人生好転マーチ
愛すべき人を守る堂々とした自分を創ろう!

PROFILE

人生好転マーチ無料メール講座の家族イラスト付き案内
 
 

※登録されたメールアドレス宛にプレゼントをご案内します。
『@icloud.com』でのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスを作る際はGmailもしくはYahooメールがおすすめです。
※常識的におかしな名前でのご登録は、こちらから解除させていただく場合があります。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。

マーチの「サクッと」プロフィール!

マーチ本人

 

■名前(ハンドルネーム)

■家族構成

  • 既婚
  • 妻・長男・次男・長女(2019年8月誕生!)

■生年月日と住まい

  • 1975年3月18日(魚座B型)
  • 大阪府豊中市

■仕事

  • WEBマーケター
  • ブログ収益化コンサルタント

■ポリシー

  • 愛すべき人を守る堂々とした自分を創ろう!

■好きな音楽

  • 邦楽:B’z、ミスチル、バンプ、髭男、ヤバT 、PUNPEE、RIP SLYME、槇原敬之…and more!
  • 洋楽:Stevie Wonder、Bob Marley、BEATLES、四つ打ち全般…and more!
  •  ロックやクラブ・サウンド、歌詞がグッとくる邦楽なんかが好きです♪

■好きな食べ物

  • 妻の料理・ラーメン・BBQ
  • 好き嫌いなし!

■好きなこと・もの

  • 家族とのお出かけ
  • 妻とのおしゃべり
  • 夏・海・プール・川遊び
  • 温泉・街の銭湯
  • 音楽(聴く・DTM)
  • ぶらぶら散歩
  • 漫画:スラムダンク、キングダム、ワンピース、ブラックジャックなど
  • お笑い:ダウンタウン
  • 本:喜多川泰、斎藤一人、本田健

 

はじめに

 

はじめまして!

星の数ほどあると言われるブログの中から
この『人生好転マーチ』を見つけてくださって感謝します☆

 

ブログ運営者のマーチと申します。

 

「愛すべき人を守る堂々とした自分を創ろう!」

 

そんな想いを胸に、四畳半の自宅の一室から
まさにあなたに向けてメッセージを送っています。

ちなみに、この四畳半の自室は、
親族たちから「社長室」と呼ばれています(笑)

もちろん、この社長室じゃなくても、
ノートパソコンを持ち出せば
外出先のカフェや旅行先のホテルからでも
何の不自由もなく仕事をすることが可能です。

 

自分らしいスタイルで、堂々と気ままにね。

 

ただ…、僕は
家族の笑顔が見られる自宅が大好きなので、
この四畳半の社長室だけで十分なのです。

では、なぜそんな自由に働けるのか、
僕の変わった起業ストーリーについて話をしましょう。

 

転職を続けて行き着いた先は…

お金と縁のない時代のマーチ(イメージ)

 

起業する前、
僕は6年間ほど介護の仕事をしていました。

 

それまで転職を繰り返しつつ、

「とりあえず、働いてりゃ何とかなるかー!」

てな感じで実家にパラサイトしていたのです。

 

しかし、気がつけば33歳…。

「この先は転職するのも厳しいぞ」

と、焦りを感じた僕は、
そこから介護業界の道を歩むことにしました。

『介護福祉士』という国家資格を取り
人生の安定を手に入れるためです。

そして、いくつかの求人の中から
障がい者福祉へと進むこととなったのですが、
僕は何を血迷ったのか、

通勤往復4時間の郊外の施設

で、働くことを選んでしまったのです。

 

しかも、当時34歳。独身だったので

「アイツは何か問題があるぞ…」

と、同僚たちから囁かれていました(笑)

 

職場での肩書は「生活指導員」というもの。

ですが、高齢者も普通にいるので
業務自体はふつうの介護職とだいたい同じです。

 

なので、おむつの交換などの排泄介助や、
利用者さんの問題行動に携わるのは日常茶飯事。

この業界特有の夜勤の眠さや
腰痛に悩まされることもありましたが、
まぁ何とかやっていけるという感じでした。

 

ただ…。

 

34歳の新人ということもあって、
先輩たちは大体年下であることがほとんど。

中には、タメ口で

「◯◯は終わったんか?」

「そんなんええから、次は△△やって!」

と高圧的に接してくる人もいました。

 

