自分の好きなように生きる女性のイメージ

自分の好きなように生きるために

自分が好きなように生きることは素晴らしいことです。

色々な人に会い、色々な生き方をする人を見てきましたが、自分の好きなように生きている人は皆、魅力的でした。

もちろん、彼らのすべてが自由を手に入れているわけではありませんが、自分が好きなように(自分主導で)人生の選択権を持っていることを理解し行動している姿は、羨ましくもあり、また魅力的に映るものです。

 

自分の人生は自由でありたいと願う人は沢山います。

若い世代の人はやりたいことが沢山あって、週に1日か2日では休みが足りないくらいだと思います。僕も振り返れば、20代30代は音楽中心の人生を過ごしクラブやライブハウス、野外フェスなどに足を運び、実際にバンドを組んだりして音楽活動をしていました。

好きなことがあって、やりたいことがある…。

そんな人生は最高ですが、その熱の中にいるときは意外とその幸せに気が付かないものです。

私の場合なら、いい曲を作ったり、技術を磨いたり、理想の自分を目指して夢に没頭してきたのですが、なかなか理想に近づいていかない現実に失望することもありました。

ただ、振り返ると、それは紛れも無い『幸せな時間』だったことに気付くのです。

 

自分の好きなように生きるためには、まず、自分のやりたいことをやれている時間に対してリスペクトする気持ちが大切です。

ひとことで言うと『初心を忘れるな』ということ。

絶対的な幸福が常にそこにあるわけではなく、あなたが自分の人生に対してやりたいことがあり、そこに向けて舵を切ることができるのであれば、(やるやらないは別として)あなたはすでに自分の好なように人生を生きているのです。

あなたの邪魔をする絶対に知っておくべき黒幕の話

あなたの人生の邪魔をする黒幕のイメージ

私はいま40代ですが、昔のように徹夜なんてできないし、バネのように動いていた体も、鈍く錆びついてきています(笑)

色々なことが面倒になってくるのですが、頭だけは変に理屈っぽく働くので、何かに言い訳をつけて行動を後回しにします。

 

あなたにもきっと色々な制約があることでしょう。

たとえば、病気であったり、家族であったり、介護であったり、コミュ障であったり、お金がなかったり、会社の縛りがきつかったり、時間がなかったり…。

自分の好きなように生きられない理由があり、どうしようもなく自分に選択権がないという状況が続く…、そんな気持ちを抱いているかもしれません。

私も借金があったり、責任のある仕事を与えられて、とてもじゃないけど会社を辞めるなんて言えない状況だったり、家族が心配で迷惑を掛けられないと思ったり…。やりたいことよりも、他人を優先する人生を送り、昔を懐かしく思いながらやり過ごす毎日を過ごしていました。

私自身、自由を手に入れるためにネットビジネスを実践し、いくつかの自分の人生の選択権を取り戻すことができましたが、それはやはり簡単なものではありませんでした。

 

絶対的に自分では解決できないと思っていたことや、他者にコントロールされていると思っていたことは、表面上、わかりやすい困難や障害ではあります。

しかし、あなたの人生を邪魔する黒幕の正体を知らなければ、一生、自分の人生を取り返すことができません。

 

ではその黒幕とはなんなのか?

あなたの人生を邪魔する黒幕とは、実は『自分自身』なのです。

自分の敵は自分以外にありません。

人間が抱える悩みというのは千差万別です。その一つ一つに丁寧に答えを出したところで自分の中に潜むもう一人の自分の存在を知らなければ次から次へと、どんどん新しい悩みが生まれてきて、あなたの人生の足を引っ張ることになるのです。

好きなように生きないのは罪

自分の人生を好きに生きようと決めた女性

当たり前の話ですが、好きなように生きるというのは基本的に法律や道徳に反することは含まれていません。ただ、好きなように生きないことは、それ自体が罪なのではないかと思っています。

先ほど、自分の中に人生の邪魔をする自分がいると言いました。

その自分が色々な不安や心配事を囁いてきて、あなたの人生のドリームキラーとなって育っていきます。しかし、優先すべきはそのドリームキラーの存在ではありません。

多くの人は、ドリームキラーというネガティブな自分の意見に耳を傾け自分のやりたいことを後回しにしていきます。

しかし、それではダメなのです。

 

自分の人生を好きなように生きる人は魅力に溢れています。

逆に、自分の人生を他者に預けた人はそうではありません。

本当に罪なのは、自分の好きなように生きている人ではなく、自分の欲求を抑圧し、我慢して生きている人の方です。なぜなら、その人生を他の人にも強要する傾向にあるからです。当然のことながら、そんな人が魅力的なわけがありません。

 

自分の中のドリームキラーを信じてしまった人は、後で色々なことが面倒になってきます。自分の人生を放棄し、責任を自分以外のところに持ち出します。ただ、どんな思考をし、どんな選択をしようが、自分の行動には自分の人生が掛かっているのです。それを他人の責任にすることは非常に迷惑な話なのです。

 

自分の人生を好きに生きないのは罪です。

我慢我慢の人生は、たとえ、それを口に出さなかったとしても、他人からは近寄りがたい雰囲気を醸し出しています。

好きに生きたからといって、それが=自由ではありませんし、我慢したからといって、それもまた自由ではありません。

 

自分を封じ込めた生き方というのは、放っておくと歪な形になってくるので注意が必要です。しかし、あなた自身の中のネガティブな感情を完全に消すこともまた難しいでしょう。ただ、それは時にあなたを助けてくれる存在でもあるのです。

それは誰しもが抱えているブレーキなのですが、そのブレーキをコントロールするのが考え方(マインド)です。

要するにマインドとは、人生をコントロールするための制動装置です。

自分の好きなように生きるためには、まずはしっかりとマインド(人生をコントロールするために必要な制動装置)を高めて、自分の人生の選択権をキープし続けることが大事だということですね。