人生の転機に起きることで皆が誤解してるドン底という前兆のイラスト

 

人生の転機に起きることは、誰にとっても特別な瞬間です。

そして、人生の転機が起きる前には、必ずドン底のような人生を送るという前兆のようなものがあると言われています。

 

僕も過去を振り返ってみると、人生にとって大きな転機が起きる前には、失恋、いじめ、親しい人との喧嘩、家庭の借金など、何かしら大変な出来事があったように思います。

そして、その後で人生が好転するといったことを何度か経験をしています。

 

もしも、あのまま何も解決しなかったらどうなってたんだろう…

 

そんな風に考えるとゾッとすることもありますが、なんだかんだで人並みの生活ができてるんだから、今は『人生なんとかなるもんだ』って思うようにしています。

まぁ、僕のつたない人生経験を引き合いに出して申し訳ありませんが、世間で言われるような「人生の転機が訪れる前にドン底という前兆がある」という話には、少し誤解があるのではないかと感じるのが正直なところです(もちろん、誤解していない方もいると思いますが…)。

 

つまり、この人生の転機の前のドン底というのは、転機を迎えるための絶対条件ではなくて、たとえドン底を経験しなかったとしても人生は好転させられる、ということなんですね。

ではこれから、人生の転機に起きることについて、多くの人が誤解しているであろうことについて話をさせていただきたいと思います。

 

フォロラーフォロラー

人生の転機の前にはどん底があるって普通に思ってました

マーチマーチ

どん底を経験したから人生が良くなるという考えは、安易にラクな方へと流されるから危険なんだよ

人生の転機に起きることの誤解

人生の転機に起きることの誤解

 

人生の転機に起きることと聞いて、人はどんなことを想うのでしょうか?

人生の転機が訪れる前には、にっちもさっちもいかないようなドン底状態になり、そこから人生が好転していく…、そういう風に人はイメージするかもしれません。

これは要するに、外的要因が人生に大きな影響を及ぼし、それがきっかけで自分が生まれ変わって、めくるめく人生のストーリーが良い方向へと展開していくということですね。

実際、多くの人は自分の身に不幸が降りかかってきた時に、その外的要因が自分とは関係ないところから“突然”やってきていると考えるものです。

 

たしかに、そのこと自体は間違ってはいないでしょう。

ただ、多くの人が誤解しているのですが、実はその外的要因やドン底状態というのは、本当は自分が招いたものである、というところです。

そして、それでその後の人生が良くなったとしても悪くなったとしても、それも自分自身の思考や行動によって変わるということです。

 

たとえばサラリーマンの場合、マイホームを購入したばかりなのに、辞令で転勤を告げられたり、突然、会社が倒産したりすれば、かなりの確率で気分がドン底に落ちてしまうでしょう。

そういう時、つい自分は被害者だと思ってしまいがちですが、もし仮に、その後で脱サラして独立起業して成功すれば、それは結果的に人生にとっての良い転機となりますし、そのまま会社を恨んで腐ってしまえば、悪い意味で人生の転機となるでしょう。

それが正に『転機前兆のどん底』だったと言えば、そう言えるかもしれませんが、基本的にどん底を経験した後は、相対的に色々なことが良く変わっていくと考えてしまうものです。

しかし、決して『そうではない』ということですね。

 

フォロラーフォロラー

たしかに、どん底を経験したら後は良くなるとは言われますね…

マーチマーチ

どん底が良い転機の前兆だと勘違いするのは、相対的に良くなったと錯覚してるしてる部分もあるんだ

もうひとつ、恋愛を例にとってみても同じようなことがあります。

幸せな恋愛だと思っていたのに、ふとしたきっかけで相手が浮気をしていたことを知れば、世界が終わったような暗い気持ちになるでしょう。

しかし、その後に交際した相手が生涯の伴侶となれば、それが人生の転機だったと考え直すかもしれません。

ただ一方で、ずっと相手への未練が断ち切れず、自分が思い描いた未来と違う道を選択してしまう人もいるのです。

 

もちろんこれらは結果論ですし、100人いれば100通りのストーリーがあって然るべきでしょう。

しかしながら、ただひとつだけはっきりしていることがあります。

それは、生の転機もドン底の人生も、他でもない自分が招いたことだということです。

つまり、人生の転機に起きることも、その前兆と言われるドン底の人生も、すべて自分が引き寄せた出来事なのです。

 

どのような出来事も冷静になって考えてみると、100%運命が悪いとは言い切れないところが多いと思いますし、その事自体、避けようと思えば避けられたことかもしれないのではないでしょうか?

 

でもそれってタラレバじゃね?

