40代からのネットビジネス

40代になって人生に疲れた…うつ病の不安を抱えた時に考えたこと

人生好転マーチ無料メール講座バナー
 
 

※プレゼントは登録されたメールアドレス宛にご案内します。
※『@icloud.com』や携帯キャリアでのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスは『Gmail』『Yahooメール』がおすすめです。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。

40代になって人生に疲れた…うつ病の不安を抱えた時に考えたこと、イラスト

 

「なんとなく人生に疲れた…」と感じた時、
人はどうすればいいのでしょうか?

 

僕も40代になり、
時々人生に疲れたと思うことがあります。

自分で
「うつ病なのかな?」
と不安になることもあり、

ただずーっと寝ていたい

と考えてしまうことがあるのです。

 

「人生に疲れた」なんて
よほど親しい人に冗談まじりで
弱音を吐くことがあったとしても、
基本的に他人にそれを伝えることはありません。

自分がこんなに弱気になるなんて
思いもしなかったし、
弱い自分のことをあまり悟られたくない
という気持ちもあるからです。

 

アラフォーという年齡を考えれば、
気力が落ちてしまって当然かもしれません。

といっても
気力が落ち込むのはやっぱりツラい。

そんな時、
一体どう考えて過ごせばいいのか?

今回は自分なりの対処法を
紹介していきたいと思います。

 

40代になって人生に疲れたと考えてしまう

マーチ
マーチ
自分がうつ病だと感じる人は基本的に責任感が強い人だと言われているよ
ねこくん
ねこくん
責任感が強いことで自分の気を病んでしまうのはツラいですよね…

 

「人生に疲れた…」

40代になってから
こんなことを考えることが増えました。

漠然とした感情なので
何が理由なのかもはっきりせず、
ただ「人生に疲れた」ということが
頭の中にフワッと浮かんでくるのです。

 

人生に疲れたというのは、

『何に対しても意欲が湧かない』

と言い換えられるかもしれません。

 

  • とにかく元気が出ない
  • なぜかやる気が出せない…

 

この漠然とした感情に対して、
一体何が原因となっているのか
自分なりに振り返ってみました。

  • 苦手な人が近くにいる
  • 将来がなんとなく不安
  • 若い頃のように身体が動かない
  • 自分の存在に必要性を感じない
  • 他人との関わりが減った
  • これといった人生の目標がない
  • この先に楽しいことがない気がする
  • 死にたくはないけどただしんどい

色々な理由が思い浮かぶのですが、
特にこれが我慢できないということは
何ひとつありません。

なんとも不思議な感覚です。

 

40代で似たような人がいるのだろうか?

と思ってネット検索してみたら、
意外と同じような人が沢山いました。

皆それぞれに、
仕事、健康、結婚、
お金、家族、人間関係のことで
不安を感じ、
将来のことを思い悩んでいるようでした。

 

誤解を恐れずに言うと、
客観的に人生に疲れている人を見ていると、
ちょっとした安心感を抱くこともあります。

同じような仲間がいたことに
少しだけホッとするからです。

ただ、ふと彼らを見ていて
気づいたことがありました。

それは、
人生に疲れてしまっている時は
心の疲れが蓄積された場合多いので

単純なプラス思考ではうまくいかない

ということ。

 

さらに、20代30代から
人生に疲れてしまっている人とも
決して珍しくないということ。

そして年齢も30代40代にもなってくると、
これまで経験してきた
失望や無力感がヘドロのように溜まり、
何か新しいことをはじめようにも
自然と悲観的な思考になっていくものです。

そんな時、
単純なプラス思考で
スイッチが切り替わるかというと、
これがなかなかうまくいかないんですよね。

もちろん、プラス思考のすべてを
否定するわけではありませんが、
自分が重ねてきた人生経験が
その受け入れを拒否してしまうのです。

 

マーチ
マーチ
昔はそうじゃなかったのに、40代頃から単純なプラス思考で変われなくなっちゃったんだよね…
ねこくん
ねこくん
これまでの人生経験がそれを阻んでしまうんですね…

40代で人生が疲れたらうつ病が心配

人生に疲れた40代、うつ病が心配

 

何か困ったことがあった時、
僕たちは人に尋ね、
何かしらの答えを示してもらいます。

 

しかし、40代ともなると
誰に相談していいのかわかりません。

 

今の時代にはインターネットがあるので、
あなたがこうして記事を読んでいるように
わからないことを調べることができます。

しかし、30代40代50代になって
長年蓄積されたストレスが
原因となっている問題の場合、
ネットで得た知識が
悩みを解決してくれるかというと、
少し疑問が残るのではないでしょうか?

