アルバイトのイメージ

 

今回は、『ネットビジネスVSアルバイト』というテーマで話をします。

 

昔は副業といえばアルバイトがその代名詞でした。

自分の過去を振り返ってみても、工場、居酒屋の厨房、コンビニ、ライブハウス、レンタルビデオ店、ホームヘルパーなど、色々なアルバイトを経験してきました。

特に20代前半だった頃は、サラリーマンになって自分の人生が決まってしまうのが怖くて、ずっとフリーターという状態に甘んじる始末。当時は、何かやりたいことがあったわけではなく、とにかく何もやりたいことがないからアルバイトを続けていただけなんですよね。

 

しかし、最近はアルバイトの他に、インターネットを使ったビジネス(ネットビジネス)という身近な副業も選択肢として出てきました。

僕自身、若い頃にこんなお手軽なビジネスがあったなら、きっと絶対にやっていたと思うところがあるので、これからネットビジネスとアルバイトのメリット・デメリットなどを比較して紹介したいと思います。

 

フォロラーフォロラー

今までアルバイトしか考えたことなかったわ…

マーチマーチ

今は副業の選択肢が多いから、自分に合ったものを選ぶことが大切!

 

アルバイトのメリット・デメリット

 

僕はフリーターとしての生活が長かったのですが、まずは当時のことを振り返って、アルバイトのメリット・デメリットについて紹介してみたいと思います。

 

◆アルバイトのメリットを解説

  • 即金性が高い
  • 出会いがある
  • お金をもらって仕事を教えてもらえる

 

アルバイトの良いところは、『お金をもらって仕事を教えてもらえる』というところですね。

おそらくほとんどの人は「そんなもん当たり前やんけ!」と思うかもしれませんが、仕事を教えてもらう立場でありながら、給料がちゃんと保証されているのは大変ありがたいシステムです。

とりあえず時給で働いた分がお金に変わるので、急なお金が必要な人にとっては何かと助かりますからね。

 

もちろん、当時から僕がこんな意識の高いことを考えていたわけではありません(笑)

ただ、この即金性の高さが多くの人の生活を支えていることを考えれば、アルバイト以上に確かな副業はないでしょう。

それに、「スキルや能力がなければ報酬に値しない」なんて言われたら、気軽にお金を稼ぐ手段がなくなってしまいますからね。

 

すぐに使えるお金が欲しい人にとっては、アルバイトは非常にありがたい副業と言えるでしょう。

 

◆アルバイトのデメリットを解説

  • 収入に物理的上限がある
  • 煩わしい人間関係に巻き込まれる
  • どこまでいっても他人のビジネス

 

もちろん、アルバイトにもデメリットがあります。

まず、体が資本なので、収入に物理的な上限があるところ。

「今月はアルバイトで50万円稼ぎたい!」と言っても、時給や営業時間、体力、労働基準法などの問題があるので、かなり無理のある話となるでしょう。

 

その他、煩わしい人間関係に巻き込まれる可能性など、仕事と関係ないところで面倒が起きることもあります。ただこの部分に関しては、組織で働く限り切り離せない問題とも言えますね。

 

極めつけは、『どこまでいっても他人のビジネス』というところでしょう。

これが最大のデメリットです。

つまり、どこまでいっても時間と労力の切り売りになるので、ダラダラとフリーターを続けていると、自分の人生を消耗させて出口がわからなくなるので注意が必要です。

 

ネットビジネスのメリット・デメリット

ネットビジネスのイメージ

 

20代前半はずっとフリーターをしていた僕ですが、サラリーマン生活を経て、39歳の時に副業でもしないと生活が厳しいなと思ったときに、インターネットを使ってビジネスをする方法に出会いました。

 

39歳当時、またアルバイトでもするかと考えていたのですが、たまたま本屋で見つけたインターネットビジネスの本を見つけ、「これだ!」と体にビリビリッっと電流が走ったのです。

今はそれで飯を食えているので、その時の直感を信じてよかったと思っています(笑)

 

では、ネットビジネスのメリット・デメリットを紹介しましょう。

 