僕の心が狭いこともあるかもしれませんが、
仕事の間ずっとこんな感じなので「ムカッ」っとするし、

その度にストレスが溜まります。

 

とはいえ、

相手のタメ口もいつか消えるだろう…

そう甘いことを考えていました。

しかし、事を荒立てないために
下手に出ていたのが悪かったのか、
その先輩の高圧的な態度は
仕事中ずっと続くことになりました。

 

ある日、その年下先輩と同じ班になり
そのチームでの取り決めをすることがありました。

班のリーダーはその年下先輩。

 

珍しく彼から

「マーチさん、何かやりたい役があります?」

と尋ねられました。

 

一瞬驚きつつも、僕は正直に

「え? じゃあ◯◯の役をやりたいです」

と答えました。

 

すると、彼は

「じゃあ、マーチさんは◯◯以外の役で」

と言うのです。

 

「性格わっっる!!」

こいつは一体何様なんじゃいと思いつつ、
すっかり気持ちは落ち込んでしまいました。。

 

彼は、僕が挨拶をしても
たいていシカトをするので、
以前から好かれてないことは
なんとなくわかってました。

ですが、仕事のモチベーションが下がるので
本当にそういうのは止めて欲しい。。

抗議するタイミングを失ったまま2年が経ち、
ちりも積もればなんとやらで、
自分の中で仕事のストレスが常にマックス状態に。

 

些細なことだと思っていましたが、
このままだと自尊心が修復不可能となってしまいます。

 

この環境は“人生へのリスク”が高い。

 

冷静に考えて激しく危機感を覚えた僕は、
施設への通勤が往復4時間だったこともあって、
とうとう施設長のもとへ
『退職のお願い』をしにいくことを決意しました。

 

行動を起こせば何かが変わる…?

行動を起こせば世界が広がるイメージ

 

2月のある曇り空の日、
僕は暗い表情で施設長を呼び止め、
「退職したい」と申し出ました。

長い間ずっと考えていたことなので
自分の中に迷いはありません。

 

しかし、そこで意外な展開が待ち受けていたのです。

 

「君がそんなに悩んでいたとは…。
…じゃあ、もっと通勤時間のかからないところに
(施設を)異動するってのはどう?」

 

施設長の口から、あっさりと転勤の提案。

そこは新年度(4月)に立ち上げる
新しい障がい児童のデイサービス施設で、
年下の先輩からのパワハラもなく、
通勤時間も今までの1/3で収まる場所です。

元々、子供好きの僕としては断る理由がありません。

 

「行動してみるもんだなぁ…」

 

悩んでた日々は何だったんだと拍子抜けするくらい
ストレスから解放されて、僕はとても満足していました。

まさに水を得た魚。監獄からの大脱出って感じです。

 

環境が良いと仕事もバリバリとやれてしまうもの。

 

仕事に自然と楽しさが戻ってきました。

そんな感じで一生懸命がんばっていると、
いつしか結婚を約束する女性との出会いが訪れます。

 

彼女はアルバイトとして入ってきた大学生。

5人姉弟の長女で、とにかく児童との接し方が上手い。

彼女がくると、うちの施設の子供たちが
「キャッキャッ♪」と大きな声を出して笑うのです。

 

「こいつやるな…!!」

 

正直、僕にも数年間の経験があったので
『バイトさんには負けてられん』というライバル心もありました。

しかし、彼女の
子供たちとの触れ合い方には見習うところも多く、
どちらが子供を喜ばせるか競い合いをしたり
子供との接し方について談義したりしてるうちに、
僕はさらに仕事が楽しくなっていったのです。

 

「気の合う仲間と仕事ができる環境って、
こんなにも充実するものなんだ!」

と、その時初めて知りました。

 

そんな日々が半年も続くと、
僕の彼女への好意が徐々に強くなっていきました。

 

ロマンスの神様、この人でしょうか?

