毎年、8月の第一土曜日に淀川河川敷で行われる『なにわ淀川花火大会』ですが、混雑が大変だからといって敬遠している子連れファミリーも多いかもしれません。

僕も花火大会の賑やかな雰囲気が好きなのですが、交通整理で大回りさせられたり、屋台やトイレの行列で待たされたりと、結構大変なこともあるものです。

 

なにわ淀川花火大会も、そういった混雑必至の花火大会なので、さすがに2歳未満の小さい子供を2人連れて花火を観に行くのは難しいと思っていました。

ですが、今回は知人に有料観覧席を招待してもらえたので(ラッキー♪)、思い切って行ってきました。

 

結論から言うと、子連れファミリーで花火大会に行くなら、有料観覧席で観るのが一番余計なストレスがなくて良いと思いました。

ということで、今回は簡単なレポートを書いてみたいと思います。

なにわ淀川花火大会の有料観覧席とは?

2018年なにわ淀川花火大会イメージ

引用元:なにわ淀川花火大会公式サイト

 

2018年8月4日土曜日に開催される大阪のなにわ淀川花火大会。

まず、なにわ淀川花火大会の有料観覧席のエリアを見てみましょう。

2018年なにわ淀川花火大会の有料観覧席マップ

こちらは2018年なにわ淀川花火大会の有料観覧席の会場図ですね。

昔は無料だったベストスポットも、河川敷の改良工事を境にほぼ有料に変わっています。

 

【エキサイティングシート】
エリア指定自由席
大人:9,000円
子供:5,000円

【アリーナシート】
エリア指定自由席
大人:7,000円
子供:4,000円

【団体ブロック】
団体指定席
大人:8,000円
子供:5,000円

【ステージシート】
ブロック指定席
大人:9,000円
子供:5,000円

【右岸パノラマスタンド】
エリア限定
大人:3,500円
子供:2,000円

【納涼船】
完全指定席
大人:18,000円
子供:10,000円

※子供は3歳以上小学生以下。

※2歳以下は無料(乳幼児の膝上入場可)

花火大会の多くは無料なので、これらの有料席の値段を見ると少々高いと感じるかもしれません。

ただ、子連れで花火大会を楽しむであれば、お弁当・お茶・机・パイプ椅子付きで、スペースにも余裕があるので、余計な荷物の心配がなくて楽ちんです。

ちなみに、パノラマスタンド(エリア指定)は広範囲ながら、毎年早い段階で売り切れるそうですよ。

 

詳しい情報は公式サイトへ

⇒なにわ淀川花火大会価格表

 

有料観覧席(団体ブロック)レポート

ここでは、2017年に開催されたなにわ淀川花火大会の有料観覧席のレポをしていきます。

僕たちが利用したのは『団体ブロック席』となります。

 

なにわ淀川花火大会、中央入場口

こちらは中央入場口の様子です。

 

なにわ淀川花火大会、区画整理された有料観覧席

中に入るときれいに区画整理されています。

 

ちなみに私たちは団体ブロックなので、いつも前売りで完売するエキサイティングシートの隣のエリアになります。

なにわ淀川花火大会、団体ブロックの中

中に入ると沢山のスタッフがいました。

 

なにわ淀川花火大会のプレスエリア

団体ブロックとエキサイティングシートの間はプレスエリアで、報道局のカメラが入っていました。

 

気になるお弁当を見ていきましょう。

なにわ淀川花火大会、団体ブロックのテーブル

なにわ淀川花火大会、なだ万のお弁当

なにわ淀川花火大会、なだ万のお弁当の中身

美味しかったです♪

 

実際の花火はかなり間近で、水中の花火なんかもしっかり見ることができました。

なにわ淀川花火大会、団体ブロック席からの花火の様子

なにわ淀川花火大会、団体ブロック席からの水中花火

高く上がる打ち上げ花火は首を倒して見るくらい、真上で大輪の花を咲かせてくれるので、子供たちも夢中で見ていました。

 

こちらは、グランドフィナーレを動画で撮影したものです。

 

最後は視界が花火で覆われるので、圧倒されて目が離せませないほどのド迫力でした。

 

特筆すべきもうひとつのポイントは、花火が終わった後。

なんと5分もかからないうちに淀川河川敷から退場することができました。

 

無料観覧席だと鬼のように待たされる退場規制がないので、子連れファミリーにとっては助かるところでしょう。

この辺りが非常にスムーズなのは有料観覧席の良いところですね。

結局、ほとんど混雑に合うことなく、最高の花火を楽しむことができましたよ。

子連れファミリーは有料観覧席がおすすめ!

なにわ淀川花火大会

ほぼ毎年行っている淀川の花火大会ですが、屋台などを楽しみたかったり、友達とかとワイワイしたりするのであれば、無料エリアでも良いかと思います。(有料観覧エリアには多分屋台がなかったので…)

ただ、小さな子供を連れて行こうと思うと、夜遅くの花火はなるべくサッと行ってサッと帰りたいのが本音なので、少しお金はかかりますが、そういった希望を叶えてくれるという意味では、子連れファミリーには有料観覧席が良いのではないでしょうか?

 

あと、トイレがスムーズでした…

 

花火大会に行く時に問題となるのが、ズバリ『トイレの行列について』でしょう。

特に小さな子供を連れて行く場合だと、ここは気になるところですよね。

なにわ淀川花火大会の無料エリアのトイレは驚くほど並んでいますが、さすが有料観覧席はトイレがスムーズでした。19時の花火前の時間帯に列がなかったので、これだけでもストレスがまったく違います。

 

そういった意味においても、夏のスペシャルなアトラクションを満喫しやすい環境となるので、デートや親孝行にも良いかもしれませんね。

きっと、2018年夏のステキな思い出になりますよ♪