今回はネットビジネスと才能の話をします。

 

「ネットビジネスは才能がないと成功できないのでは?」

これは誰もが一度は抱く疑問だと思います。

何をもって成功とするのかにもよりますが、もちろんネットビジネスで成功するにもある程度の才能が必要です。

ただ才能と言っても、ネットビジネスはビジネスモデルとそのジャンルが多岐にわたっているため、ほとんどの人は自分が持っている才能を活かしてビジネスを成り立たせることができるでしょう。

 

これからネットビジネスと才能の関連性や、自分の才能を見つける簡単な方法について紹介していきたいと思います。

ネットビジネスは才能がないと成功できない?

ネットビジネスは才能がないと成功できない

ネットビジネスは才能がないと成功できない?

どの業界でも「才能の必要性はよく問われる話です。

しかしこれは少し厄介な考え方で、成功できなかった理由を「才能がなかった」ことに集結させられるという便利さがあるからです。

 

冒頭ですでに結論を言いましたが、ネットビジネスにも才能は必要です。

ただ、その才能はある共通した才能ではなく、個々が持っている才能をインターネット上のビジネスとしてどのように活かすかが重要なのです。

ネットビジネスはスポーツと違って頂点を競うものではないので、しのぎを削る必要がない分、アイデア次第でいくらでも成功者の余地を作ることができるからです。

 

たとえば、一般的富裕層と言われる年収3000万円以上をネットビジネスで稼ぎたい場合、それだけのお金を稼ぐための才能はセンスが必要です。

しかし、そうではなくて自分でビジネスを持って生活を成り立たせたい、雇用されるお給料よりもお金を稼ぎたいというレベルであれば、今あなたが持っている才能を活かすだけで十分にその目標を達成させることができるでしょう。

 

とはいえ初心者からすると、「でもビジネスなんだから、コピーライティングやマーケティングのセンスや才能が必要なんじゃないの?」と心配になるかもしれません。

たしかにそう思うのは当然ですね。

しかし、コピーライティングやマーケティングは才能やセンスがなくても、ノウハウによって法則化されているので努力とガッツがあればなんとかなります。

たとえば文章力なんかは女性を口説くのと同じで、練習と経験を重ねればうまくなっていくものだというのは定説です。

 

私もネットビジネスを始めるまでブログも書いたことなく、フェイスブックやツイッターなども持っていませんでした。

初心者の頃は、1000文字程度のトレンド記事を仕上げるのに2-3時間かかっていたのです。当時の状況を思い返せば、文章力の才能があるとかないとか考えるまでもなく、『ない』部類に入っていたと言えるでしょう(笑)

実際、いまだに記事を書き上げるまでの時間は人より長いと思いますが、特に困ってないという感じです。

 

ただ、才能がないとネットビジネスでは成功できないと考えて、早々にビジネスを諦めてしまうのは少し勿体無い気がします。

なぜなら、どんな人でもネットビジネスで活かせる才能を持っている可能性があるからです。

これからそのことについて、わかりやすく詳しく解説していきたいと思います。

才能がわからないのはなぜ?

才能がわからない人のイメージ

自分の才能が何かわからないという人は結構沢山います。

ただ、才能がわからないという人にはある共通点があります。

それは『周りの意見を聞きすぎる』ということ。

 

人は基本的にその人の成功体験に基づいたことを話します。

たとえば、あることに関して誰かにうまくいく方法を尋ねた時、客観的な視点でのアドバイスが返ってくることはまずありません。

何か専門的な職業に就いている場合は別として、人は自分が経験した範囲内のことや、自分が成功したことしか話せないからです。

 

他人に意見を求め過ぎると、余計な価値観に引っ張られて自分のことがわからなくなってきます。

決断力がない!仕事の判断基準は正しさよりも楽しさを優先しようで解説したように、自分の中で判断基準を持たないとムダな選択肢が排除できずに、だんだん頭の中が混乱するようになってくるからです。

 

他人の価値観は、あくまでもその人の価値観でしかありません。

自分の才能が何か知りたい時は、周囲のノイズを消して静かに心の声に耳を傾けてみてください。

何か大切なことに気がつくかもしれませんよ。

簡単な才能の見つけ方

才能を見つけた人

ここでは、あなたの中に眠っている才能の見つけ方について紹介していきます。

まず大前提として、ネットビジネスで成功するためにはある程度の才能が不可欠です。

もしまったく才能を自覚することなく、血の滲むような努力をしたとしても、成功までたどり着くのに時間がかかりすぎてしまうからです。

そのためにも自分にどのような才能があるのか把握しておくことが大切です。

 

才能を見つけるためのポイントは簡単に4つあります。

 

  1. 直感してできそうなもの
  2. ついついやってしまうこと
  3. 他人から嫉妬されたこと
  4. 両親や祖父母の得意なもの

 

いまこの4つのポイントを見た時になんとなく頭に思い浮かんだことがあれば、それがあなたの才能である可能性が高いということですね。

それではひとつずつ説明していきましょう。

◆直感してできそうなもの

直感を信じる人

自分に才能があるかどうかを直感で決めることは珍しくありません。

成功者の中には、「なんとなくひらめいた方向に進んでいったらうまくいっただけ」と答える人もいるくらいです。

直感は自分の中に眠っている才能が反応した結果とも言えるので、パッと見て「これだったら自分でもできるだろう」と思うようなことがあれば、それがあなたの才能かもしれません。

