログ”という感じだと、やはり悪い印象を与えてしまいます。

審査に出した後も、できれば2日に1記事くらいは更新しておくようにすると、きちんと運営しているブログだと伝わるでしょう。

◆コピペ・リライト厳禁

記事を書く時はコピペ・リライト厳禁です。

最近は益々Googleの検索エンジンも高性能になってきたので、コピペだけでなくリライトへの基準も厳しくなってきています。

他人のサイトを参考にするのはOKですが、安易なコピペやリライトに走らないように注意しましょう。

◆アフィリエイト広告を外しておく

特に記事数が少ないブログの場合、他のアフィリエイト広告は外しておきましょう。

アフィリエイト広告を貼っていたからといってアドセンス審査に通らなくなるわけではありませんが、アフィリエイト感の強いギラギラしたブログやサイトは印象が悪いので、審査中は念のためにアフィリエイト広告を外しておくのが賢明です。

まとめ

アドセンス審査合格イメージ

今回は、ブログをアドセンス審査に一発で通過させるための具体的な内容についてまとめました。

 

アドセンス審査も年々難しくなってきている印象がありますが、今回紹介したポイントを参考にしていただければ基本的には問題ないでしょう。

それでも、前述したように”キチンと運営しているサイト(ブログ)”の基準は人それぞれなので、そこにズレが生じていればアドセンス審査に落ちてしまったとしても不思議ではありません。

 

ただ、アドセンス審査は何度でもチャレンジできますし、ここはある意味ネットビジネス初心者にとっての登竜門なので、合格するまで根気強くがんばってみてくださいね。

 

 

⇒アドセンス審査に落ちた時の再審査方法と修正ポイント

 

 

アドセンスの再審査については、上記リンク先の記事を参考にしてみてくださいね。