 

たしかにネットで良い話や
為になる話を見つけることはできるでしょう

ネット検索を使って
悩みについての理解は深まりますが、
年齢もアラフォーになってきた辺りから
それで人生の悩みが解決しないことも
多いというのが正直なところでしょう。

 

ひとりで悩みを抱えた挙句、

ひょっとしたら、
自分はうつ病なのではないか?

と不安になることもあります。

ただ、
そう思うことで闇に入っていきそうだし、
薬への依存も心配なので、
安易にうつ病だと認めるわけにはいきません。

実際、それで心療内科などに通い
薬をもらったとしても、
根本的な解決にはならない
という声もよく耳にするからです。

 

そんな時、
自分自身にこう問いかけました。

 

「本当にやりたいことをやっても、
このツラい気持ちは収まらないのか?」

 

本当にやりたいことといっても、
旅に出るとか
お金持ちになりたいとか
そんな大層な話ではありません。

今できる範囲でやれること。

人生に疲れた…と
なんとなく考えていた僕の場合、
その時に一番したかったことが

『ずっと寝ていたい』

ということでした。

 

なので実際、
色んなことを諦めて『寝まくる』
ということをしてみました。

多少、貯金があったので
仕事もせずにずっと寝てました。

そしてその間、
やるべきことは最低限のことしかせず、
溜まっていた睡眠欲が消えるまで
一週間ほどずっと寝ていたのです。

 

布団の中でまどろみながら

「安心感を感じるということは、
まだうつ病ではないのかなぁ…」

なんて考えたりしてました。

 

そして普段仕事をしている時間

  • ⇒タブレットで映画を観る
  • ⇒漫画を読む
  • ⇒眠くなったら寝る

みたいな感じで自堕落に過ごしました。

 

そして、そうやって過ごした
自堕落な時間のすべてを『許した』のです。

いまさら罪悪感を覚えたところで
それは何も解決の助けにならない。

そう思って自分を許すことにしました。

すると不思議な事に、
頭の中のモヤみたいなものが取れて
気分が晴れやかになったのです。

 

マーチ
マーチ
僕の場合、少し重いテーマの邦画を好んで観ていたんだけど、そういう時は普段は観ないような映画が心地よかったりしたよ
ねこくん
ねこくん
常識にとらわれず、その時自分が心地いいと思うことをするのがポイントなんですね

そうやって過ごしていると、
自分の人生を疲れさせていたのは
『自分の中の凝り固まった思考に原因があったのでは?』
ということに気がつくようになってきたのです。

 

その時、僕が僕を苦しめていた
凝り固まった思考というのは

『義務感』

だったんですね。

 

  • ◯◯すべき
  • ◯◯しなければならない

なぜなら
将来が悪くなってしまうから。

ある人にとっては
当たり前の考えかもしれませんが、
この強い義務感こそが
人生を重いものにしていた原因だったのです。

 

そこで僕は
こう考え直すようにしました。

「こんなに真面目に生きてて
うつ病になったり
貧しくなったりするわけがない。

これで不幸になるのが普通だとしたら
世の中が不幸な人ばかりの
おかしな世界になるじゃないか!」

少々強引な感じですが、
自分の中でこの理屈が腑に落ちて
ようやく肩の荷が下りた気がしたんです。

人生に疲れた時は休めばいい?

人生に疲れた時は休めばいい

 

なんとなく人生に疲れてしまった時。

どうすればいいか
自分でわからなくなってしまった時。

 

あなたには

「何もしなくていい」

と言ってくれる人が必要なのです。

 

そして、それは
実は誰か他人なのではなく、
『あなた自身に他ならない』のです。

友達や恋人、家族が
心の支えになってくれることもあります。

けど現実には、
そこで生まれた義務感や正義感が
あなたを窮地に追いやることだってあるのです。

 

いくら自分ががんばって社会に貢献しようとも
それが正しく評価されないことってありますよね。

ちゃんと正当な評価をしろ!!

そう叫びたい気持ちがあっても
なかなかそうは言えないものです。

 

人生は思い通りにいきません。

理不尽なことも沢山あります。

でも、それは誰でも経験すること。

皆、同じなんだと考えて
淡々とやっていくしかありません。

 

でも。

人生も中盤にさしかかってくると、
その舵取りが狂ってしまうこともあるんです。

「あれ?あれれ?」

となっているうちに
勘を取り戻す機会が得られないと

“自分を責め続ける”

という悪循環に
陥ってしまうこともあるかもしれません。

 

そんな時はちょっと休みましょう。

パチっと電源をオフにしましょう。

ぜひ自分を
甘やかしてあげる勇気を持ってください。

人間は、ずっと立っているよりも、
歩いている方が疲れを感じにくい生き物です。

けど、ずっと歩き続けられるかというと
そんなこともないんですね。

 

それは心の中も同じなのです。

 

