今回は、ネットビジネスで苦手な作業を好きに変える話をします。

 

まず人間の本能として、わざわざ嫌なこと・苦手なことをする生き物ではありません。

嫌いなことをする代償として何かを得られるから、人は嫌いなことを受け入れてそれを実行するのです。

 

たとえば、勉強は嫌いだけど行きたい大学があるから勉強するとか、本当はお腹いっぱい食べたいけどダイエットしたいからご飯の量を減らすとか、病気を治したいから苦い薬を飲むとか…。何かしら得られるものがあるから、嫌いなものや苦手なことを受け入れるのです。

 

もちろん、中には長期間に及ぶこともあるでしょう。

だったら嫌いなことを好きにすることで、ストレスを溜めずに習慣化してみようというのが、今回の趣旨となります。

特にネットビジネスでは苦手だけど避けて通れない作業もあります。

というわけで、これから嫌いなことを好きに変える超法則について話をしていきたいと思います。

嫌いなことを好きにすることは可能?

人生の成功者

好きなことだけして生きる人生は最高です。

自由な人生を謳歌している成功者の中には、「嫌いなことは一切しない」と言い切る人も少なくありません。

彼らは言います。

「人生は短いから嫌いなことをしている暇はない」と。

 

しかしながら、「じゃあ自分も嫌いなことはせずに好きなことだけして生きていこう」と言って、それがすぐに実践できるかというとちょっと疑問が残りますよね。

たとえば今の会社の上司が嫌いだから、明日から無視して自分のしたい仕事に専念すると言っても、それが許されないと思うのが自然だからです。

 

ただ、何か夢や目標を持ち、理想とすることに近づけるためには、嫌いなことは避けて通れません。

ネットビジネスでお金を稼ごうと思うなら、インプット(勉強)やアウトプット(作業)は避けられませんし、「それが嫌だからやりません」では話になりません。

 

とはいえ、嫌いなことを無理やりにやったところでうまくいかないのが関の山。

ではどうすればいいか?

嫌いなことを好きなことにすればいいのです。

 

そうです。

嫌いなことを好きなことに変えることは可能なのです。

嫌い・苦手を克服するには?

嫌いなことを好きなことにするイメージ

では一体、どのようにして嫌いを好きに変えていけばいいのでしょうか?

そんな嫌い・苦手を克服する前にまず、人間の好き嫌いについてみていきましょう。

 

人間の好き嫌いというものは非常に曖昧です。

私たちにも、あることがきっかけで、好きなものが嫌いになったり、嫌いなものが好きになったりしたことがあると思います。

このことから、嫌いなことがずーっと嫌いなままではなく、好きなことがずーっと好きなままではないと言い換えることができるでしょう。

 

まず好き嫌いには絶対的な法則があります。

それは『好き嫌いは情報量の多さで決まる』ということ。

 

 

情報量が多い=好き

情報量が少ない=嫌い

 

つまり、嫌いなことを克服するには、『情報量を増やすことで嫌いなことを好きなことに変えればいい』ということになります。

 

たとえば私の場合、トレンドアフィリエイトを実践する前はほとんどテレビを見なかったので、少し苦手意識を持っていました。

当時の私は、履歴書を書かずに生活したかったので、ネットビジネスの基礎を学ぶために初心者が稼ぎやすいトレンドアフィリエイトは避けて通れない道でした。

 

最初は苦手意識を持っていたのですが、一生懸命やってるうちに面白いことがおきました。ユーザーからコメントをもらえたり、SNSで色んな人に記事が拡散されるようになり、気がついたらトレンドアフィリエイトが得意で好きなことになっていたのです。

 

どのようなことでも、一生懸命取り組んでいると情報量が増えていきます。

それが人に教えられるくらいの情報量までになれば、人があなたに一目置くようになるでしょう。

大切なことは、人は『好きなこと』を自分の行動で作れるということです。

 

昔から『食わず嫌い』という言葉がありますが、これは情報量が少ないことで嫌いだと思いこんでる状態のことを意味しています。

たとえば芸能人が不祥事を起こした時、めちゃくちゃ批判された挙句嫌われてしまうということがあります。だけど結局、批判したり嫌いだと言ったりする人というのは、その芸能人のことを大して知らないというケースがほとんどなのです。

 

つまり、嫌いになる要素として、かならず情報量が少なさが関係しています。

そして、嫌いなことを克服しようと思うのならば、対象となることの情報量を増やすのが一番手っ取り早い解決策なのです。

ネットビジネスで苦手な作業を好きに変える

ネットビジネスで苦手な作業を好きに変える

ネットビジネスで苦手な作業を好きに変える時も、情報量を増やしていくのが一番です。

ではなぜ、嫌いなこと・苦手なことを好きに変える必要があるのかというと、好きなことは何時間やってても疲れないからです。

 

