マインドセット

ブログは『記事を書かずに稼げるところまでが大変』という話

人生好転マーチ無料メール講座バナー
 
 

※プレゼントは登録されたメールアドレス宛にご案内します。
※『@icloud.com』や携帯キャリアでのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスは『Gmail』『Yahooメール』がおすすめです。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。

 

ブログを毎日書かなくても
月何十万円も稼ぐ人がいますよね。

 

あれってどんなカラクリがあるかご存知ですか?

 

実はあれ、
サーバーにアップした沢山のコンテンツが
アクセスを集める資産となって、
自然と収益を生み出してくれてるから
月に何十万円とか稼げちゃうんですね。

初心者はよく成果だけに目をやって
記事を書かなくても稼げると思うようですが、
それは『大きな勘違い』ということになります。

 

たしかにブログは途中から
記事を書かなくてもお金になるのですが、
そこに至るまでは結構大変な道のりです。

もちろん、大変な道のりといっても、
普通に仕事をすることと比べれば
見返りが多いのでやりがいのある大変さです。

しかし、
ブログ教材の販売ページにあるような
甘い言葉ばかりに目をやりすぎると、
後でそのギャップに苦しむことになります。

 

僕もこれでよく痛い目にあいました…(苦笑)

 

やはりブログと言えども
ビジネスはビジネスなので、
そこに競争の原理が働いてることは
頭に入れておかなければいけません。

なので今回は
ブログで収益を上げていくために、
ブログにまつわる嘘と本当を
お伝えしていきたいと思います。

 

ブログは『記事を書かずに稼げるところまでが大変』で甘くないという話

 

不労所得・片手間・放ったらかし?

 

ということで、
よくあるブログにまつわる利点として

『不労・片手間・放ったらかし』

というものがあります。

この利点は本当なのでしょうか?

 

結論から言うと

ブログで不労所得を作るのは難しい

というのが答えとなります。

ブログの収益をキープするためには
やはり定期的な更新が必要だからです。

なのでブログの場合、
完全な不労所得になることはありません

 

次に『片手間』についてですが、
片手間でそれなりの収入を確保するには
ある程度資産となるコンテンツを
ネット上にアップロードする必要があります。

なので、
すでに資産化しているブログを
高額で購入するという方法以外で、
最初から片手間になることもありません。

 

実際、うまく戦略立ててやれば
100記事前後で資産となるブログが作れますが、
場合によっては300-500記事くらい
必要となってくることも普通にあるでしょう。

そうやって仕組み化ができれば、
途中からあまり手間をかけずに
ブログ運営ができるようになります。

なので最初はそれなりのコンテンツを
サーバーにアップロードする作業があり、
それをこなす必要があるということですね。

 

不労所得とは?

 

最後に『放ったらかし』ですが、
検索エンジンにはアップデートがあって
思わる順位変動に巻き込まれることがあります。

それにライバルも上位表示を狙っているので、
ブログを放ったらかし状態にするのは
あまり好ましいことではないと言えるでしょう。

 

実際、ブログのアクセスが高まれば、
一時的に不労・片手間・放ったらかしでも
収益が上がることはたしかにあります。

ただ、いつまでもその状態が
キープされることはないということですね。

要するに、

ブログ=ビジネス

ということ。

ブログを一ビジネスだと捉えておくと、
不労・片手間・放ったらかしが
決して当たり前でないことがわかるでしょう。

 

初心者はこの辺りの認識が甘く、
ブログの可能性を過大評価しがちです。

ブログに期待することは悪くないのですが、
その手前にある努力を無視してしまっては
結局その期待値に手が届きにくくなります。

なのでしっかりと地に足つけて
ブログに取り組むことが大切です。

ここは非常に大事な話なので、
さらに詳しく見ていきたいと思います。

ブログを書かずに稼げるようになるまで

ネットビジネスの不労・片手間・ほったらかしのイメージ

 

ブログをお金を生む資産にできれば、
ビジネスはかなり楽しくなってきます。

そのためにはまず、
サーバーに自分のコンテンツ(記事)を
できるだけアップロードしていきましょう。

なぜならそのコンテンツが
お金を稼いでくれるようになるからです。

 