義務感でがんじがらめになり
頭を悩ませている状態のときは、
心の疲れが思ったより早く襲ってきます。

 

年齢を重ねれば
心が落ち着いてくる分、
立ち止まることも増えてきます。

そんな時、
うまくストレスを逃がす方法を知らないと、
悩み続けて心がパンクしてしまうでしょう。

なんとなく人生に疲れてしまう人は、
自分の状態を顧みず
他人に合わせすぎる傾向にあるようです。

けど、
気持ちが付いてこないのに
義務感や正義感を
優先させてばかりだと、
人生はうまく進んでいかないのです。

 

ねこくん
ねこくん
マジメな人がエネルギー切れを起こすのは、そういう理由があったんですね
マーチ
マーチ
自己犠牲は美徳だけど、それは自分に余裕があってこそ。常に自分にゆとりを作ることが大切だね

心が疲れた時、
あなたのストレスを感じ取って
救いの手を差し伸べてくれるのは

あなた自身しかいないのです。

 

そして、
ゆっくり好きなことをして
身体を休ませながら、
人生の疲れや
心の疲れを癒やしてあげてください。

その時、
少しでも喜怒哀楽が感じられれば、
まだうつ病は遠い存在なので
過剰に心配しなくても大丈夫ですよ。

まとめ

 

ということで今回は
40代で人生に疲れたと感じた時に
僕が自分自身に行ってる対処法を紹介しました。

もちろん、
誰でも寝れば良いという話ではなく、
疲れを癒す休息が何かは人それぞれ違います。

つまり、

自分のできる範囲で
開き直ることも大切

いうことですね。

 

マーチ
マーチ

ただ、身体あっての資本ですし
心があってこそのあなたの人生です。

なんとなく人生に疲れた時は

思い切って休む!

という選択肢も使いましょう。

心の中からSOSサインが聴こえた時は、
自分を最優先する必要があるのです。

 

最後に味方になってくれるのは
何より自分自身なのですから。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

人生好転マーチ無料メール講座バナー
 
 

※プレゼントは登録されたメールアドレス宛にご案内します。
※『@icloud.com』や携帯キャリアでのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスは『Gmail』『Yahooメール』がおすすめです。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。

POSTED COMMENT

  1. さまよう40代 より:

    はじめまして。読ませて頂きました。自分も今40代半ばです。すごく共感しました。 自分も今現在、求職中です。
    自分でネットで調べてそこに電話をかけて失敗したりしながらやりくりしています。自分もまだかつかつな生活をしてる訳じゃないですけど、だからってそんなに余裕もある訳ではないです。

    休む事、リラックスすることは大切な事ですよね。
    それでも、やっぱり今は、ちょっと余裕があるかも知れませんけど、これがもう金銭的に余裕がなくなってきたら1日でも早く無理してでも内容に納得していなくても仕事をしなくては、行けませんよね。
    金銭的に余裕があってこその休息ですよね。働きたくなくても働かなければいけない。ってなりますよね。
    そうなると自分の場合だけかも知れませんけど、その時は、がむしゃらに嫌でも働くと思いますけど、それである程度、生活に余裕ができてきたら恐らくまた辞めたくなると思うんですよよね。

    ある種、それが早く働く為には、いいかも知れませんけどね。

    それでも恐らく無理して働いているので長続きは、しないと思いますね。
    変な話、それが定年まで返済が続いていてちょうどその辺りでだいぶ生活に余裕ができていればそれはそれでありかもですけどね。まあ、それは人にもよりますけど、なかなか難しいでしょうね。

    自分はいま年齢も年齢だし中々、うまく転職できずに失敗しながやってるのもあって余計に、鬱ではないですけど今は特に人生に疲れた生きてく事に少し疲れたな…、って考えてしまいます。

    それでも今まで書いてるように普通に仕事をしていた時とかでも、30代の時でも考える事は多々ありましたけどね。その時は特に自分が嫌になってましたね。あとは今もそうですけど自分の身の周りの環境にもなんとなく嫌気がさす時がありますからね。
    それでも、そんな考えじゃダメだってわかっていても憂鬱になる時はありますね。今は本当に特にうまくいってないから余計に思ってしまいがちですね。
    本当にフリーターとかでもいいから何かをやる方がいいと思いますね。
    それこそ、どうでもいいでそれこそ死んでもいいや。って思うくらいならフリーターとかでも充分ですよね。

    長くなりましたけと本当に休みを取る事は大事ですよね。ただ、それには金銭的に余裕がないと生活して行けませんから余裕があってこそのできる事ですよね。なんだかあまりアタマが良い方じゃないので何を言ってるのかわからないと思われたかも知れませんけど自分はそう思います。

    自分に負けないように心が折れないようにしていけたらって思ってますけどね。なかなか、うまくいかないですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です