ネットビジネスでマナーと気遣いのできる人たちのイメージ、イラスト

 

今回は、インターネットを使ったビジネスをする時のマナーについて話をします。

 

ネットビジネスに限らず、どの世界でもマナーを守る人は好感を持たれやすいですよね。

このように気遣いを行動に移せる人は、周囲からの協力も得られやすくなるので、ビジネスにおけるマナーというはとても重要となります。

 

しかし、インターネット上では匿名性が高く、そのためにフランクなコミュニケーションが日常化しているので、意外とマナーがおろそかにされがちです。

その延長線上で、ネットビジネスでもついマナーを忘れることがあるかもしれません。

 

ただ、どんなビジネスでも円滑なコミュニケーションができる・できないで大きな差が出てくるので、今回のマインドセットもしっかりと習得してくださいね。

 

ネットビジネスで気遣いができる人とは?

 

インターネットビジネスで、マナーを守り気遣いができる人は、はっきり言って得をします。

理由はとても単純で、インターネット上のコミュニケーションは非常に乱雑で、人は横柄になりやすいため、気遣いができる人というのは非常に輝いて見えるからです。

 

気遣いができる人というのは、つまり、『相手への思いやりを持てる人』のことですね。

ネット上のコミュニケーションは、文章でのやり取りが基本となるので、文章から相手への思いやりが伝わらなくては意味がありません。

たとえ自分の中で相手への思いやりがあったとしても、それを文章で表現できていなければ、相手から「常識がないやつだ」と受け取られる可能性があるからです。

 

たとえば、ヤフー知恵袋などは特徴的です。

ヤフー知恵袋は、何か疑問に思ったことや知りたいことを質問すれば、その答えになることを知っている人がコメントして教えてくれます。

しかし、その答え方(文章)には、かなりその人の性格が現れます。

 

内容が簡潔でわかりやすいものもあれば、くどい言い回しや説教など様々です。

誰かの疑問に対して、知っていることを答えることは親切な行為ですが、主旨からそれていたり、明らかに相手が気分を悪くするようなコメントになってしまえば、親切どころか嫌がらせになってしまいます。

 

しかしそれも、匿名でのやり取りだからできること。

もちろん、軽いノリでコメントしたり人に何か尋ねたりできるのはインターネットの大きなメリットですが、その近いノリでネットビジネスを始めてしまったら、明らかにマナー違反になるので注意が必要です。

 

ビジネスにおいては、インターネット上だとしても例外はない、ということですね。

 

ネットビジネス成功者の裏にあるもの

ネットビジネスの軽いノリ

 

すでにネットビジネスで稼いでいる人の中には、非常にフランクなノリの人がいます。

しかし、これからインターネットでビジネスをしようという人が、あのフランクさを真似をしてしまったら、完全にオフサイドです(アウトという意味です)。

 

なぜならば、ネットビジネスでフランクなノリを出しているのは、彼らが戦略的に打ち出しているブランディングだからです。

うっかり「あんな感じでいいんだ」と思ってしまうと、間違いなくマナーの『マ』の字も知らない非常識な人間だと思われてしまうので注意が必要です。

 

たしかにインターネットで稼いでいる人というのは、深いビジネスの知識を持ちながらも、組織には属さず、腕一本でやっていることもあって、かなり自由な雰囲気が出ています。

ただ彼らの成功は、泥臭い努力を重ねて手に入れた経済的自由・時間的自由・精神的自由から生まれたものなので、決して「楽して大金を儲けたぜ、ウェーイ♪」的なノリではないのです。

 

当然、初心者がいきなりあのノリでビジネスができるわけではありませんし、彼らをメンターとして教えを受ける立場に回った時は、マナーを軽んじて良いことは何一つありません。

「こいつは何もわかってないな」と思われるのがオチです。

 

それに、メンターは友達ではないので、ちゃんとマナーを守ってコミュニケーションを取るべきなのは言うまでもありません。

いやマジで。

 

マーチマーチ

やっぱり性格の良い人に成功してもらいたいというのは皆が思ってることだよ

フォロラーフォロラー

自分のことばっかり考えてるとうまくいかないのね…

ネットビジネスで気遣いができる人の行動を学ぶ

気遣いができる人の行動

 

