ネットビジネスで成功を手にするためには、素直であることが重要です。

『素直な人』が伸びるし強いというのは、もはや鉄板の共通認識とも言われていますが、今回はその理由について見ていきたいと思います。

素直な人、伸びる、強い、重要視

素直だったらもっと伸びていたかもしれない?

ネットビジネスを実践している内に、多くの成功者たちの話を聞く機会に恵まれました。

彼らが成功する前のことや、成功した後、指導者という立場に立った話などを聞くとやはり『素直であることが大切』と口を揃えます。判をついたように『素直な人間は成長が早い』と言います。

このような話を聞くたびに耳が痛い気がするのですが、サラリーマン時代は私は非常に我が強く、周りの人たちからしても色々とやりにくい男だったと思います。

 

我が強いというのは、要するに素直じゃないということです。

あの頃「もう少し素直だったら・・・」と思うことはありますが、我の強い性格というのは自分では見えないものです

しかし、ネットビジネスを始めた時、いい機会だったので、メンターの言うことをとことん素直に聞いて実践してみたのです。すると、何もわからない初心者の状態だったにも関わらず、かなりいいペースでビジネスを軌道に乗せることができました。

視野が狭いとうまくいかない

実力が上の人だったり、師匠や先生という存在は、自分には見えていないビジョンが見えているというのは本当です。そのビジョンというのは、つまり、あなたの中に眠っている可能性のこと。そして、未熟であればあるほど、そのビジョンを認めるのが難しいものです。

 

例えば、煙草のポイ捨ては良くないことですよね。公共の場はマナーを守って、不快な行為を慎むのが常識です。

しかし、視野が狭いと、「自分がポイ捨てしたくらいで街は汚れない」という発想になっちゃったりするんですね。

自分は特別だという思いがあるのかもしれませんが、煙草のポイ捨てをしない良識のある人ならそうでないことくらいは軽く見抜けます。

それに、本当はタバコのポイ捨てをする人も、それが悪いことくらいはわかってたりするんですね。ネットビジネスで成果が出ない人も、なんとなく自分でその原因がわかっていたりするものです。

 

素直に教え、素直に学ぶことができれば、事はそんなに難しいことではないのでしょう。

もちろん、理想を唱えればの話です。

日常の不満やストレスを抱えていればいるほど『素直さ』の話は理解しても、なかなか実行はしないでしょう。世の中に軽く失望を覚えている人間というのは自分にさえ素直にはなれないものです。

はっきり言ってしまうと、そのスタンスではうまくいくものもうまくいきません。

成功を求めるのであれば、

我が強いと難しい

ということだけは理解しておいてください。

 

教えられる側からすると、優しく背中を押してほしかったり、わかりやすく言って欲しいだけなのかもしれません。ただ、ここで大事なのは、学ぶ側にも指導される力が必要ということです。教える側、学ぶ側、双方に力が必要だということですね。

『素直さ』の重要性

ネットビジネスで成功を目指すなら、素直さは強力な武器になります。

例えば、いきなり接客や対面ビジネスで成功するのはセンスも必要だし、非常に難しいのですが、ネットビジネスは基本的にPCに向かって作業するので、接客や対面ビジネスのように一発勝負じゃない分、難易度はグッと下がります。

そして、自らお金を稼ぐノウハウを選んで手に入れられるし、正しい方向性を確認しながら作業することができるところが利点です。

 

ただ、そのノウハウを自己流で実行するのと、ノウハウ通りに素直に実行するのとでは、間違いなく後者の方が早く成果がでます。

ノウハウを行う上で、教え通りに素直に実行することは大切です。

ネットビジネスで稼げない人は、かなりの高確率でノウハウに沿って実践していないか、自己流のアレンジを加えてやっています。「そんなことノウハウに書いてあった?」というようなことをやってたりします。

まともな情報商材なら、本当に心血を注ぐくらいの気持ちで作られてあります。

ギャンブル的要素はありません。

その人が持つ最高のノウハウがそこに凝縮されているのです。

その情報を素直に実行しないのは勿体無いことです。(そんな人が如何に多いことか!)

ただ、素直さがなければ、いつまでたってもどんなノウハウもちゃんと機能しないので、この点だけは本当に注意が必要だということですね。