エックスサーバー、WordPress、インストール、方法

 

サーバーを契約しドメインの設定が完了したら、次はWordPressをインストールしていきましょう。

WordPress(ワードプレス)というのはブログを作るための無料ソフトのことで、日本のみならず世界中で利用され、独自ドメインでブログを持つためにはスタンダードな存在です。

WordPressをインストールする

 

① まずはエックスサーバーのサーバパネルに『ログイン』をします。

『トップページ→インフォパネルにログイン→サーバーパネルにログイン』という流れで、ServerPanelの画面を表示してください。

ワードプレス1-1

 

② サーバーパネル左下の設定対象ドメインから、WordPressをインストールしたいドメインを選択し、『設定する』をクリックします。

ワードプレス1-2

 

③ サーバーパネル右上に、これからWordPressをインストールするドメインが、現在の設定対象ドメインという形で表示され、無事に変更されたことが確認できると思います。

ワードプレス1-5

 

④ 確認後、HOMEPAGEという欄の『自動インストール』をクリックすると、次のページが開きます。

ワードプレス1-6

 

⑤ 自動インストールの画面が開いたら、『プログラムのインストール』タブをクリックして、WordPress日本語版の『インストール設定』をクリックします。

ワードプレス1-7

 

⑥ 設定画面が出てきます。各項目を入力していきましょう。

ワードプレス1-8

 

インストールURL:
変更せずにそのままでOK。

ブログ名:
これから運営するブログの名前を記入。後で変更可能。

ユーザ名:
WordPressの管理画面にログインする際のユーザ名を記入。

パスワード:
WordPressの管理画面にログインする際のパスワードを記入。

メールアドレス:
自分のメールアドレスを記入。

データベース:
『自動でデータベースを作成する』を選択。

 

最後に『インストール(確認)』をクリックします。

 

⑦ 次に確認画面が出てくるので、確認後『インストール(確定)』をクリックします。

ワードプレス1-9

 

⑧ これでWordPressのインストールは完了です。次にURLをクリックして管理画面を確認してみましょう。

ワードプレス2-1

 

⑨ 先ほど決めたユーザ名とパスワードを入力し、ログインをクリックします。

ワードプレス2-2

 

⑩ これでWordPressの管理画面に入ることができるようになったことを確認したら、WordPressのインストールは以上で完了です。

ワードプレス2-3

 

これでブログの設定や記事の投稿ができるようになります。

やってみると、意外と簡単だったのではないでしょうか?

【次の記事】
⇒WordPressテンプレートをインストールしよう

この後は、実際に記事を書くための準備段階の最終章でもある、WordPressの基本設定をしていきましょう。