悪口や陰口を言うことはリスクが高いだけでなく、大きな見返りがあるわけでもありません。

ハイリスクノーリターンの意味をしっかりと理解して、無駄な時間を持たないようにしていきましょう。

悪口、陰口、ハイリスク、ノーリターン、意味

 悪口はハイリスクノーリターン

悪口や陰口というのは嫌なものですよね。

おそらく、人間社会に身を置く人間はすべからず、この問題がつきまとうのではないでしょうか?

ひょっとしたら、あなたも誰かの悪口を言ったことがあるかもしれないし、誰かから悪口や陰口を言われたことで悲しい思いをしたことがあるかもしれませんね。

人は基本的に自分を守ろうとするもの

特に現代の日本のように、ある程度の生活保障があり「個々の重要性」というものを感じづらい世の中では、自分の存在価値を感じにくいのではないでしょうか?

 

そして、自分の価値を知ろうと思った時、人はその価値を確かめるために他人を引き合いに出すことがあります。それが、自然と悪口のような感じになるのは、社会生活においては、結構、よくあることです。

社会生活の中で自分を守ろうとすることは他人の犠牲なくしては成り立たないのかもしれませんが、だからといって悪口や陰口を肯定すれば、世の中は暗いものになっていってしまうでしょう。

当然のことながら、あなたは悪口や陰口というのは止めておいた方がいいですね。一時のストレスの発散にはなるかもしれないけど、リスクが高いので、結果的に損をすることになるからです。

悪口や陰口というものにはリスクがつきまといます

そして、冷静に考えてみると悪口や陰口を言って得することってないんですよ。

確かにスカッとするかもしれませんが、その代償としてのリスクが、どう考えても高い。というのも、その話を聴いている相手や第三者がその悪口や陰口に同意していないかもしれないし、誰かが悪口を言われている対象者に、「◯◯さんがこんなこと言ってたから気をつけた方がいいよ」と言って、その話を伝えることがあるかもしれません。

そうでなくても、その場の陰口は、それを聞いた誰かが、また別の誰かに話したり、そしてそれをまた別の誰かに話したりしている内に、まるで伝言ゲームのように、最終的には本人の耳に入ることになるでしょう。

 

例えば、あなたが悪口を言ってしまったとして、その対象者が、第三者からあなたが悪口を言っていたことを聞かされると、あなたが直接その人に悪口を言うよりも当然、悪い印象を持たれます。

他人を介して、そのような事実を知ってしまうと、かなり話がややこしいというか、悪い風に捉えられてしまうことが多くなってしまいます。冗談で言ってたつもりのことでも、冗談では済まなくなることってあるんですね。

そして、自分の居ないところでの悪口というのは卑怯さも相まって、かなりの失望感を与えることになり、相手によっては、思いもよらぬ反撃に遭うかも知れません。

そうなると、誤解を解くのも大変です。

誤解が解けたとしても、一抹の不信感は残るのではないでしょうか。

つまり、私たちは、悪口や陰口に対して、かなり気をつけなくてはいけないということですね。

 

「口を開けば悪口を言う」という人も中にはいます。

というか、結構いるかもしれません(笑)

そういった人たちは、あなたにも、自分たちの意見に賛同するように話しかけてきます。しかし、たとえノリが悪いと思われたとしても、あなたは決して悪口や陰口を言ってはいけません。

飲みにいった席ではよくある光景なのかもしれませんが、その場はなんとか乗り切って、次からは参加しないようにするなどしてそういった悪口や陰口のようなことに、余計な時間を使わないようにすることが大切です。

要するに、リスクの伴う時間を過ごすのは、極力、避けるようにした方がいいということですね。

うっかりした一言で身を破滅させるという話は世の中には掃いて捨てるほどあります。ぜひ、先人たちから学ぶ姿勢で『君子危うきに近寄らず』の精神で人間関係を構築していくようにしましょう。

悪口・陰口は言われます

先ほどのスタンスでやっていくと、次はあなたが悪口を言われるかもしれません。

全くもって真実でない話をされる場合もあります。だけど、それでもあなたは悪口を言わないでください。

同じ土俵に上がらないこと!

それは相手の思うつぼです。

誹謗中傷や風評被害にあったとしても、相手にしてはいけません。

「それは誤解なのに・・・」

と憤慨する気持ちもわかりますが、あなたがどう思おうと、人の口に戸は立てられないものです。

悪口を言っている人が、改心して人格者になることもありません。

そんな時に気をつけなくてはいけないのが、怒りで身を焦がさないことです。

あなたは、スッとそこから居なくなるようにしてください。 そこは冷静になって淡々と差をつけるようにしていきましょう。

相手が悪口を言っている間というのは、実は相手の手が止まっています。手だけではなく、人のせいにしてる間は成長しているわけでもないので、色々と止まってるんですね。

相手がそんな状態の時こそ、あなたは手や足を止めずにガンガン前へ進んでいきましょう。自分が向かうベクトルを他人に向けずに、ちゃんと目標から逸らさないことが大切です。

 

一つだけはっきりといっておきたいことがあります。

もしも、あなたが、誰かと陰口で盛り上がったとしたら、その誰かは、あなたが居ない時はあなたの悪口で盛り上がってるということです。

少しゾッとする話かもしれませんが、そういった陰口で盛り上がる関係に浸っていると運勢が下がる原因にもなるので、ここはしっかりと注意するようにしてください。

ビジネスにおいては、悪口を言う人より、悪口を言われている人の方が年収が高い傾向にあります。

特に今はネットでの誹謗中傷が当たり前の時代ですから淡々と差をつけていくようにしましょう。

視点を変えて

欠点に目が行っているときは長所が見えていません。長所に目が行っているときは短所、いわゆる欠点が気にならないものです。

悪口や陰口を言っているときは、その人の長所というものが見えていません。

自分の視点がどこに向いているのかを注意してください。人の欠点に目が向いているのは良くないということです。

どんな人にも長所と短所があります。誰かが集まって、陰口のような欠席裁判をするときに、必ずと言っていいほど持ち出してくるのは、一般常識という正義の刃です。

よく言われていることですが、正義の反対は悪ではありません。正義の反対は、もう一つの正義であり、もうひとつの異なる考え方です。陰口も結局のところ、どちらも自分の正しさを主張しているからこそのアクションなんですね。

あなたは感情をコントロールして上手くやっていってください。

 

悪口を言われるというのは、ある意味あなたに実力や影響力があるからです。悪口を言う人は、その人に関心があるのです。無関心であれば、そもそも悪口を言う対象になりません。

本当は上手くやりたいけど、上手くやれないそのフラストレーションが、悪口や陰口という形で現れているとしたら、あなたはそのことを理解し、敵愾心を抱かずに相手のそのやりきれなさを大人の気持ちでもってわかってあげてください。

そして、常に好意的な視点で、

人に長所を伝えていってください

そうすれば、運勢はどんどん上がり、物事が良いように進んでいくようになりますよ。

悪口や陰口が、ハイリスク・ノーリターンということが理解し、本質に目を向けることができたら、常にノーリスク・ハイリターンの道を選択できることになります。

悪口や陰口は、うっかりすると、誰でもその和に入ってしまうことがあります。しかし、いたずらにリスクを背負う必要はありませんし、他人を傷つけることで、自分を守る必要もありません。

本当は誰も、そんなこと言いたくないのだと思いますが、悪口や陰口を止めることが難しいことも、また、事実であるということですね。

まずはそこから離れること。

そこがまず、第一歩目だということをしっかりと覚えておきましょう。