トレンドアフィリエイト絶対必須のSEO対策

今回は、トレンドアフィリエイトにおけるSEO対策で絶対に必要な7つのポイントについて話をします。

 

SEO対策とは、かんたんに言うと「投稿する記事を狙ったキーワードで検索上位表示させる取り組み」のことですね。

SEO対策については、SEO対策とは?ネットビジネス初心者にわかりやすく解説!を参考にしていただきたいのですが、基本的にインターネット上の記事コンテンツの良し悪しというのは、検索エンジンの評価により決まっていきます。

 

ただ、検索エンジンには人間的な感情がなく、絶対にこれが正しいという評価基準を定めることもできないので、日々アルゴリズム(検索順位を決定する評価基準)をプログラム調整して、常に最適な検索結果をウェブ上に反映する仕組みになっています。

 

要するに、私たちは記事を書く時に、『人が読んで良いと思うもの』と『検索エンジンが読んで良いと思うもの』の両方を意識して書かなければなりません。

そして、人間ではなく、検索エンジンが読んで良いと思うものをトコトン追求していくのが『SEO対策』なのです。

 

ではこれから、トレンドアフィリエイトで記事を書く時に絶対に抑えておきたいSEO対策のチェックポイントについて見ていきましょう。

トレンドアフィリエイト絶対必須のSEO対策

トレンドアフィリエイトをする時に、「ここだけは絶対に避けて通れない」というのがSEO対策です。

SEO対策にも色々とあるのですが、今回紹介するのはトレンドアフィリエイトでライティングする時のSEO対策です。

 

これは、「記事を書く時に絶対必要な内部SEO対策」とも言い換えることもできますが、一度しっかりと『型』をつかんでおけば、自然とSEOを意識したライティングができるようになります。

そして、今回紹介するトレンドアフィリエイトで絶対必要な7つのポイントは以下の通り。

 

  1. 記事タイトル
  2. キーワード出現率
  3. 記事のボリューム
  4. 段落構成
  5. 装飾タグ
  6. 画像の代替テキスト
  7. オリジナリティ

 

まだ初心者のうちは、これらのチェックポイントを意識しながら記事を書くのは大変かもしれません。

しかしながら、これらを無視して記事を書き続けてしまえば、検索上位表示は本当に運任せになってしまいます。そうなるとアフィリエイトでお金を稼ぐどころか、せっかく書いた記事が誰にも発見されずに、Webという海の藻屑となってしまうことになりかねません。

 

ただ、これはどんなジャンルにおいても通用するライティングのSEO対策なので、この型をしっかりと身につけておけば、ネットビジネスをする上で非常に役に立つスキルとなります。

特にトレンドアフィリエイトは、ライティングSEOの型を身体で覚えるのに適しているので、ガンガン作業していくうちに無意識のうちにSEO対策に則ったライティングができるようになるはずですよ。

SEO対策のイメージ

 

前置きが長くなりましたが、これからひとつずつ詳しく解説していきましょう。

1、記事タイトル

記事タイトルは、ライティングのSEO対策の中で最も重要な部分です。

検索者は記事タイトルを見て記事内容を読むかどうか判断するので、検索エンジンもそこを重要視しています。

つまり、記事タイトルに狙ったキーワードを入れて簡潔に内容を伝えることは、SEO対策としては絶対に外してはならないポイントと言えるでしょう。

 

逆に言えば、どれだけインパクトのある記事タイトルを思いついても、検索した時に上位表示させたいキーワードが入っていなければ意味がないということですね。

記事タイトルのつけ方やSEO対策については、下の記事を参考にしてみてくださいね。

 

⇒トレンドアフィリエイト|記事タイトルのつけ方をわかりやすく解説

2、キーワード出現率

検索エンジンが記事情報を読み取る時は、その記事本文にどんなキーワードがどれだけ出てきたか(出現率)を抽出し、検索結果に反映させていきます。

 

たとえば、「大阪 お土産 おすすめ」というキーワードを狙って記事タイトルをつけたのに、本文中にこれらのキーワードがほとんど使われていなければ、検索エンジンは「???」状態になります。

実際に読んでみればテーマに沿った内容だと理解できても、検索エンジンは単純にキーワードの出現率で記事タイトルと本文の整合性を判断するので、狙ったキーワードはある程度本文中に散りばめていく方が好ましいのです。

 

ただ、これみよがしに同じキーワードばかり使いすぎると、逆に「SEO狙いで上位表示させようとしてるコンテンツ=スパム」と判断されてしまいます。

一般的には、狙ったキーワードは本文中に5%前後使うのが良いとされていますが、一番ダメなのは狙ったキーワードをまったく使っていないということなので、くどくない程度に自然に使っていれば問題ありませんよ。

 

そして、キーワードはなるべく代名詞を控えることも大切です。

代名詞とは、「彼」「彼女」「これ」「それ」「あれ」といったものですね。

代名詞を使うことで文章が読みやすくなる部分はあるのですが、狙ったキーワードで代名詞を使ってしまうと検索エンジンはその代名詞が何を指しているのか判断しづらくなります。

 

狙ったキーワードで「彼」「彼女」「これ」「それ」「あれ」と言い換える表現は使わず、なるべく固有名詞から始まる文章を意識してキーワードの出現率を高めていきましょう。

3、記事のボリューム

記事のボリュームは、「文字数」と「質」に分けて考えていきます。

文字数は単純で、1000文字の記事より5000文字の記事の方がSEO的に強いということですね。

記事の質は、ただ単純に文字数を増やすだけでなく、ちゃんと検索ユーザーに最後まで読んでもらえるような内容になっているかどうかということです。

 