 

逆に「これは絶対にできないな」と直感が働いた場合、自分には大したが才能はないという見方もできます。ただその場合でも、一つの才能が開花されて実力と自信がついてくると、不思議とそういったこともできるようになってくることがあります。

まずは自分にできそうなこと、やれそうだと思うことがあれば、それを信じて継続していくとその才能のタネは開花しやすいということですね。

◆ついついやってしまうこと

ついやってしまいがちなこと

あなたが普段、ついついやってしまうことがあれば、そこに才能が隠されているかもしれません。

一度やったら集中してしまうこと。

気づいたら夜が更ける時間までやってしまっていたこと。

自分の普段の行動を振り返ってみて、このような経験があるかないか思い出してみましょう。

 

  • 仕事の資料作りについ凝ってしまう
  • 誰かとしゃべるのが好きでつい長電話してしまう
  • 趣味のアイテムを探すのに一日中街を歩き回ってしまう
  • 知り合いの恋バナを親身になって聞いてしまう
  • 後輩や部下の仕事を気にかけてしまう

 

これらの経験は、インターネット上のサービスとして関連付けられそうなことばかりです。

私の場合、部下や後輩に仕事を教えるのが好きだったので、それをインターネットを通じてやれるかな、という感じでした。

これまでの経験を振り返り、自分がつい夢中になってしまうことや人と比べて疲れないことがあれば、そこにあなたの才能が隠されているということですね。

◆他人から嫉妬されたこと

嫉妬のイメージ

もし過去に他人から嫉妬されたことがあれば、それは人が羨むような才能だということです。

他人から嫉妬されることというのは、自分の中では案外「なぜ敵意を向けられるんだろう」と思ってしまうくらい当たり前のことと捉えていたりします。

しかしながら、その当たり前と思っていることがあなた自身の才能なのかもしれません。

 

嫉妬というのは、自分より上のレベルの人に対してするものです。

つまり、嫉妬されるくらい素晴らしいものをあなたが持っているということになります。

嫉妬されたり、人から羨ましがられたりすることがあれば、臆することなくその才能をどんどん伸ばしていくのが良いでしょう。

 

「こんなのできて当たり前じゃないの?」と思うようなことでも、世の中にはそれができて当たり前じゃない人が沢山いるのです。

 

  • 英語の聞き取りがまったくできないけど、英語を話せるようになりたい人
  • 楽譜がまったく読めないけれど、ピアノで弾いてみたい曲がある人
  • ビジネスをやったことがないけど、自分自身でお金を稼いで見たい人

 

嫉妬されるということは、誰かから欲しいと思われるくらい才能があるということですね。

◆両親や祖父母の得意なもの

両親や祖父母から受け継いだ遺伝

才能を探し出すきっかけとして、両親や祖父母の得意だったことを聞いてみるのも一つの手です。

自分のルーツを辿っていけば、得意なことを代々受け継いでいる可能性が高いということです。

いわゆる『遺伝』です。

 

一般的に、体格や運動能力は遺伝しやすいと言われていますが、才能についても両親や祖父母と同じものを受け継いでいる可能性があります。

一度、両親や祖父母に「どんなことで成功したことがあるか?」と聞いてみると、興味深い答えが返ってくるかもしれませんよ。

才能を探す時の注意

上手に才能を探す人

才能を探す時、人は少ない選択肢の中から才能を探そうとします。

子供の夢を見てみればわかりますが、アイドルになりたい、サッカー選手になりたい、パイロットになりたい、医者になりたい、刑事になりたい、食べもの屋さんを開きたい、ユーチューバーになりたいなど、昔からその傾向はあまり変化がありません。

しかし、才能はそういった枠を超えたところにあるのです。

 

世の中の職業は多岐にわたっています。

どんな職業でも、人は幸せに生活していくことができるのです。

なのにいつまでも選択肢を限定してしまえば、その選択肢に才能を当てはめる作業しかできずに、「自分には才能がない」と悩み続けることになるでしょう。

 

人生において勝つことが大事だと信じ、勝利するための才能を探そうとしている人が少なくありません。

しかし、勝ち負けを前提とした才能を無理に見つけたところで、必ず行き詰まってしまいます。当然、上には上がいるからです。

そして、ずっとないものねだりを続け、行動できない状態に陥ってしまう…。

これでは本末転倒です。

 

本来才能とは、人が誰かを幸せにするために天から授かったものです。

その才能を磨き、人に好かれることで素晴らしい人生を歩めなければ意味がないのです。

ネットビジネスで才能を活かす時も、そういう視点で考えていけば色々なアイデアが生まれてきます。

今あなたの中にある才能は小さな才能かもしれません。

しかし、その小さな才能を活かし、できることを続けていきましょう

そうすると、徐々に自分の中の才能が目覚めてきます。

 

自分に才能がないと悩んだ時は、周りの意見を聞きすぎていないか思い返してみてください。

周りの期待に応えようとしたり、凄いことをしようとしたりすると、あなたの中に眠っている才能とは違う方向へ進んでしまうことがあります。

そして、他人の価値観に振り回されないように注意しながら、自分の才能と向き合い、その才能を人のために使っていきましょう。