ネットビジネスは、初期投資がほとんどかからないのが嬉しいメリットですが、参入障壁が非常に低いため、かなり軽いノリで入ってくる人も沢山います。

もちろん、それ自体は問題ないのですが、その延長線上でマナーを守れないのはやはり問題です。

 

たとえば、スカイプやメールで、挨拶もそこそこでいきなり質問攻めをするというのは『論外』ですよね。

もちろん、これはたいてい皆クリアしていることですが、問題なのはその返信に対する返信です。

これはつまり、『あなた⇒相手⇒あなた』という1往復半目のメールやスカイプの返信のことですね。

この返信に対する返信はマナーとしてすべきことですが、この時の返信内容で損をしている人が非常に多いのです。

 

とにかく大事なのは、インターネット上で誰かとコミュニケーションをとる時に、相手から『気遣いができる』と思われるような人になるということです。

 

実際、普通にマナーを守るくらいのことは、ネットビジネスで本気で成功を目指す人ならたいていはクリアできていることです。

しかし、気遣いができる人となるとその数はグッと減るので、ここで気遣いができる人はそれだけで相手から輝いて見えます

つまり、相手から力になってあげたいと思ってもらえるので、結果的に今後のビジネスもスムーズになりやすいということですね。

 

では一体、ネットビジネスでの気遣いとはどのようなものでしょうか?

 

たとえば、あなたがメンターから何か役に立つ本を薦められたとしますよね。

当然、あなたはその本を読みます。

 

その時に、ただ本の感想をメンターに伝える人は普通です。

本当に気遣いができる人なら、メンターに対して「あの本を読んだことで自分の未熟さに気がつくことができました。このような本を薦めてくださった◯◯さん(メンター)のおかげです。本当にありがとうございます」と言うのです。

 

気遣いというのは、まず他人に関心を向けることが基本となります。

こんなことを言ってしまうとアレですが、「本の内容がどうだった…」なんてどうだっていいのです。なぜなら、それは自分自身の感想であって、あなたのためを思って本を薦めてくれた相手の気持ちを汲み取れていないからです。

気遣いというのは、まず先に相手を尊重する気持ちのことなので、そこが抜けている人は相手からも尊重されることはありません。

 

マナーは、このような気遣いを形式化したものですが、ビジネスに携わる身としてやっていこうと考えているのであれば、このように一歩先を見て行動するようにしましょう。

 

ネットビジネスで成功する人の気遣い

ネットビジネスで気遣いができる人

 

もし、ネットビジネスで誰かから指導を受ける時は、定期的な『報連相(報告・連絡・相談)』を率先して行なうようにしましょう。

 

特にメンターから指導を受けることになった時でも、経緯を伝えずにいきなり大雑把な質問をするといったことはNGです。

というのも、メンターはあなた以外にも多くのコンサル生を抱えていることが多いので、普段から連絡を取っていない場合、前後関係がわからずに余計な気を遣わせてしまうからです。

 

メンターも人間なので、気遣いができるコンサル生にはやはり目をかけようと思うし、気遣いができるようになると次第に客観的な視点が磨かれていくので、それがビジネスに好影響を及ぼすようになって非常に良いスパイラルが生まれます。

 

それに、徹底して『報連相』を行うと、それが自然と自分の作業を振り返る行為となるので、こちらもビジネスにとって良い影響を与えてくれるでしょう。

そして、メンターに定期的な作業報告をする時は、『返信不要』の一言を入れるなどすると非常にポイントが高いし、相手からも気遣いができる人だと思ってもらえるでしょう。

メール・マナーについては、下の記事も参考になるので、ぜひご覧いただければと思います。

 

▶好感が持たれるネットビジネスのメール返信マナーを身につけよう!

 

 

興味深いことに、ネットビジネスで成功する人は、自然とこのような気遣いができる人が多い印象があります。

でも、よく考えたら当然です。

匿名性が高く、相手への気遣いが希薄になりがちなインターネット社会で、常に相手のことを考えて行動する人は良い意味で目立つからです。

 

そして、気遣いができる人は、周りから協力を得られやすいということですね。

 

マーチマーチ

ぶっちゃけ、ビジネスではえこひいきしてもらうことが大事だよ!

フォロラーフォロラー

些細な気遣いのひとつひとつが、結局自分に返ってきてるということですね!

今回は、ぜひこのことを覚えておいていただければと思います。