WordPressでサイト運営をしていると、

外部サイトにリンクを飛ばすことがあるかと思います。

現在では、外部サイト(他のサイト)にリンクを飛ばす時には、

SEOの一環としてnofollowタグを追加するのが常識になっています。

WP External Linksでnofollowタグを自動設定

 

そもそもnofollowとは、記事内の外部リンクを

クローラーが追跡しないようにするための設定です。

 

基本的に、nofollowと指定し

「外部リンクを自動追跡しませんよ」

という設定をしておかないと、

自分のサイトのパワーが

外部リンクに流れてしまう仕組みになっています。

 

通常であれば、記事本文を書き終えた後に、

いちいちリンクに対して

『” rel=”nofollow”』とタグ設定をしなければならないのですが、

これを毎回やるのは面倒だということで、

『WP External Links』を導入して、

自動で設定できるようにしておきましょう。

 

 

WP External Linksの設定方法

 

まずは『WP External Links』のプラグインをインストールしていきましょう。

 

① WordPressのダッシュボードから

  『プラグイン→新規追加』を選び、

  『WP External Links』を検索&インストールていきましょう。

 

プラグイン→新規作成

 

 

 

 

 

右上の検索窓でWP External Linksを検索して、インストールします。

 

WP External Links 1-1

 

 

 

 

 

インストールができたら、有効化しましょう。

 

WP External Links 1-2

 

 

 

 

 

② 有効化をクリックしたら、

  ダッシュボードから『External Links』をクリックします。

  (ダッシュボードの下の方にあります)

 

WP External Links 1-3

 

 

 

 

 

③ 以下の通りに設定していきましょう。

 

WP External Links 1-4

WP External Links 1-5

WP External Links 1-6

 

 

基本は上記のような設定でOKです。

以下、各項目の説明をしておきましょう。

 

 

Open external links in

ここでは外部リンクの開き方を設定できます。

 

Same window or tab(_none):

 

外部リンクを同じページで開きます。

 

 

New window or tab(_blank):

 

外部リンクを別タブで開きます。

 

 

Topmost frame(_top):

 

外部リンクを同じフレームでページを開きます。

 

 

Separate window or tab(_new):

 

新しいウインドウでページを開きます。

 

 

 

 

Apply plugin settings on…

ここではプラグインの機能の選択範囲の設定ができます。

 

All contents:

 

すべてのコンテンツ

 

 

Post contents:

 

投稿欄

 

 

Comments:

 

コメント欄

 

 

All text widjets:

 

ウィジェット欄

 

 

Ignore links…に追加したURLは

プラグインの効果が加わらないということですね。

 

ここではデフォルトで

『//twitter.com/share』と入力されていますが、

このままで問題ありません。

 

 

Add to rel-attribute

ここではrel=の属性の追加をします。

 

nofollow

 

外部リンクのサイト評価をゼロに戻します。

ここは必ずチェックを入れておきましょう。

 

 

External

 

Javascriptの場合に使用します。

 

 

 

基本的には、上記画像の通りに

設定できていれば問題ありません。

 

 

 

設定ができれば、保存して完了です。

 

 

外部リンクを設定するには

必須のプラグインともいえる『WP External Links』ですが、

非常に簡単な設定でウィンドウ表示の選択や、

nofollowタグを自動でつけてくれるので大変便利ですね。