斎藤一人さんの名言から、個人的に良いと思ったものを紹介しています。

今回は『誰と結婚しても後悔なんだよ(笑)』という、一人さんファンならお馴染みの名言ですね。

 

斎藤一人さんは、健康食品や美容品などを販売している銀座まるかんの創始者で、人生に役立つ話などをしてくれる日本一の商人と呼び声の高い人です。

ではこれから、一人さん流の結婚観について紹介していきましょう。

斎藤一人名言「結婚は赤の他人と生活する修行」

斎藤一人名言「結婚は赤の他人と生活する修行」

最近は晩婚化が進み、少子化問題が加速しています。

若い人の中には、

「結婚にメリットを見い出せない」

といった意見も少なからずあるようです。

 

実は私も結婚は39歳ということで、世間では割と遅い方だと思います。

(僕は大体何をするにも遅いんですが・・・泣)

 

では、そんな結婚に関して、斎藤一人さんはどのように考えているのでしょうか?

その真意を紹介していきたいと思います。

 

えー、結婚っていうのは、

早く結婚して後悔するか

遅く結婚して後悔するか

ということしかないんだよね(笑)

 

そういうものだとして始めればいいの。

なぜかって言うと、修行なんだよ。

赤の他人と生活するという修行なんだよ。

そういうものだと思ってやればいいの。

 

結婚したらしあわせになれるとか、

あなたがしあわせにしてくれるとか、

勝手な妄想を描くから失敗するんで、

そのことをふまえて修行なんだ。

 

(引用元:『すべての悩みに答えます』斎藤一人/柴村恵美子)

 

…ううむ(汗)

斎藤一人さんが言うところによると、“結婚は赤の他人と生活するという修行”とのこと。

結婚したからといって、自動的にしあわせになるなんて思わない方が良さそうですね。

 

「あたし、将来はステキな旦那さんを見つけてしあわせになるの!」

と、結婚をゴールに夢見ている少女たちは、少し考え方を軌道修正しなくてはなりません。

 

なんせ、修行ですからね。

『結婚=修行

今日はこれをしっかり覚えて帰りましょう!

 

要するに、結婚には気合と覚悟が必要ということです。

うっかりパートナーに頼りすぎてしまうと、思いがけない悲惨な目に遭いそうですからね。

 

要は、他人ってこうなんだってことが分かればいいの。

それを自分の思い通りにしようとしたときに、すごい大変なことが起きるの。

 

例えば奥さんが旦那さんのことを思い通りにしようとして、思い通りになった旦那がいたとするじゃん。

それ、ものすごいストレスに耐えてるの(笑)

 

だって生まれてきた環境が違うのに、いい旦那をずっと続けているんだよ。

ストレスたまっちゃってそれが日常化してくると、長生きできないんだよ。

で、わがまま言ってるやつのほうが長生きなの。ストレスないから。

 

いい旦那さんとかいい奥さんの方が早死する。

いいことしてる人は、最後の最後にはいい思いができるとかっていうけど、そんなんじゃない(笑)

 

わがまま言ってるやつの方が長生きだから見ててみな。

我慢しているほうがストレスが強いんだよ。

わがまま言っているほうがストレスないんだよ。

 

そんなことが分かるのも、結婚してみてなんだよ。

本当のことが分かると世の中、本当に面白いんだよ。

 

(引用元:『すべての悩みに答えます』斎藤一人/柴村恵美子)

 

周りの人たちから「良い旦那さん」「良い奥さん」と思われている人は、早死しないように注意がですね。

私も注意しなければなりません(笑)

斎藤一人名言「誰と結婚しても後悔なんだよ」

斎藤一人名言「誰と結婚しても後悔なんだよ(笑)」

先ほど、斎藤一人さんは結婚について

早く結婚して後悔するか」

遅く結婚して後悔するか」

と言っていましたが、一人さん自身は決して結婚に対して否定的な見方をしているわけではなく、むしろ、結婚はしたほうがいいと考えているようです。

 

これは、人間はこの世に魂の修業をしにきているからであり、結婚は素晴らしい修行ができる環境でもあるからなのだそうです。

ちなみに斎藤一人さんは以前、「結婚相手をAさんとBさんで迷っている」と悩んでいる人から相談をされた時も、「どっちを選んでも同じように後悔するから、どっちでもいいよ」と真面目に答えていました(笑)

 

人生が修行なら、その自分の我が強さに気づき、正していくことも大事なことなのでしょう。

その我を削るための修行だとしたら、結婚の話にも合点がいくというものです。

 

斎藤一人さんの結婚観は普通の人とはちょっと違うので、ひょっとしたらガッカリした人もいるかもしれません。

ただ、結婚に対する視点をずらして見てみると、相手に対する接し方も結婚してからの生活も良い意味で変わってきそうです。

 

で、結婚する相手というのは決まっているの。

出てくると必ず結婚しちゃう。

さだめだから。

で、そこから修行が始まる。

運命の人と呼んじゃだめ。修行の人(笑)

 

でも修行だけど、修行をいつでもやめることもできる。

いい時代になったの。

見方がちゃんとしてれば結果はちゃんとなるの。

間違った見方から始まるから、自分が不幸になるんだよな。

 

しあわせにしてもらおうと思ってると、

旦那が変なこと言うと嫌になっちゃうけど、

修行だと思ってると「いい修行だな~」(笑)

 

旦那がバカなこと言ったとき、

 

「いい修行だな~」

「この人以外にこんな修行させてくれる人はいない」(笑)

 

それが分かりだすと

「お互い、いい修行してるよね」って、

それが言い出せたときにしあわせがやってくるね。

 

早く修行だって気がついたほうがいいね。

 

誰と結婚しても後悔なんだよ(笑)。

 

最初はみんな立派なこと言ってやるんだよ。

どうせならこの人と修行したいとか、

いろいろきれいごと言うけど、

本当に修行が始まってみると、

滝に打たれるなんて甘いものじゃない(笑)

 

滝の上から材木が落っこってくるぐらいに考えていないとね、

やってられないよ(笑)

 

(引用元:『すべての悩みに答えます』斎藤一人/柴村恵美子)

 

・・・(=o=;)!!!

結婚というのは、滝の上から材木が降ってくるくらいの修行だったのか。

 

なかなかここまでの表現をする人もいないと思いますが、せめて、相手にしあわせにしてもらおうなんて甘い考えは持たない方が良さそうですね。

ただ、結婚は決して手放しでしあわせになるためのものではなく、自分を一段も二段も成長させてくれる良いものだと考え直しておくと、その先も結構楽しい人生が待っているのかも。

 

だって斎藤一人さんは、

人生の修行は楽しいものだ

って言ってますから。

 

相手に期待しない結婚が良いとまでは言いませんが、自分を成長させてくれそうな人がいたら、結婚というのは案外それでOKなのかもしれませんね。

 

それよりも、『結婚する相手はさだめで決まっている』というのも気になります。

これについては、自分の人生を思い返すと結構頷いてしまう部分があるので、あまり気構えせずに自然体で過ごすのがベストのような気がします。

逆に言うと、あまり我を強くして選り好みしない方が良いということですね。

 

斎藤一人さんが言うように、

誰と結婚しても後悔なんだよ(笑)

と思っておけば気がラクですよ。

 

え、私ですか?

もちろん結婚は修行だと思ってますよ(笑)

ただ、とても楽しい修行ですけどね。

自分が成長することを望む限り、あなたもきっとそうなると思いますよ。