人生好転マーチ
愛すべき人を守る堂々とした自分を創ろう!
マインドセット

バカと天才は紙一重の本当の意味とは?成功者との決定的な差について

人生好転マーチ無料メール講座の家族イラスト付き案内
 
 

※登録されたメールアドレス宛にプレゼントをご案内します。
『@icloud.com』でのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスを作る際はGmailもしくはYahooメールがおすすめです。
※常識的におかしな名前でのご登録は、こちらから解除させていただく場合があります。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。

成功者が持つ紙一重の差イメージ

 

「バカと天才は紙一重」という言葉があります。

あなたはこの『紙一重』の差について
考えたことはあるでしょうか?

 

実はこの紙一重の差の正体とは

人の役に立つこと

なんですね。

 

なんか凄いことをやってそうだけど、
それが誰の利益にもつながってなければ
「バカ」というレッテルを貼られるわけですが、
それがバカと天才を分ける紙一重の差なのです。

この話は、これから成功を目指す人にとっても
きっと役に立つ話だと思います。

ぜひ、この先も楽しんでお読みくださいね♪

『バカと天才は紙一重の本当の意味』を動画で解説

 

バカと天才は紙一重の差の内容については、
アニメーション動画でも解説しています。

比較的わかりやすい内容となっていますので、
まずはそちらからご覧くださいね!

 

バカと天才は紙一重の意味

 

「バカと天才は紙一重」という言葉は、

「天才とは普通の人が思いつかない発想から
優れた研究や素晴らしい作品を生み出すが、
その発想があまりにも常識とかけ離れているので、
常識を知らないバカと見分けがつかない」 

という意味で使われています。 

 

要するに、おバカな人を見た時に

「なんか惜しいっ!」

って感じちゃうんですよね(笑)

 

「バカ」と「天才」を見比べた時、
その惜しい部分が紙一重くらいの差に感じる。

けど、それが何かはわからない…。

何かわからないけど凄い気がしなくもない。

そんな時に人は

「バカと天才は紙一重だね」

という言葉でその場を濁すのです。

 

バカと天才を分ける『紙一重の差』とは?

 

先ほどは、バカと天才を分ける紙一重の差が
よくわからないからこの言葉を使うと話しました。

でも、本当は
それが自分の利益に繋がるなら
もうソッコーの速攻で

「お前天才かよっ!」

ってなるはずなんですよね。

そして、そう思ってくれる人が沢山集まり、
称賛や感謝が集まれば「成功者」となります。

 

沢山の称賛や感謝が集まれば成功者になるイラスト

 

別にその時にわからなくても、
他人がその人に価値を見出したり
多くの人が称賛をし始めたりすると、
バカも天才に変わっていくのです。

 

そして、その差の正体が

人の役に立つ

ということなのです。

 

同じことをしていても、
人の役に立つことをしていれば「天才」で、
人の役に立たないことをしていれば
「バカ」と呼ばれてしまうということですね。

自己満足の世界に生きるのであれば
他人からの評価は特に必要ありません。

しかしそれでも、
何か自分の満足することを成し遂げた時に
それが他人への感動へとつながったり、
その努力が称賛に値したりするようなものであれば、
相手からの評価はバカと天才くらい
大きく変わってしまうものなのです。

 

バカと天才を分ける紙一重の差のイラスト

 

じゃあ、バカと天才から
「人の役に立つ」という部分を引いたら
こんな答えが浮かび上がってきませんか?

 

好きなことを一生懸命する人

 

バカも天才も、自分の好きなことを
一生懸命やっているだけかもしれません。

あとはそこに「人の役に立つ」という
エッセンスが入っているかどうかの差。

つまり、好きなことを一生懸命やって、
それが誰かの役に立ったり
誰かの感動へとつながったりすれば、
あなたの人生が素晴らしいものに変わっていきます。

成功者との決定的な差に気づく

 

「天才」という言葉は、
人によっては敷居が高く感じるかもしれません。

「天才」はかなり特別な存在であり、
身近にはなかなか居ないものだからです。

ただ、半分本気・半分冗談くらいのノリで、
自分のことを天才と思うことに遠慮は要りません。

実際、天才になれなくても
普通の人が成功者になることは十分可能なので、
今回の話も「失敗」と「成功」という言葉に置き換えて
人の役に立つ自分を目指していくのもいいでしょう。

 

「自分」と「成功者」

 

もしも、自分に何もないと感じているなら、
「誰かの役に立つ存在になる」という
一枚の紙を自分の脳にインストールしてみてください。

あらゆる行動を

「人の役に立つために」

という視点で見てみる。

すると、あなた自身の行動の一つひとつが
他人から感謝されるものへとつながっていきます。

そして、そのつながりこそが
あなたを成功へと引き連れていってくれるのです。

 

僕もネットでお金を稼ぎたいと思った時、

  • どう効率よく成功するか?
  • どう月収100万円達成するか?
  • どう良い情報を手に入れるか?