 

もちろん、僕もいい年齢なので
その気持ちを抑える術は心得ているつもりです。

しかし、一緒に過ごす時間も長く、
なんとなく彼女からの好意も感じていたので、
とうとう僕は勇気を出して
彼女に自分の気持ちを伝えることにしました。

 

 

結論から言うと、返事は「YES」。

 

 

飛び上がるほど嬉しかったことは言うまでもありません。

ただ、ひとつ計算違いだったのが
彼女からの好意は「異性への好意」ではなく
良い社員さんだなぁ程度のものだったってこと。

いま考えると冷や汗ものですが、
行動しなければ今の結婚もなかったことになるので
時には『そんな勘違い』も役に立つものです(笑)

 

というような感じで、
お調子者の僕と彼女の交際が始まったのですが、
彼女は僕の年齢を心配して
すぐに結婚を考えてくれるようになりました。

 

ただ、その時、
心の中にひとつだけ深刻な問題があったのです。

 

それは、

僕の給料が17万円台

だということ。

 

一人暮らしなら大丈夫でも、
結婚して子供を育てるとなると厳しい金額です。

 

「どげんかせんといかんばい…」

なんて冗談を言ってる場合ではありません。

たとえ二人にとって幸せな結婚でも、
これじゃ共働きになってしまうし、
何より家族に肩身の狭い思いをさせてしまいます。

 

月収17万円で家族を養うとなると、
子供はせいぜい一人しか育てられません。

お互い子供は大好きなのに、
この先にアットホームな家族の絵が描けない。

一家の大黒柱となって、家族から
「父ちゃん、頼もしい!」って言われるような
ステキな家庭を築きたいけど…。

ヤヴァい。

暗い未来が影を落としまくってます!

 

結婚は決してゴールではなく、
そこからがスタートというのはよく耳にする話。

なのに、男として
彼女の素敵な笑顔をここで曇らしたくない。

 

今の僕は無力。だけど、

超なんとかしたい!

 

その気持ちは人一倍強くありました。

ただ、どうしていいかわかりません。

いや、それ以上に
簡単に諦めるわけにはいかないのです。

 

そんな時、フラッと立ち寄った本屋さんで
僕はある一冊の本に出会います。

それは、

『ネット起業で収入を得る方法』

について書かれた本でした。

 

「なんだこれは!」

 

と、その場で食い入るように読みました。

 

個人で年収1億円??

副業で??

しかもゼロ円起業??

 

正直、「怪しい…」とは思いませんでした。

(普通は怪しいと思うらしい・笑)

こういう情報が自分の目に留まるということは
どこかの親切な神様が「オマエは今これを読め!」という
サインを送ってくれているのだろうと考えたからです。

 

変にポジティブなところが僕の長所でもあります。

もちろん、ソッコーでその本を購入し、
家に帰ってご飯も食べずに一気読みしました。

 

実は昔、
起業について真剣に考えたことがあります。

 

「自分の店を持って、
バリバリ働いて、ガンガン稼ぐ!」

 

それが一番お金を稼ぐ方法だったからです。

 

しかし、現実は厳しく、
お店を持つためには最低数百万の開業資金が必要。

その上、銀行にお金を借りるにしても、
それを担保するために
キチンと利益が出る事業計画を立てなければなりません。

やる気があって起業したくても、
当時の僕にはハードルが高くてムリゲー過ぎます。

 

あの時一度は諦めた起業への道。

それが…!

今の時代は違うのです。

 

ネットで起業するのはほとんどお金が必要なく、
数百万円の開業資金に比べるとゼロ円に近いレベル。

それだけでなく、
個人でサラリーを遥かに超える収入が得られる事実。

 

はっきり言って『衝撃』を受けました。

たしかに、ネットやパソコン、スマホが
革新的に個人でできることを増やしている時代。

起業なんて当たり前にできそうじゃないですか!

 

「答えはここにあったのか!」

 

本業でも副業でも
起業のスキルを身につければ、
お金が増やせるだけじゃなく

笑顔も増えちゃうんじゃないの?

 

金銭的にノーリスクならやらない理由はない!

パソコンだけは持っていたので、
早速、自宅にネット回線の申し込みをしました。

そして、帰宅後は毎日、胸をときめかせながら
インターネットを使って働く方法を調べまくったのです。

 

端的に言うと、
ネット起業は働く時間を自分で決められるので、
その気になれば誰でも起業できるということ。

さらに、WEB上のツールが
人間の代わりに仕事をしてくれるので、

今よりも自由に使える時間とお金が増える

というメリットがあります。

 

それは、これから一家を守っていく男として、
最高のワークとなるに違いないことでした。

『将来的な家族の選択肢を増やす可能性』と
『家族を守っていける自分になれる期待感』が、
僕のテンションを最高潮に上げていったのです。

 

本物に辿り着くまで…

人生好転の具体的な方法を検索する

 

