神は細部に宿るのイメージイラスト

 

今回は、インターネットビジネスにおける「神は細部に宿る」の意味について話をします。

 

「神は細部に宿る」という言葉は、ある有名な建築家が使っていた言葉です。

このことわざの真意については諸説あるそうですが、英訳が「God is in the details」とあるように、一般的には『素晴らしい作品は細部までこだわり抜かれている』という意味で問題ないでしょう。

 

実際、ネット上では良い仕事をする人を『神』とか『有能』といって褒め称えられたりするので、「この人こんなディテール(細部)までこだわってるとか、神じゃね?」みたいな感じで考えるといいかもしれません。

 

ネットビジネスにおきかえると、「このコンテンツ、かなり細かいところまで作り込んでてヤベェ」という感じですが、僕たちはいい意味でこの“ヤベェ”をユーザーに感じてもらわなければならないということですね。

 

ではこれから、ネットビジネスにおける「神は細部に宿る」について、詳しくみていきたいと思います。

 

ネットビジネスは美学を持つ人が稼ぐ時代へ

 

一言でインターネットを使ってビジネスをしている人といっても、そこには様々なモデルや個性があるのですが、その中で特に違いを感じさせるのが『コンテンツにかける美学』ではないでしょうか?

 

コンテンツとは、普段、僕たちが作る記事や動画のことですが、そこには作り手の美学を感じるものもあれば、無個性に量産されたようなものまで、様々な個性やクオリティのものがあります。

実際、今の検索エンジンの特性上、必ずしも良いコンテンツが上位表示されるわけではないので、、「このクオリティはヤベェ!」と思うものから、「なんじゃこのゴミ記事は…」と言いたくなるものまで玉石混交となっているのです。

 

もちろん、検索エンジンが求めているのは、美学を持って活動している人のコンテンツなので、検索エンジンの進化とともに良いコンテンツが優遇されていくのは間違いありません。

つまり、コンテンツに念を込めて作り上げるスタンスを持つ人は、どんな時代がやってきてもネットビジネスで稼ぎ続けることができるということになります。

 

フォロラーフォロラー

読者もいい加減な情報に時間を費やしたくないですもんね!

マーチマーチ

たしかにね!それに念が込められたコンテンツは本当に色あせないよ

ブランディングとは美学である

ネットビジネスで稼ぐ人の美学

 

ここ最近の傾向として、ネットビジネスはブランディング戦略が重要だと言われています。

ブランディング戦略とは、その人が持つ個性を打ち出し、ユーザーに魅力を感じてもらうマーケティング手法のこと。

そして、このブランディング戦略で最も大事なのが、その人の持つ美学を追い求めていくことであり、ブランディングはその美学を追求した先にできるものだということです。

 

インターネットを使ったビジネスでうまくいかない人は、よく「稼ぐ人のコンテンツを真似しているんだけど、なぜか成果が上がらない」という悩みを抱えています。

しかし、いくらうまくいっている人の真似をしたところで、コンテンツに美学がなければユーザーはそれを敏感に感じ取ってしまうので、いくら上辺だけを真似てみても成果には繋がりません。

 

事実、ネットビジネスで稼いでいる人のコンテンツを見れば、各々がちゃんと美学を持っていることを感じられるのではないでしょうか?

ブランディング戦略が強力なのは、他人に真似されないからです。

 

美学や信念というのは、その人の持つ性格や教養によってにじみ出てくるものなので、それを元に作られたコンテンツは必然的にオリジナリティが高くなります。

そういったコンテンツを他人が真似しようとしても、所詮は安物の模造品・劣化コピーで終わるだけなので、僕たちはうまくいってる人の上辺だけを真似するのではなく、自分の美学を持ってコンテンツを作っていかなければならないのです。

 

コンテンツにはその人の性格が出る?

コンテンツに出る性格

 

インターネットビジネスでコンテンツを作る時は、その人の性格がモロに出ます。

たとえば、同じレベルの人たちが同じメンターから教わり、同じテーマでコンテンツを作った場合でも、それぞれ異なったコンテンツが出来上がることでしょう。

 

これは、人それぞれ性格が違うことが原因ですね。

さらにその時、同じテーマのコンテンツが“適当”“丁寧”か、クオリティの差としても分かれるのです。

 

興味深いのはこのクオリティの差が、その人が送っている普段の生活態度とかなり近い感じで出てくるということ。

特に、雑用に対する取り組み方が、コンテンツのクオリティと近くなる傾向にあります。

 

