マインドセット PR

個人起業で成功したいなら『オーナー思考』に切り替えろ!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

サラリーマンが個人起業する時は、
まずは頭のスイッチを切り替えましょう。

そこで大事な頭のスイッチが
『オーナー思考』というものです。

 

令和に入り、
新型ウイルスが蔓延したことで、
自宅のネットでできる
個人起業を考える人が増えました。

ただ・・、

いくらネットで稼げるといっても、
後先考えずに起業しては
その先には“失敗が待つのみ”です。

なぜなら、
雇われてお金を貰うことと
自分でお金を稼ぐことの間には、
考え方に『大きな差』があるからです。

 

ではこれから
個人起業で成功したい人に向けて、
頭をオーナー思考に切り替える
重要性について解説していきましょう!

 

ネットで起業するならオーナー思考に切り替えろ、マーチのイラスト

 

サラリーマンが嫌で起業する時の注意

 

ネットビジネスで起業する時、

「サラリーマンが合わないから」

という理由の人は意外と多いです。

別にそれは構わないんですが、
起業は起業で大変なこともあるんですね。

 

たとえば、
最初の数ヶ月間はお金にならないとか。

自分でやるべきことを見つけ、
責任を背負った上で
それを実行しなきゃいけないところとか。

実際、起業したから凄いわけでも
カッコイイわけでもなくて、
中身はいたって泥臭い作業の連続。

 

給料を貰って働くサラリーマンと
自分でお金を稼ぐ起業家との間には
やはり色んな違いがあるものです。

なのでサラリーマンが嫌だからといって
すぐ仕事を辞めて起業しない方がいいですし、
成功のイメージが整うまでは
慎重に戦略を練った方が絶対に安全です。

 

価値提供できなければビジネスは詰む

価値提供のイメージ

 

ビジネスとは
サービスとお金の等価交換です。

ネットビジネスの場合、
提供するサービスが情報という形なので、
原価がかからない分
リターンが大きいのが特徴です。

多くの人がそこに魅力を感じ、
ネットビジネスの世界に飛び込んできます。

 

そこで大事なのが『サービス』という部分。

「自分にどんな価値提供ができるか?」

ここをどう突き詰めていくかが
ビジネスにおける成功のカギと言えます。

 

ただ、このサービスという部分を
会社が生み出してくれているサラリーマンは、
自分にどんな価値提供ができるか
という意識が薄くなりがちなんですね。

 

なので結論を言うと

価値提供の仕組みが整うまでは
まだ起業する段階ではない

と考えた方がいいでしょう。

 

実際、ブログ収益化や物販ビジネスでは、
初心者でもサービスを提供できるような
ノウハウが確立されています。

それでも価値提供の仕組みが形となるまで、
最初はやはり時間がかかるものなんですね。

ただ、一所懸命努力を続けていると、
植物がやがて芽を出し葉を広げるように
最後は立派な実をつけるようになっていきます。

 

起業家を育てるイメージ

 

ネット起業で成功したいなら、
まずは価値提供の仕組みを全力で作ること。

そして、そのために必要なのが
全ての司令塔である『思考』の部分を
しっかり切り替えるということです。

もちろんネットビジネス系には
そういったノウハウがあります。

いわゆる『マインドセット』ですね。

このマインドセットを学んで、
長年染み付いたサラリーマン思考を
ビジネスで成功するための
オーナー思考に変えていくというのが、
今回の話の大筋となっています。

 

サラリーマンって実はラクだった?

サラリーマンのイメージ

 

将来的にはサラリーマンではなく
ネット起業で本業にしたいという人は、
大体以下の2つの理由に分かれます。

 

  1.  他にやりたいことがある
  2.  雇われることが性に合わない

 

どちらの理由でも
それが自分でよく考えた結論であるなら
まったく問題がないと言えるでしょう。

 

ただ、サラリーマンって
やっぱりラクなところも多いので、
起業の道半ばでツラいことがあった時に
元サヤに戻りたくなることも出てきます。

きっと、そうなります。

そして、あなたはあれだけ嫌だった
サラリーマン生活の悪い部分をすっかり忘れ、
良い思い出を現実逃避の材料にするのです。

 

現実逃避の材料

  • 会社のお金で仕事を覚えられる
  • 毎月安定した給料が得られる
  • 金銭的な責任を追わなくて良い
  • 適当でもお給料が貰える
  • やる気がなくても出勤すれば問題ない
  • 休みの日は仕事から解放される

 

上記の箇条書きは、

ネット起業して壁にぶつかった人たちが
再確認するサラリーマンのメリット

として思い浮かべるもの。

どうでしょうか?