ネット上では、様々な人たちが
パソコン1台で大金を稼げることを謳っていました。

正直、誰を信用して、
誰を信用すべきでないのか、

これまたサッパリわかりません。

 

一人、異国の地に放り出された気分です。

その時、ふと目に止まったのが、
年収5000万円稼ぐというホスト風大学生の男でした。

 

超チャラい風貌だったんですが、逆に

「こんなチャラそうな大学生でも稼げるのか…」

というギャップに惹かれたところもあります。

とりあえず、僕は彼がおすすめする
ノウハウ(情報商材)を購入することにしたのです。

 

ノウハウに指示された仕組みは簡単で、
要は“自分のブログに広告を載せて収入を得る”というもの。

当時の僕のモチベーションは
非常に高い状態だったので、

正直、うまくいく気しかしません。

 

「ふふ…、これで結婚生活も安泰じゃ」

僕は早速、妻に事情を説明し、
できる限りのプライベートの時間を使って
ブログを書くことに専念しました。

 

ジャンジャンバリバリ…!!

 

1日の睡眠時間は4時間半。

寝る時間がもったいないくらいでした。

 

 

そして、3週間後。

成果はトータル1,800円。

 

 

 

「え、こんなもん…?汗」

ハッキリいって、めちゃめちゃ頑張りました。

だからこそ、
その時はそう思ってしまったんですよね。

 

何かやり方が間違っているのかと思い、
そのノウハウを紹介してくれた彼にメールを送りました。

 

しかし。

一向にメールが返ってきません。

 

もちろん、形を変えて何度かコンタクトを試みました。

しかし、彼から返信がくることはなく(おいおい)、
ぶっちゃけ「ムキーッ!」となりましたが、
ここでサルのように怒っても仕方がないことは確かです。

 

ただ、WEB上には
ブログで収入を得ている人たちが大勢居るので、
絶対に正しいやり方というものがあるはず!

 

それだけはわかっていました。

それに、ブログがうまくいかないからといって
僕の生活に何らかのリスクがあるわけではないので、
僕の意思としては『もう一度チャレンジするだけ』の話。

家族の人生の選択肢を増やす可能性を思えば、
まだまだやれることが沢山あったからです。

 

次は『本物』を見つけないと…。

 

僕は反省を活かし、改めて
信用できそうな人を慎重に探すことにしました。

すると、僕が知りたかったことを
わかりやすく発信しているブログを発見!

そのいくつかの記事には動画がついていて、
初心者の僕にとって非常に親切な解説なのです。

FMラジオから流れるDJのような落ち着いた話し方。

そんな彼の声に安心感を抱いた僕は、
興味の示すまま彼のメルマガに登録しました。

 

毎日送られてくるメールには、
僕が今一番知りたかった
『個人で起業する方法』が書かれてありました。

優しい語り口調がそのまま聞こえてきそうな文章で、
今の時代がいかにチャンスに溢れていて
自分の行動次第で自由に人生を描けるということを、
初心者の僕にもわかりやすく伝えてくれるのです。

 

普通の会社員だった彼は、
最初、副業からブログを始めて
たった3ヶ月で月収10万円を達成。

現在はブログとメルマガで
月に100万円ほどの収入を得ているとのこと。

しかも、それはわずかこの1年での出来事。

実際、彼は約1年前まで
今の僕と同じような状況だったようで、
ネットの仕組みをうまく活用することで
自分のビジネスを楽しんでいたのです。

 

 

「この人みたいになりたい…!」

 

 

何かを押し売りされてる感じはありません。

彼の話のひとつひとつに納得した上で、
ただただ強く興味が惹かれていったのです。

もちろん、前回のように
大きな収益額だけを見て浮足立ってはいません。

ただ、彼が話す今の世の中の動きや
それに対する今後の僕たちの働き方について、
心から共感せずには居られなかったことは確かです。

 

それにしても…

ネット起業には夢があります。

1年…! いや2年、3年かかったとしても、
月の収入が100万円になったら最高じゃないですか!

 

「子供ができたら英会話学校に通わせて、
1シーズン毎に家族旅行に行って…」

なーんて妄想もリアルに捗ります(笑)

 

僕自身、転職歴が多いと自負していますが、
高卒で武器となるキャリアがない状態で
月収30万円以上の転職先を見つけるのが困難なご時世。

 

どうせリスクがないんだから…、

やってやろうじゃないの!

