理想の自分を書き出すイメージ

 

理想の自分を書き出すことなくして、成功するのは難しいものです。

 

どのようなジャンルであっても、人が『成功したい!』と考えた時にまず最初にやらなければならないことがあります。

 

それは、

理想の自分想像して
それを紙に書き出すこと

です。

 

つまり、「将来こうなってたらいいな」という自分を頭の中でイメージして、ワクワクすることや楽しい気分になることを、思うがまま紙やノートに書き連ねていくということですね。

 

実はこれ、非常に大事なワークなんですよ。

なので今回は、理想の自分を想像して紙に書き出すことが、如何にあなたの人生に大きな影響を与えるのかについて話をしていきたいと思います。

 

フォロラーフォロラー

理想の自分を書く出すワークってなんか楽しそうです♪

マーチマーチ

ちょっとだけコツがあるから、それについてこれから話していくよ

 

成功するために絶対必要な考え方

成功者の考え方

 

理想の自分を紙に書き出す前に、成功する前にまず知っておいてほしいことがあります。これを理解するだけで、あなたの人生が劇的に良くなっていくという考え方です。

 

それは、

運命えられる

ということ。

 

もちろん、賛否両論あると思います。

 

「でも運命には逆らえないんじゃない?」

 

「生まれる場所で恵まれる・恵まれないとかあるし…」

 

「運が良いとかと悪いはあると思う…」

 

運の捉え方については、人それぞれあって当然です。

僕自身、「運命は変えられる」と自信を持って言えない時もありましたが、重要なのは成功者のほとんどがそのことを本当に信じてるということです。

 

もちろん、信じられない人はそのままで良いし、無理に信じなきゃいけないという話ではありません。

ただ、世の成功者や人生がうまくいってる人というのは、基本的に未来は自分で作ることができると考えているし、本気でそのことを信じているということですね。

 

運命は変えられると信じられれば、
どんなことが起きるのでしょうか?

 

たとえば、彼らは不運に見舞われた時でも、ずーっと「この状況をどうやって打開するか?」という質問を自分自身に投げかけます。

彼らは決して不運を言い訳にして諦めないので、いかなる状況でも乗り越えられる確率が高くなり、結果的にそれが大きな成功につながっていきます。

 

もしこれが『運命には逆らえない』という考え方だったとしたら、未来の主導権はあなたではなく永遠に運命が握り続けることになってしまいます。

 

でも…
そんなの
ですよね?

 

だからちょっと考え方を変えてみる。

『運命』という言葉って、要するに「運ぶ命」のこと。

つまり、運命というのは、日々どのように過ごすかで自分の命が運ばれる先(未来)が決まることなのです。

日常の中で何を考え、どんな行動をしているかで運命は変えられるということですね。

 

なので、まずは日常の行動(=習慣)を整えていくと運命が変わるし、未来も良くなっていくということを知っておいてください。

 

理想の自分を書き出すことから始めよう

人生の目的地を設定する

 

運命を変えるために、次にすべきことは『理想の自分を紙に書き出す』ということです。

 

ちなみに『運命を変える』というのは、『成功する』と置き換えてもらっても構いません。

成功するということは、理想とする自分や理想とする人生を実現することなので、まずはしっかりと自分が目指す目的地を設定するために、『理想の自分(人生)』を紙に書き出す必要があります。

 

成功者が夢や目標を紙に書いているのは、自分が目指す目的地まで迷うことなく、まっすぐそこへと進んでいくためです。

 

成功への道は冒険です。

目的地に辿り着くまでに、
思いがけないことも起こるでしょう。

 

体調を崩してしまったり、

暗雲で向かう先を見失ったり、

地図に載っていない障壁があったり、

道を通るためにお金が必要だったり、

道を見失ってしまったり…

 

きっと色々なことがあると思います。

だけど、目的地(理想の自分)さえしっかりと設定しておけば、なんだかんだでそこに辿り着けるものです。

 

もちろん、成功するための具体的な方法も大事ですが、まず最初に自分がどこに行きたいのか、どんな風になりたいのかというのを明確にしましょう。

そうすると、どんな情報が必要で必要でないか、自分の中に取り入れやすくなってくるので、必然的に成功への距離も近くなってくるということですね。

 

フォロラーフォロラー

成功する人って、たしかに自分の目標がはっきりしてることが多いわね…

マーチマーチ

自分の行きべき道がわかると、そ活き活きしてくるんだ

理想の自分は2ステップで紙に書き出す

理想の自分を紙に書き出す

 

理想の自分を紙に書き出す時は、2ステップで作業を行います。

 

やりたくないことを先に書く

理想の自分を書き出す

 

紙とペンを用意したら、理想の自分を書き出す前に、まず自分のやりたくないことから先に書いていきます。

これは経営コンサルタントの神田昌典さんが『非常識な成功法則』という本で書いていたことですが、まず自分の『やりたくないこと』を明確にしなければ、本当に自分のやりたいことがわからないからです。