たとえば仕事嫌いで早く終業時間にならないかと考える人でも、大好きなマージャンなら徹夜でもやれるという人は結構います。2-3時間残業しただけでブーブー文句を言うくせに、マージャンだったら24時間以上ぶっ通しでも大丈夫だったりするのです(笑)

 

これが逆だったら、その人はかなり出世します。

個人でビジネスをしていたら大金持ちになるでしょう。

つまりネットビジネスの場合、嫌いなことは好きなことに変えるのが一番手っ取り早く、効率が良いのです。

 

それにネットビジネスで独立してある程度のお金を稼いだら、嫌なことをする時間もだんだんと減ってきます。嫌な人とは付き合わなくていいし、苦手なことは全部外注化すれば良いだけだからです。

それがネットビジネスの利点でもあるのですが、大企業なんかはすでに当たり前にやっていることですよね。

 

ただやはり最初のうちは、ネットビジネスで苦手な作業もやらなくてはいけないこともあるので、その時は情報量を増やしていくことで前向きに考えていきましょう

それに、ネットビジネスで情報量を増やすのは、ただ苦手なことを克服するためではありません。

初心者の段階ではあまり必要ありませんが、ネットビジネスで情報発信をするにつれて『アイデア』や『ひらめき』が必要になってくるので、情報量を増やすクセをつけておくとと、その時にそれが非常に大きなアドバンテージとなるでしょう。

 

「アイデアが浮かびません」という悩みは、圧倒的に情報量が足りないことが問題です。

アイデアは頭に詰め込んだ情報量に比例して生まれてくるので、アイデアが生まれないということは、そもそもそのジャンルに対しての知識や情報が足りてないのです。

ネットビジネスでの情報量を増やすことは、今後に発揮される発想力の助けにもなるということですね。

情報量を増やすために自己投資は必須

情報量を増やすための自己投資

情報量を増やすためにはどうすればいいか?

それは『本を読む』ということです。

ネットビジネスの場合であれば、ノウハウやメンターの教えを徹底的に学ぶということになるでしょう。

 

時代とともに本を読む人と読まない人は2極化しています。もちろん、本を読まない人の方が圧倒的に少ないのです。

もしもお金を毎月1万円ずつ貯めているなら、そのうち5千円分は本を買って読みましょう。みんなが本を読んでいたら目立ちませんが、自分だけが沢山本を読めば他の人と『差』がつきます。

そして、今が正にその時です。

 

ここで重要なことがひとつあります。

それは『本を読むのが苦痛ならやめておく』ということです。

本を読むことは非常に良いことですが、世の中には人と会って情報収集する方が性に合う人もいるので、自分の向いているやり方で情報量を増やしていくようにしましょう。

ただ人に会うといっても、本質は情報量を増やすところにあるので、いつも同じような人と同じ話をしているのは違うので注意してくださいね。

 

ネットビジネスはこれからさらに世界中に広がっていきます。

これまでの世界も知識のある人たちが文明を築いてきました。

文化は私たちが作っているものですが、文明は勉強ができてクリエイティブな人たちの功績が積み重なって作られたものです。

 

 知識のある人=勉強ができる人

 

そもそも嫌いなことは長続きしません

勉強する人というのは、それに比例して知識量を増やしていく人のことです。

つまり、ある程度まで知識(情報)が増えていけば勉強自体が好きになり、高いモチベーションを保ったまま社会に出て活躍するようになるのです。

 

勉強が好き人が社会に出ると、間違いなく周りの人から大切にされます。そうすると人生が楽しくなり、ますます仕事と勉強を一生懸命やるのです。

そして、そうやって人生を楽しんだ人たちが文明を作ってきたのです。

 

「好きなことを仕事にしろ」と言う人も多いのですが、一生懸命仕事の勉強をして情報量が増えていった結果、その仕事が好きになったという人は大勢います。そういう人は人生に生きがいを感じながら、一生懸命勉強したことをライフワークとして生きていくことができるのです。

 

情報量を増やすイメージ

 

勉強は自分のためにするものですが、長い目で見れば勉強は人のためにつながっていきます。

今のネットビジネスの参入障壁の低さを考えると、少々苦手なことをあっても、大抵のことは個人の努力でなんとかなるでしょう

そうやって嫌いなことを好きなことに変えていけば、実力がつき実績もついてきます。そして独立した後は、好きなことだけして生きていくことが可能となるのです。

 

ネットビジネスの市場は急速に拡大していますが、まだまだその恩恵を受けていない人は多いですし、知識がないがゆえに参入に二の足を踏んでいる企業や会社が山ほどあります。

今が絶好のチャンスだということですね。

がんばっていきましょう。