 

そうツッコまれるかもしれません。

もちろん、そういうケースもあるでしょう。

ただ、一歩退いたところで冷静に過去を振り返ってみると、人生のドン底も自分の注意がけ次第で、避けられた可能性があることに気づくのではないかと思うのです。

転機の前兆であるドン底の真実

転機の前兆であるドン底の真実

 

人生の転機が訪れる前に、前兆としてドン底状態に陥るという話がありますが、これまでの話をまとめると、要するにそれは『身から出たサビ』である場合が多いのです。

冒頭でもチラッと出しましたが、僕自身が過去に経験した、失恋やいじめ、親しい人との喧嘩、借金を返す日々などは、はっきり言って二度と経験したくありません。

もちろん、それは僕だけではなく、できるだけ他の人にも同じような人生を歩まないようにと思うことがあるくらいです。

「きれい事を抜かすな!」と言われると困るんですけど、本音ではもうドン底の人生は懲り懲りだと思っています。

 

それに、どのような形だとしても、ドン底状態というのは精神的に強いストレスがかかるので、できるだけ早くその状態から脱出しなければいけません。

マジで病むかもしれないからです…。

 

よくスポーツ選手がスランプに陥ることがありますよね。

いつもできていたことが急にできなくなり、自分では解決できないまま不安な日々を過ごすことなるので、ぶっちゃけ、どん底を迎えたことをきっかけにそのまま引退する人も少なくありません。

もちろん、そこから不死鳥のように復活を遂げる人もいますが、それはどん底を経験したことによって我が身の至らなさを知り、改善への道を進んだ一握りの人たちだけなので、どん底自体が、決して良い意味での人生の転機とは言えないのです。

要するに、ただ耐えているだけの人には、押し寄せてきたマイナス部分を覆すだけの転機というものは期待できないのです。

 

よく成功した人が、「成功する前に人生のドン底を味わった。アレがあったから成功できた」と口にすることがあります。

それはある意味合ってるのですが、それ以上にずっと人生のドン底から抜け出せない人も多いことに目を向けなければいけません。

メディアは、ドン底を経験した人がV字回復したというストーリーを伝えたがりますが、やはりそれは普段から自分を省みることができる強靭な精神力の持ち主であることが前提というケースがほとんどです。

 

結論を言うと、ドン底は避けるべきなんです。

 

ネガティブな波には、トコトン抵抗していかなくちゃならない。

できれば、ネガティブな波が大きくなる前に、それを抑えていかなければならないのです。

そして、これこそが正しい道なんですね。

 

僕たちは、安易に『ドン底⇒V字回復』のサクセスストーリーを期待する前に、まず『そのドン底状態を作ってしまうのは自分である』という自覚と、そこから回復できる人は少数派であることを理解しておかなければいけないのです。

もし、あなたが今、ドン底状態なのだとしたら、僕の言っていることはかなり辛辣な内容に思えるかも知れません。

願わくば、素直な気持ちで話を読んでいただきたいと思っています。

 

人生がドン底状態になる前には、必ずそこへ向かわないようにするためのサインがきています。

つまり、あなたの人生がドン底に陥らないために、色々な人からアドバイスされていたり、自分の直感がストップをかけていたり、そういった瞬間が必ずあるということです。

そういうサインを無視し続けると、自らどん底というステージへと歩んでいくことになるでしょう。

 

僕自身、失恋をした時は、恋人に対して感謝が少なかったと反省しています。

いじめに遭っていた時は、きっと他人から見てどこか嫌な性格だった部分もあったと思います。

親しい人と喧嘩した時も、我が身可愛さが勝ってしまっていたのでしょう。

家庭の借金で困った時も、自分ことしか考えない自己中心的な生活をしていた部分があったことは確かなのです。

 

トラブルが起きた時は、このような自覚がありませんでした。

ただ、今冷静になってその時のことを振り返ると、反省すべき点だらけです。

他にドン底とは言わないまでも、サラリーマン時代の上司との相性が悪かったことや、不摂生がたたって体調を崩したことなど、そこに至る前に色々と対処できることはあったのに、事あるごとに理由をつけて無関心を装っていた自分が必ずいたのです。

 

ドン底な人生を迎えてしまう理由は、不安や責任から無関心さを装って抵抗するからに他なりません。

つまり、『我、関せず』の姿勢で問題を先送りにする人生を送った結果、自分自身でドン底の人生へと歩んでいってしまったのです。

 

そして、最悪な状況を迎えたとしても、無関心を装い続ける限り、それが良い意味で人生の転機となることはありません。

それが真実なので、次第ににひねくれた物の見方しかできなくなり、益々、自分自身に巣食う問題の原因に気づけなくなる悪循環にハマってしまうようになるのです。

 

マーチマーチ

あらゆる原因は自分の中にあると考えないと、どんどん悪い方へ向かってしまうんだ

フォロラーフォロラー

そうなる前に届くサインを見逃さないようにしなきゃダメですね

人生の転機のためのドン底など必要ない

人生の転機は行動すること

 

