今回は、WordPressでグローバルメニューを設定する方法について解説していきます。

 

グローバルメニューとは、どのページを開いたとしても表示されるサイトメニュー欄のことです。

当サイトのグローバルメニュー

『ホーム・お問い合わせ・ごあいさつ』と表示されている部分で、別名・グローバルナビ(グローバルナビゲーション)とも呼ばれることもあります。

 

使用しているWordPress(ワードプレス)テンプレートによっては、予めデザインされているものとそうでないものがありますが、グローバルメニューを設定することでサイトに訪れた人が使いやすいメニューをカスタマイズすることができますよ。

グローバルメニューについて

グローバルメニュー

グローバルメニューを設定する前に、なぜグローバルメニューが必要なのかを簡単に説明しましょう。

 

グローバルメニューは、基本的にどのページを開いた時にも表示される主要メニューとなります。

つまり、ユーザーがどのコンテンツ(記事)に訪れたとしても、グローバルメニューに載せた特定のページに誘導することができることを意味しています。

 

誘導したい特定のページというのは、そのサイトで1番読んでもらいたいコンテンツページのことです。

 

  • 1番集客につながるコンテンツ
  • 1番販売につながるコンテンツ
  • 1番面白いコンテンツ
  • 1番ユーザーに役に立つコンテンツ
  • 1番読んでもらいたいコンテンツ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 自己紹介
  • 理念・思想
  • メルマガ登録フォーム
  • トップページ
  • 主要コンテンツまとめ

 

「1番~」というのは、いわゆる”キラーコンテンツ”と言われるものですね。

単純にサイト内を巡回してもらいたいのであれば、『サイトマップ』や『トップページ』辺りがグローバルメニューの基本となるでしょう。

つまり、グローバルメニューをうまくカスタマイズすることで、訪問者のサイト滞在時間が上がったり、お気に入りに登録されたりしやすくなるのです。

グローバルメニューの設定方法

それではこれから、グローバルメニューの設定方法について解説していきたいのですが、グローバルメニューというのは、基本的に固定ページを作ることで自動的にグローバルメニューに反映されるようになっています。

なので、グローバルメニューを作る時は、『固定ページ』を作ればそれだけでOKとなるケースが多いのです。

 

ただ、固定ページを作ったとしても、それをグローバルメニューに反映させたくないページとか、表示させたい順番を変更したい場合もあると思うので、今回はそういった設定方法について詳しく見ていきたいと思います。

 

①今回は当サイトの固定ページを使って、グローバルメニューを作成していきたいと思います。

固定ページのサンプル

 

 

②WordPress管理画面の左のメニューからから、『外観』⇒『メニュー』を選択します。

ダッシュボードから『外観⇒メニュー』

 

 

③『メニューを編集』画面が開くので、メニュー名(好きな名前でOK!)を入力します。

メニューを編集画面

 

 

⑤メニュー名を入力したら、『メニューを作成』をクリックします。

メニューを作成をクリック

今回は「メニュー01」と名前をつけました。

 

 

⑥左の部分が編集できるようになりました。

編集できるようになった左半分

緑枠の部分から、グローバルメニューに反映させたいページを選択します。

 

 

⑦今回は固定ページとホームホタンを設定し、『メニューに追加』をクリックします。

固定ページとホームボタンを選択

こちらは基本的な設定ですが、グローバルメニューに載せたいページを自由に設定・変更することができますよ。

 

 

⑧右半分のページに先ほど選択したページが追加されるので、『グローバルメニュー』にチェックを入れて『メニューを保存』をクリックします。

グローバルメニューを設定して決定する

 

 

ちなみに、追加したページはドラッグして順番を変更することができます。

グローバルメニューの順番を変更

 

 

以上で、グローバルメニューの設定方法は完了となります。

 

 

参考までに、トレンドアフィリエイト用のサイトなら、『サイトマップ』『キラーコンテンツ』をグローバルメニューに入れると、ユーザーのサイト内滞在時間が増えるのでおすすめです。

情報発信ビジネス用のサイトなら、『メルマガ登録フォーム』『セールスページ』をグローバルメニューに入れるのがスタンダードとなっています。

 

ちなみにグローバルメニューの数は多すぎると良くないので、多くても7つくらいまでに抑えておくと効果的に誘導が行えるようになるでしょう。

 

 

サイトマップの作り方
PS Auto Sitemapで目次を作成

お問い合わせフォームの作り方
Contact Form 7でお問い合わせフォームを作成

 

 

ぜひ、参考にしていただければと思います。