斎藤一人さんの名言から、個人的に良いと思ったものを紹介しています。

今回は、『なめた態度をとる人に対して◯◯はダメです』という一人さんの名言ですね。

ちなみに◯◯に入る言葉は「なめられたまま」なので、なめた態度をとる人に対してなめられたままではいけない、ということになります。

 

斎藤一人さんは、健康食品や美容品などを販売している銀座まるかんの創始者で、人生に役立つ話などをしてくれる日本一の商人と呼び声の高い人です。

ではこれから、なめた態度をとる人についての一人さん流の対処法を紹介していきましょう。

斎藤一人名言「ビクビクした態度をとるのをやめよう」

斎藤一人名言「ビクビクした態度をとるのをやめよう」

時々、嫌な人っていますよね。

自分が良い人になろうと心に決めていても、相手の方にまったくその気がなければ、嫌な思いを抱いてしまうのは当然です。

そんな時、斎藤一人さんはどのように考えるのでしょうか?

 

職場や学校で、あなたに対して、

さげんすんだような態度をとったり、

バカにするような態度をとる人が、

出てくることがあります。

 

そういう人と、一緒に過ごすのは、

ツライものです。

中には、職場や学校に、

行きたくなくなってしまう人もいるでしょう。

 

この場合、改善策として二つの方法があります。

ひとつめ。

 

「あなたがビクビクした態度をとるのをやめる。」

 

ビクビクしていると、見えない世界では、

とんでもないことが起きています。

身体の「圧」が弱くなって、

どんどん「生命エネルギー」が抜けていく。

その人の体の「気」が弱くなるのです。

 

「圧の抜けた人」を察知すると、

中にはイライラして、いじめたくなる人もいます。

 

だから「圧」を挙げて、すきを見せないようにすること。

ビクビクするのを、やめることです。

 

とにかく堂々としていること。

 

根拠はなくても、自信をもつこと。

そのことが、ものすごく大切なのです。

 

(引用元:『カンタン成功法則』斎藤一人)

 

誰だって、いじめは嫌いだと思います。

だけど、それはいじめをしないか、いじめに対して無関心を装うかのどちらかに分かれることがほとんどのケースではないでしょうか?

危険を察知して災いが我が身に降りかからないようにすることは、人間誰しもが持っている防衛本能なのである意味仕方がないことなのですが、問題は『いじめを止めてくれる人』が圧倒的に少ないことです。

 

僕も中学の頃にいじめに遭っていたのでわかるんですが、いじめを見て見ぬ振りをする人って結構多いので、いじめに対しては自分で何とかしなきゃダメなんですよね。

もちろん、何とかできるもんなら、とっくに何とかしてると思うし、子供のいじめと大人のいじめではわけが違います。

斎藤一人さんの考え方としては、「子供同士のいじめに関しては親が出ていって対処するのが良い」と言っているので、今回の話は大人のいじめについての対処法として考えた方が良いでしょう。

 

いじめる側の人間は、弱い人間をうまく見分けることができます。

いじめをするような人間に狙われないために、根拠はなくても普段から堂々と振る舞うようにしておくのが良いみたいですね。

執拗に「お前は弱い人間だ」と認めさせようとしてこようとも、そんなものは頑として突っぱねるようにしましょう。

 

いじめる側の人間が狡猾であることは間違いありません。

人が三人以上集まればいじめが始まることがあるそうなので、どんなときでも堂々と振る舞っておくクセをつけておくと良いですね。

斎藤一人名言「なめられたままいるのはダメ」

斎藤一人名言「なめられたままいるのはダメ」

いじめをする側の人間というのは、常にいじめの対象となる人を探していると聞いたことがあります。

もちろんそんな自覚はないのが厄介なんですけど、もしもそういった人から傷つけられるようなことを言われた時はどのように対処すればいいのでしょうか?

斎藤一人さんは、次のようなことを話しています。

 

ふたつめ。

相手があなたを傷つけるようなことを言ったら、

「そういう言い方は、僕の魂が傷つくから、やめてください」

とキッパリ言うこと。

 

人をバカにしたり、さげすんだりする人って、

「この人なら、何をしても、何も言わないだろう」

と、なめてかかっているのです。

 

(中略)

 

「魂が傷つくから、やめてください!」。

その瞬間、相手は「えっ?」と驚くことでしょう。

 

「この人は、いいかえしてくるんだ」

とわかると、いままでのように、

理不尽にいじわるすることもなくなります。

 

中には、

「ああ、この人に、

変な態度をとってしまって、悪かったな」と

反省する人もいるでしょう。

 

あなたをなめてかかる人に対して、

とにかく「なめられたまま」でいるのはダメです。

 

自分の気持ちを、ちゃんと口に出して言うことで、

あなたの心のモヤモヤは晴れて、

気分がスカッとするのです。

 

そして、あなたのその勇気ある行動で、

相手のしている「まちがい」に、

気付かせてあげることもできるのです。

 

(引用元『カンタン成功法則』斎藤一人)

 

とにかく、大事なことは相手に好き放題させないこと。

こういう時は反抗しちゃって良いみたいです。

 

斎藤一人さん流に言うと、嫌なヤツに好かれるというのは、悪いヤツから好かれている警察官がいるくらいおかしなことなので、嫌なヤツにとって良い人間になるんじゃなくて、嫌なヤツにとって悪い人間にならなきゃダメということですね。

 

何しても許してくれる人間だと思われることは、自分にとっても相手にとっても良くありません。

あまりにもストレスが強い場合は、逃げてしまうのもアリかも知れませんね。

 

ちなみに僕は逃げる派です(笑)

 

君子危うきに近寄らず、ですからね。

もちろん、斎藤一人さんのこの話を見習ってハッキリ言うこともありますけど、とにかく根拠がなくても堂々と生きるように心がけることで、なめられることが格段になくなるのは確かです。

それで人が離れていったっていいじゃないですか?

 

嫌なヤツってどこに行ったって嫌なヤツなので、僕たちは堂々と胸を張っていきたいものですね。