質の悪い記事は最後まで本文を読まれずに離脱されてしまいますが、質の良い記事は最後までしっかりと読んでくれるので、必然的に検索ユーザーのサイトの滞在時間が伸びていきます。

検索ユーザーのサイト滞在時間が長くなれば、検索エンジンからのサイト評価が上がって検索上位表示させやすくなります。

 

つまり、文字数と質のを向上させて記事のボリュームをアップさせていくことで、記事的にもサイト的にもSEOがどんどん強化されていくということですね。

4、段落構成

段落構成とは、記事内に見出しタグを設けることです。

見出しタグをつけることは、読者にとって見やすくなるだけではなく、検索エンジンへわかりやすい文章構造を伝えるにも一役買ってくれます。

 

ここで気をつけたいのは、段落構成を整えるということ。

図にすると以下のようになります。

見出しタグの使い方を示したイラスト

 

記事コンテンツにおける段落は、よく「見出しタグ」と言われています。

見出しタグは、大きいものから小さいものへ内包するように使っていくのがルールとなっているので、それに逆行するような使い方をしないようにしましょう。

間違った見出しタグの使い方をすると、文章構造がわかりにくくなって検索エンジンからの評価も下がってしまうからです。

 

余談ですが、見出しタグを装飾タグのような「雰囲気使い」をすると、よく間違った使い方になってしまうので、「きちんと段落を整えて記事を読みやすくする」という意識を持っておくと良いでしょう。

5、装飾タグ

装飾タグというのは、文章を太字にしたり色を付けたりして強調するタグのことです。

私のサイトでもよく文字を強調して重要な箇所を視覚的にアピールしていますが、このような装飾タグはくどくない程度使っていった方が読みやすい文章となります。

 

実際、装飾タグに直接的なSEO効果はないと言われていますが、ただ黒文字の文章が文庫本のように連なっている記事よりは、ウェブ上の利点を活かして装飾タグを使った文章の方が読みやすくなるのは間違いありません。

すると、やはり訪れたユーザーの精読率が上がり、必然的にサイトの滞在時間も伸びていきます。

 

結論としては、装飾タグ自体にSEO効果がなくても間接的に良い効果があると考えられるので、文章の読みやすさを高めるためのアクセントとして装飾タグを使っていくようにしましょう。

装飾タグについては、WordPressプラグイン『TinyMCE Advanced』が使いやすいのでおすすめです。

 

⇒TinyMCE Advancedで記事作成を簡単に

6、画像の代替テキスト

記事に画像を載せることは、記事の見やすさとユーザビリティ向上のために良いとされています。

ただ、人間だとひと目でわかる画像も、検索エンジンにとっては何の画像が載せられているか判断できません。

ゆえに代替テキストを使って、記事に載せた画像がどのようなものなのか検索エンジンに情報を送らなければいけないのです。

 

『4、段落構成』で使った画像では、代替テキストは以下のように入力しました。

代替テキストを入力した部分

WordPressでは『メディアを追加』をクリックして画像を貼り付ける時に、代替テキストを入力することを忘れないようにしましょう。

代替テキストについては、下の記事を参考にしてみてくださいね。

 

⇒WordPressで画像を貼る時は代替テキストに情報を入力しよう

7、オリジナリティ

最後に大事なのはオリジナリティです。

記事コンテンツにおけるオリジナリティは、SEOの大きな判断基準であり、ライバルとの差別化を図るために最重要なSEO対策と言えるでしょう。

但し、オリジナリティで勝負するためには、まずはここで紹介した1~6までのポイントを抑えておかなければ意味がありません。

 

私のトレンド記事もオリジナリティはかなり重要視していますし、他と被らない情報を記事コンテンツにできれば、単体キーワードで検索上位表示させることも可能となります。

普通に考えれば単体キーワードで検索上位表示させるのはかなり難易度が高いのですが、オリジナリティというのはそれを打ち破るくらいのSEO効果があるのです。

実際、一度でも単体キーワードで上がる記事になってしまえば、長期間安定的にアクセスを集める記事になりやすいので、基本的なライティングSEOをマスターしたらオリジナリティのある記事を意識するようにしましょう。

トレンドアフィリエイトのSEO対策まとめ

トレンドアフィリエイトのSEO対策まとめ

今回は、トレンドアフィリエイトのライティングSEO対策について紹介しました。

改めて7つのポイントを見てみましょう。

 

  1. 記事タイトル
  2. キーワード出現率
  3. 記事のボリューム
  4. 段落構成
  5. 装飾タグ
  6. 画像の代替テキスト
  7. オリジナリティ

 

まったくの初心者だと、これらをひとつひとつチェックしながら記事を書いていかなくてはなりません。

ですが、記事を量産していくうちに『型』は自然と身につくようになり、最終的には意識しなくてもSEOをベースにしたライティングでオリジナリティのある記事が書けるようになっていきますよ。

 

実際、トレンドアフィリエイトでのSEO対策は基本中の基本ばかりなので、それほど難しいことではありません。

ただ、やはり重要なのは『記事タイトル』です。

記事タイトルはライティングSEO対策でも最重要な部分なので、ここが崩れてしまうとうまく検索結果に反映されないことがあるので注意が必要です。

なので記事本文を書き終えたら、投稿する前に必ずチェックするようにしてくださいね。