WP External Linksでnofollowタグを自動設定

WordPressでサイト運営をしていると、外部サイトにリンクを飛ばすことがあるかと思います。

現在では、外部サイトのリンクを貼る時には、SEO対策の一環として”ノーフォロータグ”を追加するのが常識になっています。

 

まず”ノーフォロータグ”が何なのかというと、記事に貼った外部リンクをクローラーが追跡しないようにするための設定です。

 

逆に言うと、ノーフォロータグをつけて

「外部リンクを自動追跡させない!」

という設定をしておかないと、自分のサイトのパワーが外部リンクに流れてしまう仕組みになっています。

 

通常であれば、記事本文を書き終えた後に、リンクに対して『rel=”nofollow”』とタグ設定をしなければならないのですが、これを毎回やるのは面倒なので『WP External Links』というプラグインを導入して、自動で設定できるようにしておくと便利です。

インターネットを使った情報発信をする上において、ノーフォロータグの自動設定は必須なので、この機会にしっかりと導入しておきましょう。

WP External Linksの設定方法

ではこれから『WP External Links』のプラグインをインストールしていきましょう。

 

① WordPress管理画面の左のメニューから『プラグイン→新規追加』を選び、『WP External Links』を検索&インストールていきましょう。

プラグイン→新規作成

 

 

右上の検索窓でWP External Linksと検索して、インストールします。

WP External Links 1-1

 

 

インストールができたら、有効化しましょう。

WP External Links 1-2

 

 

② 有効化をクリックしたら、ダッシュボードから『External Links』をクリックします。(ダッシュボードの下の方にあります)

WP External Links 1-3

 

 

③ 以下の通りに設定していきましょう。

WP External Links 1-4

WP External Links 1-5

WP External Links 1-6

 

基本は上記のような設定でOKです。

以下、各項目の説明をしておきましょう。

 

Open external links in

ここでは外部リンクの開き方を設定できます。

Same window or tab(_none):
外部リンクを同じページで開く。

New window or tab(_blank):
外部リンクを別タブで開く。

Topmost frame(_top):
外部リンクを同じフレームで開く。

Separate window or tab(_new):
新しいウインドウでページを開く。

 

Apply plugin settings on…

ここではプラグインの機能の選択範囲の設定ができます。

All contents:
すべてのコンテンツ

Post contents:
投稿欄

Comments:
コメント欄

All text widjets:
ウィジェット欄

Ignore links…に追加したURLはプラグインの効果が加わらないということですね。

ここではデフォルトで『//twitter.com/share』と入力されていますが、このままで問題ありません。

 

Add to rel-attribute

ここではrel=の属性の追加をします。

nofollow必ずチェックを入れる!
外部リンクへのサイトパワーを無効化

External
Javascriptの場合に使用します。

 

基本的には、上記画像の通りに設定できていれば問題ありません。

バージョンアップすると色々と設定画面が変わることがありますが、重要なのは『nofollow』にチェックが入っているかどうかだけなので、そこを確認すれば後はデフォルトのままでOKでしょう。

 

設定ができれば、保存して完了です。

 

外部リンクへのノーフォロータグを設定には必須のプラグインともいえる『WP External Links』ですが、非常に簡単な設定でウィンドウ表示の選択などもできるので大変便利ですね。

ちなみに「ノーフォロータグって何ぞや?」という人には、下の記事がおすすめです。

 

 

被リンクや発リンクについてシンプルに解説しています
被リンク(外部SEO)とは何か?初心者にわかりやすく解説!

 

 

初心者の段階だと、被リンクや外部SEOについて学ぶのはそれほど優先順位が高いことではありません。

しかしながら、サイト運営をする上において他のサイトからの引用は避けられないと思うので、この『WP External Links』はしっかり導入しておくようにしましょう。