Google、ウェブマスターツール、設定、方法

 

今回は、ウェブサイトを運営していく上では欠かせない

Search Console(旧名:ウェブマスターツール)の設定について

解説していきたいと思います。

 

Google Search Console(サーチコンソール)というのは、

Googleが無料で提供しているウェブサイトの管理ツールであり、

サイトに異常が起きた際のお知らせやサイト評価の確認、

クローラー向けのサイトマップ送信によって

インデックス速度を向上させたりできるので、

サイトを立ち上げた後は

しっかりと登録をしておくといいですね。

 

 

まず、Googleアカウントを持っていない方は

Googleアカウントを取得してください。

 

 

Googleアカウントの新規取得&使い方

 

 

 

Search Consoleの登録方法

 

それでは実際にSearch Console(サーチコンソール)の設定を行っていきましょう。

 

① こちらのリンクからSearch Consoleの登録をしていきましょう。

 

 

Search Console

 

 

 

赤枠に登録するサイトのURLを入力し、『プロパティの追加』をクリックします。

 

Googleウェブマスターツール 1-1

 

 

 

 

 

② サイトの所有権の確認をするので、

  『おすすめの方法』から、HTML確認ファイルをダウンロードします。

 

Googleウェブマスターツール 1-3

 

 

 

 

このように確認ファイルがダウンロードされました。

 

Googleウェブマスターツール 1-4

 

 

 

 

 

③ 次にFTPソフトを開き、

  『http://◯◯◯◯.com/public_html』の中に

  先ほどダウンロードしたHTML確認ファイルを

  ドラッグ・アンド・ドロップしていきましょう。

 

 

FTPソフトに関しては、こちらを参考にしてくださいね。

 

 

FFFTPのインストール&設定方法

 

 

 

FTPソフトを開きます。

 

Googleウェブマスターツール 1-5

 

 

 

 

アップロードするサイトをダブルクリックします。

 

Googleウェブマスターツール 1-6

 

 

 

 

『public_html』内に先ほどのhtmlファイルをアップロードするので、

赤枠の『public_html』ファイルをダブルクリックして開いておきましょう。

 

Googleウェブマスターツール 1-7

 

 

 

 

アップロード先(緑枠)をこのような状態にしておきましょう。

 

Googleウェブマスターツール 1-8

 

 

 

 

次はPC内からアップロードするhtmlファイルを検索していきましょう。

赤枠のファイルのアイコンをクリックします。

 

Googleウェブマスターツール 2-1

 

 

 

 

『デスクトップ→ユーザー(PCに登録しているユーザーネーム)→ダウンロード』

と進んでいって、ダウンロードファイルを開きます。

 

Googleウェブマスターツール 2-2

 

 

 

Googleウェブマスターツール 2-3

 

 

 

 

PCのダウンロードフォルダに

Search Consoleから取得したhtmlファイルがあるのが確認できます。

 

Googleウェブマスターツール 2-4

 

 

 

 

htmlファイルを選択し、上向きの矢印マーク『↑』をクリックします。

 

Googleウェブマスターツール 2-5

 

 

 

 

登録サイトのpublic_html内にhtmlファイルがあることが確認できます。

 

Googleウェブマスターツール 2-6

 

ドラッグ・アンド・ドロップができたらアップロードは完了です。

 

 

 

 

④ 再びSearch Consoleに戻り、「3」のURLをクリックしてください。

 

Googleウェブマスターツール 3-1

 

 

 

 

 

⑤ クリックした後に下のような感じで表示されていれば、

  アップロードは成功です。

 

Googleウェブマスターツール 3-2

 

 

もしエラーが出てしまう場合は、

HTML確認ファイルをダウンロードした際に、

ファイルの名称の後に(1)や(2)といった

番号がついている可能性があるので、

その括弧と数字をデリートして

もう一度トライしてみてくださいね。

 

 

 

 

⑥ 最後に確認をクリックして完了です。

Googleウェブマスターツール 3-3

 

 

 

 

これでSearch Consoleとサイトの設定がうまくいきましたね。

 

Googleウェブマスターツール 3-4

 

 

 

 

Google Search Consoleの設定方法の解説は以上になります。

 

 

 

Search Consoleの登録が完了したら、

『Google XML Sitemaps』というプラグインをインストールして

サイトマップを送信しておきましょう。

 

 

詳しくは、下記のリンクを参照してくださいね。

 

 

Google XML Sitemapsでサイトマップを検索エンジンに自動送信

 

 

 

 

初めての方なら、

今回の作業はまだ何のために行っているのか

ピンとこないかと思いますが、

これらの作業はサイト運営をしていく上では

今後必要になります。

 

 

しかし、

最初からはっきりと理解する必要があるものでもないので、

徐々にその存在意義を理解していく感じで大丈夫ですよ。