 

頭の中の“リスクとリターンの天秤”が大きく動き、
リターンの重みがリスクを皿ごと吹き飛ばしていきました。

 

無名の僕が書いたブログが月収60万円!!

マーチの家族写真

 

前回、僕のブログで失敗だったのが、
教科書だけで収益化をしようとしたこと。

つまり、
自分の力だけで学ぼうとしたのが間違いでした。

学校の試験でもそうですが、
教科書だけで高得点を取れるなら先生は必要ありません。

現実では先生がいないと授業が成り立ちませんし、
学校が終わってからも塾に通うのが普通であるくらい
学びは人から人へと伝わっていくものです。

 

そこで、僕はその若い起業家に
直接のメンター(指導者)になってもらい、
コンサルティングを受けながら
自分のブログを再始動することにしたのです。

実際、独学で書いていたブログ記事は
まったく『型』ができていないのが問題だったので、
書いた記事を添削してもらいながら
僕はブログの書き方を修正していきました。

 

「なるほど! そういうことか!」

「この場合はこう考えればいいんだ!」

 

教わったことは素直にノートにまとめ、
それを新しく書くブログで反映させていくのですが、
学んだことが収益として返ってくるのが純粋に楽しい!

メンターが側にいてくれるだけで心強く、
一人で悩んでいたことも
固い結び目がスルスルと解けていくようです。

 

そこからわずか2ヶ月。

僕は月収10万円という成果が得ることができました。

 

希望の光が見えてきた僕は、
その間に会社を辞めることにしました。

さらにその後、
自らブログノウハウを作って再現性を試してみたところ、
2ヶ月目で月収20万円
3ヶ月目で月収60万円という成果が出たのです!

 

自分で書いたブログ記事で得た収入は
95%以上が利益となるので、
月収17万円の頃から比べると夢のような話。

でも、これは“まごうことなき現実”です。

さらに、それ以上に嬉しかったのは、
日本中の知らない人たちから
沢山の感謝のコメントをいただくようになったこと。

 

「わかりやすい解説をありがとうございます」

「おかげで子供にうまく説明できました!」

「とても共感する内容でした!!」

 

当時、僕は顔出しもせず、
名前さえ明かさずに活動していました。

言ってしまえば「無名の存在」です。

一年前まではブログさえ書いたことがない僕が、
会ったこともない人たちから感謝され、
気がつけば会社員時代の収入を遥かに超えている状態…。

 

なんなんだ、これは…!?

 

驚きと喜びが交錯していましたが、
よくよく考えてみれば当たり前のことでした。

ただの世間話みたいなブログでも、
読みたい人がいて
その人が求めている記事を書くという
商売として基本的なことをしていたからです。

それは元々人間に備わっているものなので、
ちょっとしたコツさえわかっていれば
高度なビジネススキルなど必要ない話なのです。

 

それに、その作業自体に
サラリーマン時代のようなストレスが一切ありません。

 

  • 意味のない拘束時間
  • 人間関係のしがらみ
  • 余計な通勤時間
  • サービス残業

 

好きな時間好きな場所で自分のペースで働き、
がんばればその分が報酬として返ってくる。

しかも、リスクがまったくない!

 

機嫌よくワークできるし、
商売としても基本に則したものなので、
そこがわかっていれば道に迷うことはないのです。

 

結局、僕はたったひとつのブログだけで家族を養い、
その間に2人の子供にも恵まれました。

(2019年8月には3人目が生まれました!)

 

ブログで収入を得ている間の作業は1日3時間程度。

おかげで出産の立ち会いも、いつでも準備OK!

子育てのサポートにも余裕があるので夫婦円満です。

 

勢いにノッた僕は、
同じように人生の経済状態を整え、
堂々と自分らしく生きられる仲間を増やすために
コンサルタントとしての活動も始めました。

ありがたいことに、こちらも開始1年目で
月収100万円を達成することができました。

 

高卒で転職を繰り返し、
39歳まで手取り17万円の独身だった僕にしては、
まさに人生が好転した出来事と言えるでしょう。

 

これはちょっとした勇気と行動、
メンターのサポートがあったからこその賜物。

そして、決して一人の力では
成し遂げられなかったことだからこそ、
僕も誰かに手を差し伸べる存在になりたい…!

