タブレットで情報収集する40代男性、イラスト

 

40代50代の多くが、将来に不安を感じている現実。

あなたはどのように受け止めているでしょうか?

 

40代50代では、転職をするとほぼ給料が下がると言われているので、そこには厳しい現実が待っていると言われています。

僕自身、30代は転職ばかりを繰り返し、その度に給料が下がるという“負のループ”にハマってしまい、40歳で月収20万円以下の介護職として働いていました。

最終的には、インターネットを使ったビジネスで独立し、現在は月収100万円以上の収入を得られるようになりましたが、転職を繰り返した30代は本当に大変な思いをしました。

 

このような経験から、40代50代で転職をして給料が下がるリスクに怯えるくらいなら、早い段階で自分でお金を稼ぐ実力と実績を身に着けたほうが幸せになれるんじゃないか?と思うようになりました。

むしろ、僕のようにアラフォー以上で人生経験豊富な人の方が、インターネットを使ったビジネスは向いているかもしれないというのが、率直な意見です。

 

ではこれから、40代50代で迎える転職の厳しい現実に悩まされないために、経済的に豊かになる方法について真面目に話をしていきたいと思います。

 

フォロラーフォロラー

転職しやすい時代だと言われてても、そこで給料が下がるのが問題なんですよね…

マーチマーチ

転職するとそれまでの評価もリセットされるから、転職先で厳しい現実が待つリスクも考えないといけないんだよ

40代50代が抱える将来の不安の正体

40代50代が抱える将来の不安の正体

 

40代は人生の折り返し地点と言われますが、その反面、まだまだ働き盛りの世代と言えるでしょう。

しかし今、40代50代というのは将来に不安を抱えているのが現実です。

 

普通、働き盛りの40代なら、
将来に対して希望を持っているものですが、

 

『社会保障サービスの低下』

『公的年金の引き下げ』

『税負担の増加』

『少子高齢化』

『格差社会の拡大』

 

など、社会全体がこのような問題を抱え、
明るい未来を描くことができないのです。

 

これって要するに

お金の不安

なんですよね。

 

40代50代が将来に不安を抱えているのは、この社会全体が常にお金の問題で景気が下がっているからです。

そして、これらお金の問題から派生する社会問題のほとんどは、年齢を追うごとに自己解決できないものとして重くのしかかってくるというのが現実なのです。

 

40代50代は転職で給料が下がるのが現実

転職で給料が下がる現実を知る40代男性

 

日本の労働者の多くがサラリーマンですが、常にお金の問題がつきまとっているため、将来に希望が持てない人が増加傾向にあります。

 

実際、40代50代にもなると、転職しても給料が下がるのが現実なので、お金の問題を解決するための選択肢というものがなく、どんどん八方塞がりの状態になっていきます。

たとえ働き盛りの40代だったとしても、転職で給料が下がってしまう現実が待っているのであれば、会社にしがみついていた方がマシだと考えるのが普通かもしれません。

 

でも、その時に、「自分のしたい仕事はこれじゃない」とか、「この会社では自分を活かしきれない」といった思いを持っていたら、結構、ツラいですよね…。

僕の場合、この感情をだましながら15年間もサラリーマンを続けていたので、20代の頃からずーーっとモヤモヤした気持ちを抱いてました。

とにかく、将来に不安を感じていたとしても、退職できない状態が現実を厳しいものにしていくのです。

 

40代50代の転職は、それまで培ってきた実績と即戦力がなければ、十中八九、給料が下がると言われています。人事評価、年収、昇進などは、会社が変わればリセットされてしまうからです。

 

だからこそ、40代50代の転職で大事なのは『実績』と『即戦力』です。

 

ただ、会社は組織で動くものなので、基本的に「これ!」といった実績を作れる人はほんの一握りだけ。

そこに気づかずに「いざ、転職だ!」といっても、厳しい現実が待っているだけなのです。

 

フォロラーフォロラー

個人の実績を作れる会社が少ないことに気づかないと怖いですね

マーチマーチ

ある意味、今は個人で実績を作れる時代だから、いつまでも会社に頼ってちゃいけないともいえるね

40代50代を待つ思考停止の甘い罠

思考停止のイメージ

 

格差社会が拡大していく中で、貧困層から出られなくなるのは思考停止に陥ってしまった人たちです。

つまり、この先の社会問題に対して、何の対処もせずに日々を過ごしていると、格差社会の波に飲み込まれる可能性が非常に高いということになります。

 

先程も話したように、社会問題の多くはお金の問題に置き換えられるので、40代50代で経済的に不安を抱えている人は、まずは経済的に力をつける必要があると言えるでしょう。

 

そして、40代50代から経済力をつけるために、まず考えて欲しいことは『この先の時代がどうなっていくのか?』ということです。

これから先の時代は、益々、格差社会が拡大していき、超富裕層と超貧困層といった具合に、さらにその格差のレンジも広くなっていくでしょう。

 

なぜ、このようなことが起きるのでしょうか?

