エックスサーバー、WordPress、インストール、方法

サーバーを契約しドメインの設定が完了したら、次はWordPressをインストールしていきましょう。

 

WordPress(ワードプレス)というのは、ブログを作るための無料ソフトのことす。

日本のみならず世界中で利用され、独自ドメインでブログを持つためには今やスタンダードな存在となっています。

 

WordPressはグーグル・アドセンスを取得するためにも必要なので、これからそのインストール方法について手順を追って解説していきましょう。

 

マーチマーチ

WordPressのメリットについては、下のリンク記事で紹介してるよ

 

⇒WordPressとは何か?ネットビジネス初心者にわかりやすく解説

 

WordPressをインストールする

※動画2018年2月に録ったものです。
最新情報はこちらからご確認くださいね。

 

ではこれから、エックスサーバーでWordPressをインストールする手順についてみていきましょう。

 

①まずはエックスサーバーのサーバパネルに『ログイン』をします。

『トップページ→インフォパネルにログイン→サーバーパネルにログイン』という流れで、ServerPanelの画面を表示してください。

ワードプレス1-1

 

 

 

②サーバーパネル左下の設定対象ドメインから、WordPressをインストールしたいドメインを選択し、『設定する』をクリックします。

ワードプレス1-2

 

 

 

③サーバーパネル右上に、これからWordPressをインストールするドメインが、現在の設定対象ドメインという形で表示され、無事に変更されたことが確認できると思います。

ワードプレス1-5

 

 

 

④確認後、HOMEPAGEという欄の『自動インストール』をクリックすると、次のページが開きます。

ワードプレス1-6

 

 

 

⑤自動インストールの画面が開いたら、『プログラムのインストール』タブをクリックして、WordPress日本語版の『インストール設定』をクリックします。

ワードプレス1-7

 

 

 

⑥設定画面が出てきます。各項目を入力していきましょう。

ワードプレス1-8

 

  • インストールURL
    変更せずにそのままでOK。
  • ブログ名
    これから運営するブログの名前を記入。後で変更可能。
  • ユーザ名
    WordPressの管理画面にログインする際のユーザ名を記入。
  • パスワード
    WordPressの管理画面にログインする際のパスワードを記入。
  • メールアドレス
    自分のメールアドレスを記入。
  • データベース
    『自動でデータベースを作成する』を選択。

 

最後に『インストール(確認)』をクリックします。

 

 

 

⑦次に確認画面が出てくるので、確認後『インストール(確定)』をクリックします。

ワードプレス1-9

 

 

 

⑧これでWordPressのインストールは完了です。次にURLをクリックして管理画面を確認してみましょう。

※反映されるまでに少し時間がかかる場合があります。

ワードプレス2-1

 

 

 

⑨先ほど決めたユーザ名とパスワードを入力し、ログインをクリックします。

ワードプレス2-2

 

 

 

⑩これでWordPressの管理画面に入ることができるようになったことを確認したら、WordPressのインストールは以上で完了です。

ワードプレス2-3

 

これでWordPressのインストールは完了です。

やってみると、意外と簡単だったのではないでしょうか?

 

フォロラーフォロラー

あっという間に終わっちゃいました♪

マーチマーチ

WordPressサイトを作るまで、実は大して時間がかからないんだよね

ただし、WordPressサイトがドメインに反映されるまで半日ほど時間がかかることもあるので、その間は本でも読みながらゆっくり待っておきましょう。

 

この後は、WordPressのデザインへと駒を進め、記事を書くための基本設定をしていきます。

 

【次の記事】
⇒WordPressテンプレートをインストールしよう