そしてそのコンテンツ群の質を上げ、
ネットを通じて常に価値提供できる状態にする。

そうするとブログから沢山の
収益が発生する仕組み化が完成します。

一度この仕組みができてしまえば、
過去の自分が稼ぎ続けてくれるため
割と片手間でも収益が落ちなくなります。

つまりビジネスで言うところの
『軌道に乗った』という状態ですね。

ただ仕組み化が完成するまでは
コンテンツを作り続ける必要があるので、
ここを頑張ることがまず大事になってきます。

 

ネットビジネスで仕組みを作るイメージ

 

とにかく初心者のうちは
価値あるコンテンツを作り続けること。

ここをすっ飛ばして
ブログでお金を稼ぐことはできません。

 

といっても
最初から質の高い記事は書けないものです。

いざパソコン前でブログを書こうと思っても
手が止まってしまうこともあるでしょう。

これは僕もよく経験することですが、
そんな時は自分のイメージする
6割程度の質をゴールに設定してください。

その後でリライトするなどして、
徐々にコンテンツの質をあげるつもりで
とりあえず記事を仕上げてしまいましょう。

 

初心者がブログを資産化するうえで
一番最初に意識すべきことはズバリ

記事をやすこと

これに尽きます。

記事の質を上げるのはその後で構いません。

まずは記事の積み上げが習慣になるまで
記事を書き上げることに専念していきましょう。

 

記事を書くパワーがくすぶると、
ブログ収益化はそこで詰んでしまいます。

この詰み方は本当に多い。

 

ブログで挫折してしまう人は
結果が出ないから挫折するのではなく、
この積み上げの段階で
早々に辞めていくケースがほとんどです。

なのでブログを仕組み化する前に
資産を積み上げる段階があることを知り、
まずは質よりも量を求めていくことで
うまく挫折を回避することができます。

そうやってブログを書かずとも
自然とお金が稼げるような状態を目指す。

つまりビジネスが軌道に乗るまでは、
サーバーにコンテンツを上げ続けることが
当たり前にできるようになっていくこと。

まずはそれが大事だということですね。

稼げる・稼げないを言う前に

ネットビジネスの不労所得

 

ここまでブログについて
かなりリアルな話をしてきました。

結局、ブログはビジネスなので
そこに『安定』の二文字はありません。

ある程度仕組み化が完成しても
資産となるコンテンツ(記事)を更新し、
その後もメンテナンスが必要だからです。

 

とはいえ、
きちんと仕組み化ができれば
ブログで高い収益を得ることは可能です。

但し、そこばかりクローズアップしては
成功に至るまでに挫折しやすくなるので、
そこは気をつけていきたいですね。

ネットビジネスの不労所得の真実

そしてビジネスは会社とは違い、
上司や先輩が成功をサポートしてくれないので、
常に自分で考え行動していかなくてはいけません。

なので必ず身銭を切って
知識と知恵に投資する必要があります。

そして行動と努力の継続ですね。

 

  1. 自己投資
  2. 行動
  3. 努力の継続

 

ブログもビジネスである限り、
成功し続けていくために
この3つの前提を忘れてはいけません。

ブログで高収入を勝ち得た人は
必ずこの3つをクリアしたうえで
試行錯誤を重ねてきています。

 

独学や行き当りばったりで
試行錯誤しているのではないのです。

 

そこにしっかりと目を向けないと、
同じ努力をしていても差が出てきます。

でもよく考えてもらうとわかるのですが、
ブログ自体にほぼコストがかからないので
その分を知識や知恵に投資するのは
何も特別なことではないのです。

楽に稼げると思ってる人が多い中で
ブログの本質がビジネスだと理解してる人は
それだけライバルに勝ちやすいということですね。

 

ブログは記事を書かずに
お金を稼げるようにはなりますが、
それまでの過程はそれなりに大変です。

でもブログ=ビジネスだと考えておくと
途中の大変さもうまく乗り越えていけるでしょう。

 

なので不労所得や片手間や放ったらかしなんて
ハナから期待する方がおかしいですよね。

最初から楽だと考えると
カウンターパンチを食らうことになるので、
そこはぜひとも気をつけていってください。

 

最初はハードルを下げてでも
とにかく記事を上げ続けていくこと。

稼げるも稼げないといった話は、
それをクリアした後のことだということですね!

人生好転マーチ無料メール講座バナー
 
 

※プレゼントは登録されたメールアドレス宛にご案内します。
※『@icloud.com』や携帯キャリアでのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスは『Gmail』『Yahooメール』がおすすめです。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です