素直な人、イラスト、血小板ちゃん

 

インターネットを使ったビジネスに限らず、どんな分野でも成功を手にするためには『素直さ』が重要です。

実際、素直な人は成長が早いというのは、誰もが感じていることなのではないでしょうか?

 

今回は、そんな共通認識である素直さについて、改めてその重要性をわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

素直だったらもっと伸びていたかもしれない?

 

インターネットを使ったビジネスを長く実践していると、多くの成功者たちから話を聞く機会に恵まれるかと思います。

彼らが成功する前のことや、指導者という立場から成功する人の共通点の話などを聞くと、やはり『素直であることが大切』と口を揃えます。

そして、判をついたように『素直な人は成長が早い』と答えるのです。

 

おお…、耳が痛い(笑)

サラリーマン時代の僕は非常に我が強く、あまり素直な人間ではありませんでした。

周りの人たちから見ても、色々とやりにくい男だったと思います。

 

我が強いというのは、素直じゃないということ。

「あの頃、もう少し素直だったら・・・」と思うことはありますが、我の強い性格というのはなかなか自分からは見えないものです。

ネットビジネスを始めた時も、僕は手にしたノウハウを適当に流し読みし、自己流でブログを収益化しようとしていました。

 

こんな感じで記事を書いて
適当に広告貼ってりゃなんとかなんだろ…

終始こんな考えで、
がむしゃらに記事を投稿しまくってたのです。

 

しかし、まったく成果が上がりません。

いよいよ観念した僕は、
コンサルを受けたことをきっかけに
とことん素直にやってみようと決心しました。

(実際、叱られたんですけどね・笑)

 

すると、素直に学んだことが功を奏し、
初心者の状態だったにも関わらず、
2ヶ月で月収10万円を達成させることができたのです。

 

成功への道には、成功者たちが口を揃えて語る共通項のようなものがあります。

最速で成功への道を駆けていくには、その共通項(成功法則)を素直に学ぶことが大切。もちろん、それを1つずつ手探りで探すことも悪くはないですが、時々、彼ら成功者の声に耳を傾けると、良いテンポで夢へと走っていくことができますよ。

 

視野が狭いとうまくいかない

視野狭窄だとうまくいかない

 

実力が高い人やいわゆるメンター(師匠)には、自分には見えていないビジョンが見えています。そのビジョンとは、つまり、あなたの中に眠っている可能性のこと。

メンターがいれば、あなたの可能性を開花まで導いてくれるかもしれません。

しかし、素直さがなければメンターが示すビジョンを認めることができず、成功まで試行錯誤しながら遠回りすることになるでしょう。

 

僕たちが何かを成し遂げたいと思った時、初心者だったり未熟だったりの状態で、将来のビジョンを明確に見据えるのは難しいものです。

だからこそ、自分より経験値の高い人や、見識の深い人の意見が光明となって、僕たちは迷うことなく成功への階段を駆け上ることができるのです。

 

自分の中で『この人から学びたい』と思ったのにうまくいかない時は、たいてい自分の我が強さが原因となっているので、まずはそこを自覚することが大切です。

もちろん、色々と言い分はあるでしょう。

だけど、そこで責任転嫁してしまえば、自分の成長が遅れてしまうだけなのです。

 

フォロラーフォロラー

お互い良い関係を築いていかなければダメですね…

マーチマーチ

実際、メンターとの信頼関係が築けている人ほどうまくいく傾向にあるみたいだよ

例えば、煙草のポイ捨ては良くないことですよね。

一般的な共通認識として、公共の場ではマナーを守り、不快な行為を慎むのが常識だからです。

しかし、視野が狭いと、

「自分がポイ捨てしたくらいで街は汚れない」

という、残念な発想を持つことがあります。

 

実際、視野が狭いと、常に自分を特別扱いしてもらいたいという気持ちが強くなって、自然と我が強くなっていきます。

逆に、広い視野を持って心に余裕が出てくると、煙草のポイ捨てに対して、「吸い殻を拾う人が大変だな」とか「街を汚したらいけないな」とか「子供がポイ捨てを真似したらダメだな」とか、いろいろな角度から状況判断ができるようになってくるものです。