そんなことばかり考えていました。

 

はっきり言って“自分のことばかり”です。

 

しかし、ビジネスの勉強を進めるうちに

『ビジネスは価値提供である』

という言葉を目にするようになりました。

恥ずかしながら、当時の自分は
この言葉をよく目にしていたにも関わらず、
その意味についてあまり理解していませんでした。

でも、「それが全てだ!」というくらい
ビジネスの成功はこの言葉に集約されています。

 

4つの大切な他者への価値提供を描いたイラスト

 

自分のために何かをするのは当たり前なので、
思考の基点が「他人への価値提供」になければ
何をするにも“上滑り”してしまうからです。

 

そりゃもう…

ツルッツルに滑ります。

 

だから走っているように見えて、
自分のことしか考えていない人は前に進めません。

成功者は、そうでない人との決定的な差が
そこにあることを、ちゃんと理解しているのです。

人の役に立つことを考えよう

 

ここまで話せば、
あなたが成功するためにすべきことは簡単です。

『人の役に立つことをする』

まずはそのために何ができるか
色々と自分で考えてみるのがいいでしょう。

 

人の役に立つとは、

  • 人に感動を与える
  • 人に利益を与える
  • 誰かの助けになる
  • 癒やしや勇気を与える

といったことですね。

 

自分の存在や行動、振る舞いが、
誰かにとって役に立つことなら
それが他人への価値提供となります。

普段の振る舞いであれば、
良い言葉を使ったり、
機嫌よく過ごしたりするだけでもOKです。

 

 

ブログを書くのであれば、
読者にわかりやすい文章を書いたり、
ニーズに応えたりするといった感じですね。

 

ブログのような個人ビジネスであれば、

「こんなわかりやすい記事が読みたかった!」

「そのキーワードの組み合わせの記事が読みたかった!」

「面白くて夢中で読んでしまった!」

とユーザーに思ってもらえれば
立派な価値提供となりますし、
それでしっかり収益が上がっていきます。

このように結果が数字となって
現れるのがビジネスの良いところですが、
たとえどんなジャンルであっても
人からそう思われるようなことを続けていけば、
きっといつか成功者となっていくはずですよ!

 

逆に言えば、
良いことをしているつもりでも、
それが自分本位のものであるならば、
ただの変わり者と呼ばれるかもしれません。

ただ、バカと天才を分ける紙一重の差のように、
そこに気づかなければちょっとツラいですよね。。

なので『人の役に立つ』という
紙一枚分の思考を頭にインストールして、
普段の行動にこのエッセンスを注入していきましょう。

そうすれば、自然とあなたが求めるものも
手に入る日がくるということですね。

 

バカと天才は紙一重の記事のまとめイラスト

 

ちなみに、どんなことであっても
価値提供は先に行うことが大切です。

上記で紹介したツイートでもそうですが、
あなたが価値提供した事実を『貯め』た結果、
沢山の良いことが返ってくるからです。

ブログでも動画でもそうですが、
自分が効率よくお金を稼ごうと考えるのではなく、
まずは相手の役に立つことのために
頭と行動をフル回転させていきましょう。

 

先に価値提供することを説いているイラスト

 

成功を求めるのであれば、
この感覚は非常に大事なことなので
ぜひ、覚えておいてくださいね!

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました♪

人生好転マーチ無料メール講座の家族イラスト付き案内
 
 

※登録されたメールアドレス宛にプレゼントをご案内します。
『@icloud.com』でのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスを作る際はGmailもしくはYahooメールがおすすめです。
※常識的におかしな名前でのご登録は、こちらから解除させていただく場合があります。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。

POSTED COMMENT

  1. ベッキー より:

    ブログランキングから来ました。
    考え方が参考になりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です