◆ネットビジネスのメリットを解説

  • 3つの自由が手に入る
  • 通勤時間がかからない
  • 嫌な人間と付き合わなくてもいい

 

ネットビジネスのメリットは、何と言っても3つの自由『経済的自由』『時間的自由』『精神的自由』が手に入ることでしょう。

もちろん副業の話をしているわけなので、「なぜ、いきなりそんな壮大な話に?」と思うのは当然です。

ただネットビジネスは、たとえ副業でもインターネット上で収益を発生させる資産を作ることができるので、最終的にはこの3つの自由に辿り着くようになっているのです。

 

初心者が取り組みやすい『アフィリエイト』などから始めたとしても、真面目に継続していけば、経済的にも時間的にも精神的にも解放されるようになるでしょう。

 

とはいえ、ネットビジネスを副業に選んで実践した時に、すぐに得られるメリットもあります。

それは、『通勤時間がかからない』ことや『嫌な人間と付き合わなくてもいい』ということですね。

基本的にパソコン1台あれば自宅でビジネスができるので、通勤時間さえ無駄に感じたり、人間関係にストレスを感じやすい人にとっては、かなり嬉しいメリットなのではないでしょうか?

 

◆ネットビジネスのデメリットを解説

  • 資産(仕組み)作りに時間がかかる
  • ノウハウを学ぶのにお金がかかる
  • モチベーションの維持が難しい

 

ネットビジネスのデメリットは、お金になるまでに時間がかかるというところ。

たとえばアフィリエイトの場合だと、大体3ヶ月~半年くらいは大してお金にならないと考えた方が無難です。

アルバイトが初心者の段階でも時給が保証されていることに比べると、即金が当たり前だと思う人にとってはかなり厳しい条件に思えるかもしれません。

 

さらに、アルバイトでは時給をもらいながら仕事を教えてもらえるのに対し、ネットビジネスはノウハウを教わるのにお金がかかります。

ただ、将来手にする報酬額がアルバイトの比ではないので、真面目に取り組めば回収できる料金設定になっていることがほとんどです。

 

ネットビジネスの作業は基本的に1人で行なうので、モチベーションの維持が難しいところもデメリットと言えるでしょう。

そのためにノウハウには、モチベーションを維持するためのマインドセットというノウハウがついているので、それを学べばモチベーションは維持できますし、しっかり取り組むことで一生モノの財産にもなるでしょう。

 

おすすめの副業はネットビジネス

ネット資産を築く人

 

ネットビジネスとアルバイトを比較してみると、どちらもメリット・デメリットがあるので、最終的にどちらを副業に選ぶかは個人の自由です。

 

ただ個人的におすすめするなら、やはり『ネットビジネス』に軍配が上がります。

 

但し、短期的にお金が必要な人はアルバイトを選択してください。

ネットビジネスは、長期的にお金を稼ぎ続ける仕組みを作るまでに、数ヶ月間は労力と入ってくるお金が見合わないからです。

 

アルバイトとネットビジネスの根本的な違いは、他人のビジネスで汗を流すか、自分のビジネスで汗を流すかだけの違いですが、これが返ってくる金額としてはバカになりません。

いままでそこに目が向かなかった僕は、ネットビジネスを実践することによってその価値観が崩壊したのです。

 

マーチマーチ

1年間のアルバイトの労働時間をネットビジネスに置き換えれば、きっとかなり収入に差が出てくるだろうね

フォロラーフォロラー

じゃあ2年目はもっとスゴいことになりますね♪

アルバイトはどこまでいっても労働力の提供(時間と労力の切り売り)なので、当然、限界があります。

しかし、ネットビジネスはお客さんに価値を提供することなので、可能性は無限です。

もちろん、それぞれにメリット・デメリットがあるのですが、長い目で人生を支えるために副業を始めるのであれば、「ネットビジネスがおすすめ!」ということですね。

 

最初は少し時間がかかりますが、先を見れば経済的・時間的豊かさにもつながっていくので、ぜひ、自分の資産をネット上に築くことをがんばってみてください。

良い意味で、大きく人生が変わるはずですよ。