それはハッキリとした僕の使命でもあるのです。

 

昔、『ユダヤ人大富豪の教え/本田健』を読み、
ある一節に大きな感銘を受けたことを今でも覚えています。

主人公である青年が、ユダヤ人である大富豪から
成功の教えを受ける条件として次のような提示を受けました。

 

「この話を聞いて、君が成功したら、
将来前途ある若者にこの知恵を教え、
彼らの成功を手伝ってあげることを約束してくれるかな?」

 

主人公がその問いに
「YES」と答えたことは言うまでもありません。

そして、僕は本を読みながら、
豊かさとはこうして受け継がれていくのだと知りました。

 

あれから約10年。

僕にもやっと、その役目が来たのだと思っています。

そして、愛する家族に囲まれながら、
日々、楽しく仕事をする生活を送ることができています。

 

愛する人を守る堂々とした自分を創ろうゼ!

子供2人と一緒にいるマーチ

 

僕が転職を繰り返していた時は
会社や組織に人生を管理されている気がして
自分らしく生きている感じがありませんでした。

 

「僕の背中は自分が思うより正直かい?」

 

これは槇原敬之さんの『どんなときも』の
歌い出しのフレーズですが、
僕の心の中にはいつも
「正直でいたい」と思う気持ちを持っています。

 

サビの部分にはこんなフレーズがあります。

 

「そしていつか誰かを愛し、その人を守れる強さを
自分の力に変えていけるように」

 

堂々と自分らしい人生を送ることは、
すべての人に平等に与えられた権利です。

恋人や家族など愛すべき存在との関わりを願い、
強い自分でありたい気持ちにリミッターは要りません。

 

今はネット環境が整備されたおかげで
個人でもWEB収入を得られる時代なので、
会社に縛られない働き方を
選択する人たちが増えてきています。

 

それはつまり、
自分の手で人生を創るということ

 

人生の責任は自分で持つという
超当たり前のことを実践する覚悟を持つだけで、
無駄なストレスのないペースで働き、
自分の都合でプライベートだって楽しめるのです。

さらに、時代に合わない古いしきたりや
窮屈な人間関係からも解放されるでしょう。

 

  • いまだに紙で伝票入力している会社
  • パワハラ上司が部下を支配する会社
  • 効率化を考えずサービス残業を強いる会社

これらは沈みゆく船ではないでしょうか?

 

逆に言うと、日本中の人たちが
SNSなどで情報共有する現代においては、
情報を早く使える人ほど得をしやすい
ということが言えるかもしれませんね。

 

たとえば、自分でブログを書くことで

  • お金で自分を切り売りしない
  • ネット起業で人生の選択肢を増やす
  • さらに大切な人の選択肢も増やす

といった未来を築くこともできるのです。

 

僕の場合、結婚したことで
経済的な弱さが浮き彫りになりましたが、
そのおかげで人生の新たな選択肢に気づき、
家族と過ごす時間も増えました。

もちろん、夫婦の仲も良好。

それに、起業によって自信もつきました。

『まさに幸せ』ってやつです(笑)

10年前はとても叶わなかった話ですが、
自分の気持ちひとつで
人生を好転できるこの時代に本当に感謝しています。

 

1億人が情報共有する時代において、
お金や時間、人間関係など、
何かしらの悩みから抜け出す勇気を持つと、
そこから色んな知恵が得られるでしょう。

今はそんな些細なきっかけからでも、
自分らしい人生を創る路が切り拓かれていきます。

そうすると、大切な人に使える時間も増え、
ハッピーな輪(和)が
自然と拡がっていくようになりますよ!

 

こんなに面白くてやりがいがあり、
大切な人の力になることなんて他にありません。

特に自分の人生を創る生き方こそ、
次世代の子供たちへの最高の教育となるはずです。

 

それに、何のスキルもない僕にもできたのですから、
今は挑戦する人に対してとても優しい世界だと思います。

つまり、小さな勇気を出せる人にとっては、
時代の強い追い風が力を貸してくれるということですね!

 

さぁ、第二の人生はここから。

愛すべき人を守る自分を創るため、
一緒に堂々と人生を好転させていきましょう!

人生好転マーチ無料メール講座の家族イラスト付き案内
 
 

※登録されたメールアドレス宛にプレゼントをご案内します。
『@icloud.com』でのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスを作る際はGmailもしくはYahooメールがおすすめです。
※常識的におかしな名前でのご登録は、こちらから解除させていただく場合があります。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。