このような誘惑を断ち切って
前に進める人だけが成功するのが
ネットビジネスの世界だと言えるでしょう。

 

実際、ネットビジネスで成功すれば、
これらのメリットが比較にならないくらい
十分なリターンに報われた気持ちになります。

しかし、そのためには
頭を『オーナー思考』に切り替え、
甘い誘惑にNOを突きつける勇気が必要です。

 

ビジネスで生き残るためのマインドセット

 

ネットビジネスで成功したいなら、
これまで会社員として受けてきたメリットに
容易にすがらない覚悟を持つべきです。

そういう起業家としての思考に慣れるまで、
24時間365日仕事のことが頭から離さない。

責任はすべて自分のところにくるので、
ここで頭の切り替えができるかどうかが
かなり重要なポイントとなるわけですね。

 

つまり、ネット起業する時は

思考と覚悟を変えなければならない

ということですね。

そうしなければ、
ビジネスが辛くなったタイミングで

「サラリーマンの方がマシだった」

と泣き言をこぼす羽目になるでしょう。

 

ヒツジの群れを飛び出す勇気

サラリーマンのイメージ、ヒツジの群れ

 

ビジネスで勝負するなら、
今いるヒツジの群れを飛び出すこと。

そして、
自分自身がオオカミになる。

 

ヒツジやオオカミというのは、
要するに“マインド”のことです。

 

ヒツジは人間に飼われ、
牧場の中で管理されて生きています。

『社畜』という言葉がありますが、
ある意味サラリーマンという生き方は
まるでヒツジのようにも見えます。

「サラリーマンは大変だ…」

そう言って自分を慰め、
愚痴を言い合って
お互いの傷を舐め合います。

 

ここで一番ダメなことが、
こうしたサラリーマン思考のまま
ビジネスに取り組んでしまうこと。

そうすると

  • 「やる気が出ません」
  • 「お金がありません」
  • 「それは苦手です」
  • 「やったことがないのでできません」

といったことを平気で言います。

 

ビジネスで成功している人であれば、
容易にそのような台詞は吐かないでしょう。

責任は全て自分にあるからです。

 

オーナー思考で生きるということ

 

すべての責任を自分で持つ。

これを僕は

オーナー思考で生きる

と言っています。

サラリーマン思考の人は、
最終の責任は自分ではないと
どこかしら考えがちです。

このような依存マインドでは
ビジネスで成功するのは難しいです。

たしかに会社に寄生したり
誰かに依存したりするのは楽でしょう。

しかし、そこを飛び出すからこそ
得られる成果・喜びが大きいのです。

 

要するに、オーナー思考とは

自分の人生の覚悟を持つ

ということなのです。

 

覚悟と責任にはプレッシャーがあります。

だからこそ、
自分で考え、自分で行動する。

時には人の力を借り、
全知全能を使って成果を掴み取る。

そんなことができるのは、
覚悟と責任のプレッシャーがあるからです。

 

覚悟と責任を背負わなければ、
何も変わりませんし、何も始まりません。

そして、大したものも得られないのです。

でもそこは
仕事も人生も同じなのです。

早くそこに気づけるかどうか?

それがオーナー思考に切り替わる
一番のポイントだと思っています。

 

 

オーナー思考については
上の動画でサクッと学べるので、
こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

 

オオカミとして孤高に生きよう

ネットビジネスで起業するイメージ、孤高のオオカミ

 

ネットビジネスで成功を目指すなら、
野生のハングリー精神が必要です。

つまり、孤高を貫き、
自分らしい人生に向かって
挑戦し続けなければならないのです。

 

そうすると、だんだん実力がついてきます。

 

実力がついてくると
徐々に成果が現れるようになり、
人から多くの感謝も集まります。

そうやって人から感謝され
お金が入ってくるようになると、
自然と人脈も濃くなってきて
信頼できる仲間たちが集まってきます。

そこまでいけば、
ビジネスで大変だと思うことは
ほとんどなくなる
でしょう。

 

最初はひとりでやるのは怖いです。

僕もそうでしたし、
それは皆が口を揃えることです。

実際、自分で稼ぐ力がついても
会社を辞める時は緊張しますし、
独立起業するとなれば
当面の生活費だって心配ですからね。

 

それでも実直に
やるべきことを淡々とこなしていけば、
いつか必ず結果もついてきます。

 

大切なのは『一時の我慢』です。

 

この一時の我慢ができないのであれば、
羊の群れに戻るしかありません。

どんなに不安に思っても、
その不安をかきけす行動と
未来を信じる気持ちを持って耐え忍ぶ。

孤高に生きるとはそういうことです。

 

他人のビジネス(雇われて働くこと)で
自分自身がお金持ちになることはありません。

 

それが現実なのです。

であるならば、
自分のビジネスをがんばった方が
絶対にお金持ちになれます。

これはガチです。

しかし、多くの人は
安易に自分の人生を他人に預け、
その対価として毎月の給料を受け取り
自分の仕事が報われないと嘆きます。

 

結局のところ、

  • サラリーマン思考で生きるか?
  • オーナー思考で生きるか?

どちらかはっきりさせて、
納得のいく人生を送るしかありません。

もし個人起業の道を進むなら、
ヒツジの群れを飛び出し、
オオカミとして
孤高に生きる覚悟を持ちましょう。

 

あなたならできます。

だってやる気がない人は、
ここまで読み進めることができませんからね。

だからきっと大丈夫。

あなたの成功、そして幸運を祈っていますよ。