  • 雑用が適当=コンテンツも適当
  • 雑用が丁寧=コンテンツも丁寧

 

ネットビジネスを実践していると、同じキーワード選定で同じようなテーマで記事を書いているライバルたちが沢山いますが、ブランディングや美学以前に”適当”にコンテンツを作っている人がいかに多いかわかってきます。

たとえばトレンドブログの場合、その傾向は顕著です。

これはトレンドブログに初心者の実践者が多いため、その人が持つ性格がそのまま出てしまうのが大きな原因だからでしょう。

 

ちなみにトレンドアフィリエイトに初心者が多いのは、インターネット検索エンジンの構造上、コンテンツに美学がなくてもキーワード選定と文字数だけで稼げる仕組みとなっているからです。

そもそも、インターネット広告で稼ぐアフィリエイトというのは、低資本力の個人ユーザーによって支えられているので、トレンドアフィリエイトはその新規参入者たちの大きな窓口的役割にもなっているのかもしれませんね。

 

しかし、これが情報発信ビジネスになってくると、トレンドアフィリエイトのようにSEO対策だけやってれば何とかなるというわけにはいきません。

なぜなら、情報発信ビジネスは希薄になりやすいネット社会でユーザーから信頼される必要があるので、その信頼の要素となるコンテンツがいい加減では話にならないからです。

 

今までは、被リンクを沢山つけたりペラサイトを量産したりする裏技的なこともできたのですが、時代とともにそういった手法でお金を稼ぐことが通用しなくなってきています。

もちろん、無駄な作業を効率よくこなすことは大切ですが、これからは丁寧さを心がけたコンテンツがより評価されやすくなっていくので、適当な性格のままビジネスで成功するのは厳しくなるでしょう。

 

ある意味、インターネットビジネスの適正化が加速していくということですね。

 

マーチマーチ

ネットビジネスも真面目にがんばる人が正当に評価される時代になってきたから安心だね

フォロラーフォロラー

やっぱり正攻法が一番ですね!

神は細部に宿るの本当の意味

神は細部に宿る、仏像を彫る

 

言うまでもないことですが、誰でも適当なものよりは丁寧なものが良いことは間違いありません。

たとえば、音楽アーティストがCDを出す時は、一発録りのデモテープをそのままCDにするのではなく、それぞれのパートを別録りしたり歌を重ねたりしてミックスし、最後にプロのエンジニアがマスタリングしたものを世に出します。

ライブやコンサートなら、その時限りの緊迫感が満足度を高めてくれますが、作品として世に出す時はいつどんな状況で聴かれたとしても最高のものを提供できる状態にしておかなければならないからです。

 

それに、丁寧に作られた作品はずっと人の心に生き続けます。

つまり「神は細部に宿る」ということわざの意味は、ディテール(細部)にこだわった丁寧な作品は、信念が込められているので、まるで神が命を宿したかのごとく不朽の作品として生き続ける、ということです。

 

情報発信ビジネスではよく、コンテンツに念を込めるように言われます。

しかし、ただ念じたところで、記事や動画に念が込められるわけではありません。

自分の美学を持って、丁寧な作品作りに打ち込むことが大切なのです。

 

逆に、細かいところを気にするだけでは、全体的なバランスを欠いてしまうので、ちゃんと自分の美学や信念を持つということですね。

大事なことは、自分が譲れないことを1つか2つ持ち、それをトコトン追求していくということですね。

 

神は細部に宿る、音楽

 

ただ「細部に神は宿る」と言っても、いきなり完璧にこなそうとしてはいけません。

 

なので、まずは80%の出来を目指して全速力で作業していきましょう

そして、完成度80%のものを作り上げた後、残りの20%を埋めていくイメージで修正していくと、うまく理想に近づけていくことができるはずですよ。

 

ネットビジネスのコンテンツは、サーバーがある限りウェブ上に生き続けます。

つまり、永久不変の作品として残るからこそ、自分の美学を持ち、真摯な姿勢で作ったものでなければいけないのです。

もちろん、これは決して技術力が高いとか低いとかの問題ではありません。

 

売れている音楽アーティストの初期作品を聴いてみると、技術的には荒削りだったとしても、自分の美学を持って細部までこだわっていることが伝わってきます。

 

そういったコンテンツは何十年経っても生き残ります

神が細部に宿っているからです。

 

ネットビジネスでコンテンツを作る時は、僕たちも美学を持って打ち込むようにしましょう。

そうすれば、時代を超えて「この人はすごい!」と思ってもらえるようになりますよ。