情報発信ビジネスのやり方

今回は、情報発信ビジネスのやり方・流れについて話をしていきます。

 

「情報発信ビジネスってナンノコッチャ?」というレベルでここに迷い込んだ子羊さんは、ネットビジネスの始め方-初心者に情報発信ビジネスの魅力を解説-の記事から読んで頂くとより理解が深まると思います。

何にせよ、情報発信ビジネスは今後さらに拡大していくビジネスなので、この記事で基本を学び、全体像を掴んでおくと役に立つと思いますよ。

 

ではこれから情報発信ビジネスについて、初心者にもわかりやすいように解説していきたいと思います。

 

情報発信ビジネスのやり方

 

早速ですが、情報発信ビジネスのやり方を簡単に説明します。

 

まずはインターネット上にコンテンツ(記事や動画など)をアップロードし、情報を発信することで顧客リストを集めてメルマガに誘導

そこでステップメールなるものを使い、巧みなコピーライティング力で作成したセールスページ(LP、レターとよばれるもの)に誘導し、商品となる情報コンテンツを全力でおすすめする。

以上です。

 

 

ここでこの記事の『投稿ボタン』を押そうか一瞬考えましたが(笑)、それだとGoogleさんに内容の薄いクソ記事だと検索エンジンの海に葬られる可能性もあるので、もうちょっとわかりやすく解説しますね。

 

まず、情報発信ビジネスでよく使われる専門用語について見ていきましょう。

 

『コンテンツ』は、コンテンツとはネット上にあるブログ記事や動画、メルマガのこと。

 

『ステップメール』は、メルマガを登録してくれた人に向けて自動的に送られるようにプログラムされたメルマガのこと。メルマガに登録してくれた日から、2通目は何日後、3通目はその何日後、4通目はその何日後というように、送るタイミングがプログラミングされているということですね。

 

『LP(ランディング・ページ)』は、通称「レター」「セールスページ」とも呼ばれていて、ネットで商品を購入する時に出てくる商品の特徴やセールスポイントが書かれた長ーいスクロールページのこと。

 

情報発信ビジネスは、この3つをうまく仕組み化して自動的に収入が得られるようになるビジネスのことです。

 

マーチマーチ

このマーケティング手法は『DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)』とも呼ばれてるよ

フォロラーフォロラー

情報発信ビジネス=DRMということですね!

 

そして情報発信ビジネス(DRM)は、『集客⇒教育⇒販売』の3ステップで成り立っています。

 

【情報発信ビジネスの流れ】

ステップ1
まずコンテンツ(記事や動画)を沢山作って集客し、メルマガに登録してもらいます。

ステップ2
次にメルマガ登録してくれた人にステップメール(メルマガ)を流し、有益な情報を提供しつつ教育していきます。

ステップ3
そして最後に、LP(ランディング・ページ)を使って商品を販売をします。

 

この3ステップがひと通りの流れになるのですが、ここでポイントとなるのが『どのステップにおいてもしっかりと価値を提供する』ということ。

基本的に文章を使って、お客さんに「あなたから商品を買いたい!」と思ってもらうことが大切なので、ひとつひとつのステップでしっかりと価値提供していかないと、情報発信ビジネスはうまく機能しないことを忘れないようにしましょう。

 

参考記事
▶情報発信で重要なギブアンドテイクの本当の意味

 

以上が、情報発信ビジネスの全体像となります。

 

もう少し知りたい情報発信ビジネス!

もうちょっと知りたい情報発信ビジネス

 

何?
おかわりが欲しい?

ということで、
もう少し情報発信ビジネスについて
くわしく解説していきたいと思います(笑)

 

ここでは、情報発信ビジネスに必要なスキルについて見ていきましょう。

情報発信には、超重要と言われる3つのスキルがあります。

 

 マーケティング

 ブランディング

 コピーライティング

 

ネットビジネスではおなじみの三種の神器。

 

これらは情報発信ビジネスで月収7桁以上稼ぐために必要なスキルであり、自己投資してでも学ぶ価値の高いスキルと言えます。

では、これらをひとつずつ簡単に解説していきましょう。

 

