サーバー、ドメイン、関係

 

サイト運営をしたことのない人でも、インターネットを日常的に使用する方であれば、サーバーとドメインという名前をどこかで目にしたことがあるかもしれませんね。

サーバーとドメインというのは、個人でサイト運営をする時に必要なもの。

今回は有料ブログを使用する時に必要なサーバーとドメインの関係について、初心者にもわかりやすく解説していきましょう。

サーバーとは何か?

サーバーイメージ

一般的に、個人でサイトやブログを持つには、まずサーバーと契約し、その後にドメインを取得して、WordPressをインストールするという流れで行います。

サーバーというのは、ネット上での拠点になります。

膨大なインターネットというフィールドの中で、大勢の人間とやり取りをするには拠点となる場所が必要ですよね。つまりサーバーというのは、インターネット上であなたが仕事をするための土地のようなもの。

まずは、あなたがネット上で仕事をするための拠点を持つために、このサーバーをレンタルする必要が出てきます。

⇒エックスサーバーと契約する方法

 

ドメインとは何か?

ドメインイメージ

サーバーと契約することができたら、次はドメインを取得しましょう。

ドメインというのは、あなたのサイトのURLを取得するということです。

先ほど、サーバーがネット上での土地だと例えましたが、ドメインはその土地の住所という風にも言えますね。

サーバー=土地

ドメイン=住所

今回は有料ブログでの話になるので、独自ドメインということになります。

独自ドメインというのは、たとえばアメブロやSo-netブログなどに準拠することなく個人で所有するドメインのこと。

アメブロやSo-netブログなどの無料ブログは、登録時にこれらの設定を自動で行ってくれますが、個人でサイトを持つ場合はこれらすべて自分で行わなければいけません。とはいえ、それほど難しいものではないので安心してくださいね。

⇒エックスサーバーから新規ドメインを取得する方法

 

WordPressとは何か?

WordPressイメージ

さて、土地(サーバー)を契約して、住所(ドメイン)を取得したら、次は家を建てることに当たるWordPressの導入です。

WordPress(ワードプレス)というのは、ブログを作成するためのソフトです。WordPressというのは日本だけでなく世界中で愛用されている無料のソフトなので、数多くのテンプレートとプラグインによる拡張機能が豊富なことで有名です。

サーバー契約をして、独自ドメインを取得し、WordPressをインストールすれば、後はちょこちょこっとプラグインを入れるだけ。その後はどんどん記事を書いていくだけです。

⇒エックスサーバーにWordPressをインストールする方法

 

WordPressは無料ブログよりも遥かに柔軟性に富んだカスタマイズができるので、自分だけのオリジナルなサイト作りができるところも楽しみのひとつ。はじめてだと設定にドキドキするかもしれませんが、現在稼いでいるブロガーやアフィリエイターも初心者の時に皆通ってきた道なのでがんばって乗り越えていきましょう。

それに、自分が一から作り上げるサイトというものは非常に愛着がわくものですよ。