ブログのコメント欄を監視するイメージ

ブログのコメント欄は危険?

トレンドアフィリエイトを実践してPV数が上がってくると、それに比例してブログ記事へのコメントも増えてきます。

しかし、中にはスパムや悪質なコメントも書き込まれるので、コメント欄自体が危険なので排除した方がいいと言う人もいます。

ただ、コメント欄にユーザーからの書き込みがあった場合、SEOに効果があると言われているので、コメント欄そのものを排除するのは少し勿体無いかもしれません。

 

自サイトのコメント欄(トレンドサイトのコメント数)

 

僕の運営するトレンドサイトは半年間で約650万PVありますが、現在、288件のコメントを承認して掲載しています。正確にはそれ以上のコメントがあったのですが、ブログ記事の大半を削除したときに一緒に消えたので、その分のコメントはカウントされていません。

ちなみにコメントをくれた方で顔見知りは一人もいないので、純粋に記事に対してリアクションのあった数ということになります。

 

実際に、コメント欄に集まるコメントの中には、スパムやウイルスページへの誘導もあるので危険なこともあります。その多くはワードプレスプラグイン『Akismet』により、かなり多くのスパムコメントを排除してくれているので、こちら側で何か作業することはほとんどありません。

ただ、トレンドアフィリを実践していて体感的に感じるのは、それらスパムやウイルスページの誘導の危険性よりも悪質なコメントによる心理的影響の方が大きいということです。

 

おそらく、多くのトレンドアフィリ実践者は、コメント欄を設置する時に、コメント承認制にしていると思うのですが、それでも悪質なコメントというのは投稿されてしまうものです。

幸い、それらのコメントがそのまま反映されることはありませんが、心理的には多少、落ち込むところはあると思います。

そのようなところでモチベーションを下げても仕方ないので、そういう意味でコメント欄を危険視する人もいます。ただ、それはやはり勿体無い話だと思うのです。

【関連記事】
Akismetを使ってスパム対策

SEO的には設置した方がいい?

コメント欄を設置する人

外部ユーザーからコメントがあるとSEOに良い影響があるかどうか、非常に気になるところなのですが、この件に関しては、2014年12月30日にアップされたGoogle Webmastersの公式動画で、Googleのジョン・ミューラー氏がコメント欄についての見解を話していました。

話の中身は少し専門的な話なので割愛しますが、要するに『外部ユーザーからのコメントはコンテンツの一部として見なされる』というのが、現時点でのアンサーとなります。

であるならば、積極的にコメント欄を活用した方がお得です。

但し、質の低いコメント(謎の外国語コメント含む)や、外部リンクのついたコメントなど記事に対して関係のないものは、『Akismet』を設定して、しっかりブロックしておく必要があります。そして、コメントは必ず承認制にして、目視で確認した後、掲載 or 削除するようにしましょう。

 

外部ユーザーからのコメントはSEO的に効果があるのですが、一向にコメントが集まらないとしても心配には及びません。実際、コメントについては、他力故に限界があるからです。

どのようなコンテンツを作っているのかにもよるのですが、コンテンツ自体の質を上げていけばコメントは自然と集まるので、あまり気にせず、本来の作業に集中した方が総合的なSEO強化という意味では建設的な考え方と言えるでしょう。

 

仮に、トレンドアフィリエイトを実践しているのであれば、体感的には、アクセスが爆発的に増えていくにつれコメントが自然に集まってくるかと思います。

一方で、情報発信サイトや物販アフィリサイトの場合、トレンドアフィリに比べてユーザーの質が濃くなってくるので、数少ないPV数でもコメントされる機会は多くなる傾向にあります。

ただ、どちらに関しても、あくまで副産物的要素が強いので、コメントを意識するよりも、良いコンテンツ作りを意識する方が健全に作業に取り組めるしSEOも強化されやすい、ということですね。

ブログへの悪質コメントや誹謗中傷に効果的な対策とは?

危険なブログコメントを激減させたイメージ

サイトやブログにコメント欄を設置すれば、当然、悪質なコメントを寄せてくる人も出てくるものです。

要するに、誹謗中傷コメントが集まってくるということですが、承認制にしていたとしても、一応、内容に目を通すので、うっかり気分を落としてしまうこともあるかもしれません。

僕の記事コメント欄にも時々来るのですが、匿名掲示板を利用しているのと勘違いしているのか、非常に辛辣な内容で批判的な投稿をしてくる人もいます。

 

基本的にこの手のコメントは承認せず、そのままゴミ箱にポイしているのですが、一旦は目を通すので(一瞬ですが)気が重くなることは確かです。

実質的には8割以上が肯定的なコメントであったり、共感したという嬉しい内容だったりするのですが、特にアクセスの多い記事の場合、どうしてもそのような悪質なコメントが紛れ込んできます。

 

トレンドアフィリでアクセス数が爆発したのは嬉しいのですが、そのような心ないコメントにはやはり心を痛めます。

何とかならないものかと思っていたら、ふと閃いたのです。

サイドバーにある一文を入れた途端、悪質なコメントが激減したのです。

その一文とは何かというと以下の通り。

 

『コメント欄は承認制になっています』

 

非常に単純なことですが、対策としては非常に効果的です。

もともと、共感や質の良いコメントは承認制だとしても、いままでとほぼ変わらないペースでコメントが書き込まれますが、悪質なコメントだけはこの一文で激減したのです。

ポイントは、運営者のプロフィールのところに、目立つように一文を載せるということです。

通常の掲示板と勘違いして書き込む人も少なからずいるのですが、悪質なコメントをする人は、まず投稿する前にその記事を書いた人物がどんな人が見る傾向があります。

なので、相手に『コメントは承認制』だということが伝わるだけでOKです。

これはとても効果がある方法なので、コメント欄を設置するときや、悪質なコメントなどでお困りの際は、ぜひ、試してみてくださいね。