人生の転機にドン底は必要ありません。

たとえ平凡な日常だとしても、自分の中のやる気スイッチさえ切り替えることができれば、やがてどこかで人生の転機となることが起きるからです。

結局、人生の転機に必要なのは、ドン底な状態ではなく自分自身の気持ちなのです。

そうであるならば、わざわざ人生の転機を迎えるためにリスクの高いドン底状態を求める必要はありませんし、それはまったくの遠回りだと言わざるを得ません。

 

ドン底を迎えるのは、心の中で『無関心』というスイッチが入っているからです。

ただ、気持ちが無関心から『自覚⇒行動』へと切り替わるきっかけが、ドン底という状態だったという人がいるだけの話なので、そこに至る前に『自覚⇒行動』というステップに進むことができれば、もっとスムーズに人生の転機を迎えることができるということですね。

 

たしかに、人生には行動力があってもドン底に落ちてしまう人もいます。

しかし、『行動する』というスイッチが入っている限り、必ずどこかで人生の転機となるチャンスを自分の力で引き寄せ、V字回復のストーリーを送ることができるはずです。

今回の話をまとめると、ドン底状態だけが人生を好転させる前兆ではなく、むしろそこで腐ってしまうリスクもあるので、そこはしっかりと注意する必要があるということですね。

 

最後に、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』という本で、著者の藤野英人さんが「谷底の神父」という興味深い話をしていたので、ひとつここで紹介しましょう。

ある谷底に教会がありました。その教会の神父さんは、何十年もその地域のためにお祈りを捧げていました。

あるとき、何百年に一度という大洪水が起こりました。どんどん水があふれてきます。

村人が教会にやってきて、「神父さん、早く逃げましょう。山のほうに行けば助かります」と言いました。

しかし、神父さんは「大丈夫です。私はずっと神様を信じていますから、絶対に奇跡が起こります」と言って谷底の教会に残り、お祈りを続けました。

ところが、洪水の水は一向に引く気配がありません。ついに水が教会の敷地内にまで入ってきました。

すると、ボートに乗った村人が教会にやってきて、「神父さん、危ないです。このボートに乗って逃げましょう」と助けにきてくれました。

それでも、「いや、大丈夫です。必ず神様が助けてくれますから心配しないでください」と神父さんは言って、屋根の上でお祈りを捧げています。

いよいよ、水が屋根にまで上がってきました。神父さんは屋根の先端の十字架の上まで昇って、お祈りを続けました。

今度は、村人がヘリコプターに乗って、神父さんを助けに来ました。縄ばしごを垂らして、神父さんに「神父さん、死んでしまうから、はしごにつかまってください!本当に助けたいんです!」と懇願します。

しかし、神父さんは「大丈夫です。いまはこういう状況ですが、必ず神様が助けてくれます」と言って、村人の助けを断ります。

結局、神父さんは死んでしまいました。

何十年もお祈りを捧げていたので、天国に行けることになったのですが、天国の入り口で神様に質問をします。

「私はずっと神様のためにお祈りをしてきたのに、どうして奇跡は起きなかったのですか?」

すると、神様は答えました。

「三回も助けをやったぞ」と。

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

 

つまり、今回の話で何が言いたかったのかというと、人生の転機は自分で起こすものだということですね。

 

マーチマーチ

何か嫌なことが起きた時は、すべてを外的要因のせいにせず、自分にもっとできたことがないか考えるくせをつけるといいね

人生は長いので、一度や二度のドン底は経験するかもしれません。

しかし、そこに至るまでに、色々なところからそれを避けるためのサインが出ています。

 

自己中心的すぎたり、無関心を装いすぎたりすると、その先に予期せぬことが待ち構えることになるかもしれません。

結局、いま自分がどんな状況にいるとしても、それは自分の行動が引き起こした結果だということを忘れないようにしましょう。

 

人生の転機に起きることがあるとするならば、それはあなた自身が無関心のスイッチを切り、行動を起こすことに他なりません。

直接的にしろ間接的にしろ、ドン底状態はただのきっかけであり、最悪な状況から抜け出すために必要なのは、結局のところ、自分の行動以外にあり得ないということですね。

 

とりあえず、行動しましょうぜ。

 

【お知らせ】

今回の『人生の転機に起きることで皆が誤解してるドン底という前兆の話』は、僕自身がこの3年間で200万円以上自己投資し、実際に役に立ったマインドセットのひとつです。

このように人生の役に立つ60個のマインドセットを含めた、初心者からでもインターネットを使ってビジネスを始められるノウハウ『アフィリマーチ』を、現在、僕のメール講座(無料)の受講者限定でプレゼントしています。

興味のある方は、この機会にぜひ受け取ってみてくださいね。

 

フォロラーフォロラー

ビジネスだけじゃなく、自分らしく生きたい方にも役に立つコンテンツが盛り沢山ですよ♪

アフィリマーチは、下記フォームよりどうぞ!