というのも、自分がやりたいことの中に、自分のやりたくないことも含まれているからです。

 

実際、成功するためにはやりたくないことも出てきます。

だけどやりたくないことを100%通すのであれば、自分が本当にやりたいことを200%のパワーでやる情熱やモチベーションを出さなければなりません。

これは、そのためのワークとなります。

 

嫌な人間と付き合いたくないのなら、好きな人間との関係性にさらなる情熱を持って取り組むと、そのエネルギーが好循環していきます。だからこそ、まずはやりたくないことを書き出して、『理想の自分』をはっきりとさせることが大切なのです。

 

このワークのポイントは只1つ、

なんでもOK

ということ。

 

頭の中に思い浮かぶ理想の自分、理想の人生、理想の環境など、「ああなったら良いな」「こうだったら幸せだろうな」と思ったことを、全部紙に書き出していくだけです。

 

そして、その時に
ぜひ守ってもらいたいルールが、

 

今それが実現できるかどうかは関係ない

ということです。

 

今の自分の実力や環境で夢が叶う・叶わないは考えずに、自分の欲求・欲望に正直になって、頭に浮かんだことをどんどん紙に書いていきましょう!

 

  • 年収はいくらくらい?
  • どんな仕事をしていたい?
  • どんな場所に住みたい?
  • どんな人と付き合いたい?
  • 結婚したい・したくない?
  • 没頭したい趣味は何?
  • お金があったら何をしたい?
  • 時間があったら何をしたい?
  • 健康だったら何をしたい?
  • 何を目的に生きていきたい?

 

などなど。

どんなことでもいいので、とにかく一回全部それを紙に書いて欲しいのです。

 

ここで読むのを
一旦めて!

 

 

 

理想の自分を書き出すためのノート

 

 

 

…書けました?

実際、紙に自分の願望や欲望を書いてみると、自分の中で人生の目的が明確になってくるものです。

それで、なぜ人生の目的を明確にしないといけないかというと、自分が進むべき方向が定まっていないと、どんなに良いコンテンツを読んだとしても、それをどう活かしていいかがわからないからなんですよ。

 

要するに、
どんな良い情報を手にしたとしても

「いい話が聞けて良かったな」

で終わっちゃうんです。

 

 

良くなーい!

どんなに良い情報を受け取っても、「いい話」で止まってちゃダメなんです。

これは恋愛も一緒。

いい人止まりじゃ先に進めないんです!

 

どんなに良いコンテンツを読んでも、どんなに高評価が多い動画を視聴しても、人生の目的地が設定されてないと、それを自分の人生に応用しようという意識が芽生えることはありません。

だからまず、理想の自分・理想の人生を紙に書き出していく作業が必要だということですね!

 

 

おっと!

…まだ書いてない人がいますね?

このコンテンツを読み終わったらちゃんと書いてくださいね(笑)

 

マーチマーチ

後でうまくいった人に話を聞くと、みんな必ずこのワークをやったって言うよ

フォロラーフォロラー

“自分のために”ですね!

理想の自分を知れば運命は変わる

理想の自分を知れば運命は変わる

 

理想の自分を紙に書き出すことで、最初はワクワクした気持ちになるでしょう。

しかし、やがて現実とのギャップを冷静に見つめる時がくると思います。

 

でも、それでいいんです。

ついでに言うと、それが原因で落ち込んだ気分になったとしても、全然構いません。

それでも、幸運をただ待ち続ける人生より、あなたが大きな前進をしていることには代わりはないのですから。

 

こんな言葉があります。

思考が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。
運命が変われば人生が変わる。

 

最初に運命は変えられるという話をしました。

人によっては運命そのものを、いきなり素晴らしい人と出会って成功の階段を上ることだと考えている人もいるのですが、実際にそういった出会いが起きる人というのは、その前の『思考』『行動』『習慣』『人格』が整っているケースがほとんどです。

 

逆に言うと、今までの人生を振り返った時に、そういった劇的な出会いが起きてないとしたら、まずは思考や行動を変えなければなりません。

そして、そのための意識づけとして、最終地点である『人生(理想の自分)を紙に書き出して、自分の目的地を明確にすることが重要だということですね。

 

しかし面白いもので、ここまで読んでも「まぁ、時間がある時にでもやろう…」といって、やらない人がほとんどです。

まぁ、残念な話ではありますが、書かない人がいても、それはそれで普通のことなのです。

 

ただ、成功する人は確実にやっていることですし、人生の長い時間の中のたった30分間、理想の自分・理想の人生を紙に書き出す時間を作ることは、あなたの人生を大きく変える可能性を秘めていることだけは確かです。

それに、成功する人は普通じゃないですからね!笑

 

さぁ、あなたはどっち?