当然、ビジネスで成功するためには、広い視野を持つ必要があることは言うまでもありません。

 

視野が狭い時には気づけなかったこと。そこに気づきをもたらすには、自分で客観的視点を持つか、信頼できる人からアドバイスをもらうしかありません。

メンターは、自分にない客観的視点から成功へとつながるアドバイスをしてくれるので、そこで自分が素直になれなければ、彼らの存在意義は無に帰すことになります。

 

自分の中で達成したい目標の道標があり、それを素直に学ぶことができれば、話はそんなに難しいことではありません。

ただ、日常の不満やストレスを抱えていると、人は素直になれないもの。特に世の中に失望を覚えた経験のある人間というのは、自分にさえ素直にはなれないことだってあります。

 

ただ、はっきり言ってしまうと、そのスタンスではうまくいくものもうまくいきません。

成功を求めるのであれば、一旦自分の意見を脇において、素直な心で学ぶことも必要なのです。

 

ここで重要なのは、学ぶ側にも指導される力が必要だということ。

つまり、素直に聞いて実践する力がなければ、どんなに役に立つノウハウも活かすことはできないということですね。

 

ビジネスは義務でもなければ、会社でお給料をもらうためにするものでもありません。

学校や会社で何かを学ぶ時に、先生や上司を自分で選ぶことはできませんが、インターネットでビジネスを学ぶ時は自分でメンターを選ぶことができるのです。

だからこそ、『この人だ!』という人が見つかったら、素直になってトコトン学ぶことが大切だということですね。

 

『素直さ』の重要性

素直さの重要性

 

ネットビジネスで成功を目指すなら、素直さは強力な武器になります。

例えば、訪問販売や対面ビジネスで成功するのはセンスが必要です。

相手の呼吸に合わせ、限られた時間で自社製品の良さをアピールしなければならないので、非常に難易度が高いと言えるでしょう。

 

一方、ネットビジネスは、基本的にPCに向かって作業するので、接客や対面ビジネスのように緊張感の伴う営業などがなく、その分、難易度はグッと下がるでしょう。

但し、営業サラリーマンと違い、すべての責任が自分にのしかかってくるので、そこは一長一短となります。

 

そして、ビジネスを学ぶ時に素直さを持つと、成功へのスピードが格段に上がっていきます。

 

たとえば、ノウハウを自己流で実践するのと、メンターから指導を受けながら実践するのとでは、間違いなく後者の方が早く成果が出ます。

おそらく、ビジネスを始める時に、効率の悪い方を選ぶ人は少ないでしょう。

実際、同じ結果が得られるのであれば、あなたが相手に何かを求める立場だった場合、必ず相手に効率の良い方を求めるはずです。

 

興味深いことにネットビジネスで稼げない人は、かなりの確率でノウハウに沿って実践していないか、自己流のアレンジを加えてやっています。

「そんなことノウハウに書いてあった?」

というようなことをやってたりします。

 

フォロラーフォロラー

たしかに後でノウハウを見てハッとすることがあります…

マーチマーチ

基本的なことはすべてノウハウに書いてあるから、まずはしっかりとノウハウを実践していくことが大切だね

まともな情報商材なら、本当に心血を注ぐくらいの気持ちで作られてあります。

ギャンブル的要素を極力排除し、できるだけ再現性が高くなるように、その人が持つ最高のノウハウがそこに凝縮されているものです。

 

ただ、素直さがなければ、どんなノウハウも活かすことはできません。

これは、初心者であればなおさらのことです。

視野が狭いと我が強くなり、目の前のチャンスに気づけなくなってしまうので、誰かに何かを学ぶ時は注意したいものですね。

 

僕もそうですが、年を取れば取るほど素直さが失われていくので、ぜひ意識して今回の話を活かしていただければと思います。