 

理由は色々と考えられるのですが、
とにかくここで重要なのは

労働力のロボット化

にあります。

 

労働力のロボット化というのは、要するに『今まで人間がやっていた仕事を、コンピューターが担うようになる』ということですね。

言い換えると、コンピューターを使ってビジネスを使える人は格差社会の上に行き、コンピューターに仕事を取られる人は格差社会の下に行くことになるのです。

 

思考停止に陥ってはいけないというのは、これからは安価で供給されるコンピューターや、安い賃金で雇える外国人に仕事を取られるので、そのことについて真剣に考えようということなのです。

 

今後、行われるであろう『公的年金の引き下げ』や『支給開始年齢の後退』を考えれば、おそらく僕たちは70歳を超えても働き続けなければいけないことになるでしょう。

いま40歳だとしたら、年金支給開始の70歳まで、まだ30年も仕事をしていかなければならないのです。

体もだんだん動かなくなり、病気や親の介護問題を考えなければならない中で、お金のことについて思考停止に陥ることがいかにマズいか、おわかりいただけるのではないでしょうか?

 

この先の時代に生き残る人とは?

将来の不安を乗り越えて生き残る50代男性

 

ビジネス(経営)で一番お金がかかるのが、実は人件費です。

しかし、外国人労働者や、インターネット技術が急成長したことで、ビジネスにかかるお金というのが徐々に削られるようになりました。

格差社会の上にいる経営者たちは、しっかりとこの恩恵を受けているので、この先、彼らが抱く問題というのは『税』や『安全』に関するものばかりでしょう。

 

ただ、一般的な雇用者は、この先に過酷なイス取りゲームが待つことになるでしょう。

結論から言うと、かなり特殊な技術や専門的な知識を扱っていない限り、雇用者として経済的に豊かになるのは難しいのです。

つまり、この先、生き残っていける人というのは、自分のビジネスをしている人なのです。

 

『自分のビジネスを持つ』

 

これは、今までの時代なら、余程自立心が強いか、そのような志がなければ、普通は考えないことです。特に40代50代は尚更でしょう。

しかし、インターネットが普及し、利便性が高くなったことで、そのハードルが急激に低くなり、誰でも容易に個人ビジネスが行える時代となりました。今までになかった選択肢が、この時代には用意されているのです。

 

よく、「成功する人は、自分を持ってる人である」と言われます。

これは、『自分の意見を言える人が成功する』と、言い換えることができるでしょう。

 

今の時代、誰でも自分の意見を発信できる場所を、インターネット上に作ることができます。

つまり、ネット上で情報発信媒体(ブログ)を持つことで、あなたは自分自身のビジネスを持つことができるということですね。

そして、情報を発信する側にいる人こそが、この先、生き残る人と言えるのです。

 

フォロラーフォロラー

40代50代と言えば新聞を読む世代なので、 活字なれしている分、ブログが適してますよね!

マーチマーチ

特に40代50代の情報発信者は少ないから、今、このチャンスを逃す手はないと言えるね

40代50代に不安などない

40代50代が不安を解消するイメージ

 

今の40代50代は、年金や老後のことで不安を抱えやすい年代です。

しかし、勉強熱心な40代50代は、不安を煽るテレビから情報を受け取ることありません。

受動的な情報から、思考停止になって不安を抱えることがないのです。

テレビの情報で良いのは、せいぜい天気予報くらいなので、自分に本当に必要な情報は、自分で掴み取りにいっているということですね。

 

つまり、40代50代が不安を拭い去るためには、うまく情報化社会に適応していく必要があると言えるでしょう。

彼らは思考停止にならず、情報社会化した今の時代のスピードにうまく乗っています。

情報は速さが命ですが、それは『ネット>テレビ>新聞』という順番なので、自主的にインターネットを活用していかなければ、これからの時代に取り残されてしまうことになるでしょう。

 

幸い、年齢を問わず、誰もがインターネットの利便性の恩恵を受けることができます。

例えば、ブログを書いてお金を稼ごうと思った時に、初期投資にほとんどお金がかかりません(年間1万5000円程度)。

さらに、そのための情報も揃っているので、思考停止で今の状況に甘んじない限り、チャンスは目の前にいくらでも広がっているのです。

 

すべての準備はすでに整っています。

後は、やるかやらないか。

 

将来に不安を抱えた40代50代が、
その不安を拭い去るのであれば、
今が絶好のチャンスです。

 

40代50代は、まだまだ働き盛りです。

 

将来を見据えた
『実績』と『即戦力』を身につけるには、
今、このチャンスを
見逃してはならない
ということですね。

 

「40代50代からビジネスを始めるのは遅い」と考える人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

問題なのは、好奇心を失い、思考停止に陥ってしまうことです。

 

40代50代からビジネスを初めて稼げる人は、実質的な若さに頼ることなく、好奇心を軸に生きています。

彼らは、今がいちばん人生経験を積んだ瞬間であることを忘れず、本当の意味で『やるしかない』ということがわかっています。

そして、それができる時代がきたことを、ちゃんと理解しているのです。

 

思考停止に甘んじて、
好奇心が枯れてしまったら、
何をしたって成功することはできません。

 

僕たちは、
まだまだ人生の可能性を信じ、
それを追い求めていくことができます。

 

40代50代では、転職しても給料が下がる現実が待っているだけなので、将来の不安は自らの手で解消する道を選択すべきです。

僕は、このように未来を前向きに捉え、がんばっている人たちの人生を好転させるお手伝いをしているので、もし興味があれば、下で紹介しているメール講座(無料)も読んでみてくださいね。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。