冗談の通じる人のイメージ

冗談が通じない人と言われてませんか?

時々、冗談が通じない人がいますが、冗談が通じる人になってた方が絶対、得!

例えば冗談を言われる側の人で、なんでも真に受ける人っています。あの人があんな事言った、こんな事言われたって、気になるようなことを言われたからってあまり真に受けない方が得なんです。

よくある勘違いなのですが、相手はいつでも真剣な話をしてるわけじゃないんですよ。

 

人って、何気なしに話してる時の方が多いんです。そして、みんながみんな冗談をうまく言えるわけでもないんです。うっかりジョークのラインを越える人も沢山いますし、僕も時々、「ああ、冗談で受け取って欲しいのになぁ」って思うことはあります。だけど、イチイチ審判みたいにジャッジしてると、ちょっと大変ですよね。

 

人の話というのは、あなたの意志がそこになければ実は大した影響力なんてありません。気にしないのが賢い考え方だし、それはお互い様。相手にあなたを傷つけるという意図が確信としてない限り、ジョークとして受け取るようにしておきましょう。

冗談が通じないのは時代遅れ?

冗談の通じる子供のイメージ

冗談が通じない人と一緒に過ごすことになった時、お互い良い気分で過ごせないかもしれません。

ところで、今、冗談が通じない人って多いみたいです。他人との距離感をうまく掴めず、自分をコミュ障(コミュニケーション障害)と思い込んだりし、ゲームやパソコンの世界に逃げ込む人が多いとのこと。

昔はあがり症とかって言われてたんですが、今はパソコンのモニタを通して意見を書き込んだり、何らかの主張をすることもできるので、対面での人間関係が改善されていくことがなく、ハートが強化されていかないんですよね。

冗談が通じない人の中にはこういう人が多いのです。

それはストレス社会の弊害とも言えるのですが、現代社会ではモラルや常識ばかりが求められ、その上でスマートなジョークしか許さない風潮があります。そうなってくると、どんどん冗談が通じなるし、つまんないですよね?

 

そもそも、人と人が会うメリットって、『冗談を言えるような関係性が与える安心感』だと思うんですよ。

今や、人と会って情報を引き出すなんて時代遅れ。人生で成功している人ほどジョークを好みますし、楽しい時間を過ごそうと考えているものです。

色々なことに優劣をつけたり、善悪のジャッジをすることが不必要だとは言いません。しかし、試合に出場するなら審判よりプレイヤーでいきましょう。

どれだけ善悪の判断が優秀にできたとしても、そんなものは屁でもありません。

それよりどれだけ人を興奮させるプレイ(魅せ方)ができるか?

そこを追求していく人生は良いものですよね。