フォロラーフォロラー

急にビジネス色が濃くなってきてついていけるか心配です…

マーチマーチ

横文字がばっかりだもんね(笑)ただ、主婦や学生でもうまくいってる人もいるし、基本的にみんな初心者から始めるからそこは安心だよ

マーケティング

情報発信のマーケティングイメージ

 

ネットビジネスに限らず、ビジネスにマーケティングは欠かせません。

ただ、情報発信ビジネスで初期実績を作る段階や、メンターから指導を受けている場合においては、大抵メンターの方がマーケティング戦略を考えてくれるので、あまり心配する必要はないでしょう。

 

マーケティングでは、集客お客さんが商品を買いやすいように順序立てていきます。

わかりやすく言うと『おもてなし』のことですね。

つまり、商品を売るためにどのように人を集め、どうおもてなしをして商品を購入してもらうかを考えることが”マーケティング”ということですね。

 

ブランディング

情報発信のブランディングイメージ

 

ブランディングは、あなたの価値をアピールすること。

つまり、あなたや商品の魅力を作っていくということですね。

はっきりしたキャラクターを確立し、インターネット上でその個性にファンが付けば、商品が販売しやすくなるでしょう。

 

たとえば同じ商品がそれぞれ別の人が売っていた場合、お客さんがどちらを選択するかは『販売者のキャラクター』で決まります。なので、差別化できるようなキャラクター設定を作り、「あなたから買いたい」という感情を引き出す必要があるということですね。

 

さらに、ブランド力を高めることによってライバルがいなくなるのも、ブランディングのメリットとなります。

いわゆるコモディティ化を防げるので、ブランド力は今後の情報発信ビジネスでは必須スキルと言えるでしょう。

※コモディティ化=オリジナル商品の市場価値が下がり、ありふれた商品になること。

 

コピーライティング

情報発信のライティングイメージ

 

コピーライティングとは、『人を動かす文章を書く』ということです。

インターネットは文章を使ってコンテンツを作ることが多く、メルマガやLP(ランディング・ページ)などはコピーライティング力があるかないかで成約率の高さが変わってきます。

つまり、お客さんに商品の良さをうまく伝えるための文章を書かなくてはならないので、コピーライティングは必須スキルということになります。

 

基本的な文章力は、初期実績作りでおすすめしているブログ収益化を実践することで身につけることができます。

ただ、コピーライティングは心理学的なテクニックを含んでいるので、非常に奥が深く、独学で学ぶのは難しいと言えるでしょう。

 

フォロラーフォロラー

情報発信ビジネスは、まず何かの初期実績を作ってから行うのが良いということですね!

マーチマーチ

これから初期実績を作るなら、まずはブログを作ってそれを収益化させるのがオススメ!

情報発信ビジネスって初心者でもできる?

情報発信ビジネスは誰でもできる

 

今回は、初心者にもわかりやすいように、情報発信ビジネスのやり方について解説してみました。

もちろん、情報発信ビジネスは初心者のままではちょっとハードルが高いので、ブログなどで実際に収益化した後で取り組むのが、一番スムーズで効率的ですね。

 

ひょっとしたら、中には「情報発信ビジネスって難しそう…」と思われた方もいたかもしれません。

しかし本質は、得意なことをネット上にアウトプットして、それをネット上で仕組み化して手間を省きながら、情報コンテンツを販売するだけのことです。

作業をすればするだけ楽になるし、資産となるコンテンツが貯まっていくことが実感できると思いますよ。

 

さらに、情報発信にはそれぞれの段階(初級・中級・上級)で需要があるので、ターゲットを初心者に合わせれば、無理なくこのビジネスを始めることができるでしょう。

そうすれば、学びながらネット上に資産となるコンテンツを貯めていくことができ、それが徐々に収益化していくので一石三鳥です。

 

これからインターネットを使ったビジネスは拡大化していくと予想されているので、今からなら初心者でも正しいノウハウに従って情報発信ビジネスをしていけば、結構な資産を作ることができるでしょう。

情報発信ビジネスで大事なのは、コンテンツでコミュニケーションする時代になってきていることを理解し、ネット上に資産を築いて仕組み化していくということですね!

 

今回はぜひ、このことを覚えておいていただければと思います。