ネットを見ていたら、40代の平均年収が約600万円だというデータが出ていることを知りました。

40代といえば働き盛り世代ですし、一般的な視点で家族を養っていくことを考えれば、やはり年収600万円くらいは普通に必要ですもんね。

 

ただ、現在は経済格差の二極化が深刻化しているので、40代で平均年収が600万円を大幅に下回る人もかなり多いんじゃないかと思います。

世の中的にも「将来に不安を感じる」という人が増えている傾向にあるので、40代でこの平均年収600万円を下回ってしまうと、将来的に色々と危惧するところがあるかもしれません。

 

僕自身が40代ということで、同世代の経済状況が今後も厳しくなるだろうと感じるのですが、その場合は転職や副業などの選択肢も急浮上してくる可能性もあります。

今回は、平均年収600万円に満たない40代が、経済的問題をクリアするためにどうすればいいのかについて、考えてみたいと思います。

40代の平均年収600万は本当?

40代の平均年収600万は本当?

 

40代の平均年収が600万と聞いて、あなたはどう思ったでしょうか?

元介護職員の僕は、「そんなにもらった時ねーゾ?」と思わず憤慨したわけですが、実際、国税庁が発表した平成27年度の民間給与実態統計調査によると、下記グラフのようになるそうです。

平成27年度の民間給与実態統計調査、40代の平均年収引用元:民間給与実態統計調査

 

40~44歳の平均年収が461万円、45~49歳の平均年収が486万円。

40代全体で計算してみると、平均年収が474万円になりますが、家計を支える男性に限って考えるとやはり平均年収は600万円ということになります。

ちなみにこちらは給与ベースでのデータとなるので、個人経営や投資などで収入を得ている40代を合わせると、この数字も多少変わってきそうですね。

 

ちなみに、40代男性と女性を比べると、平均年収に200万円以上の差があることになりますが、こちらも40代女性の方たちからすると不満が出てきそうな数字と言えそうです。

さらに、派遣社員やフリーターなどもここに含まれていると考えると、この平均値に当てはまる人って案外少ないんじゃないかなとも思う次第です。

40代から平均年収を上げるには…

40代から平均年収を上げるには…

 

ただ、40代の平均年収が600万円という数字が出ているとしても、それに満たない40代が平均年収を600万円に近づけようとするのはかなり難しいのではないでしょうか?

そこで選択肢として出てくるのが『転職』ですが、このご時世に転職だけで年収が大幅に上がるというのは稀なケースだと考えられます。

 

となると、次に考えるのが『資格』を取って、自分のステータスを上げるという手段。

僕も34歳から介護の仕事を始めて、途中で介護福祉士という資格を取ったのですが、大して年収が上がりませんでした。

介護職は給料が安いので、専門学校に通いながら准看護師の資格を取る人などもいましたが、それまでにかかる労力や時間・お金はかなりのものです。

 

もちろん、このような資格によって年収を上げるのは業界によって様々だと思いますが、40代や50代ともなるとかなり色々なものを投資せざるを得なくなるでしょう。

場合によっては、自分の婚期を遅らせてまで年収ベースを上げるための努力を惜しまない人もいるくらいです。

 

日本人は真面目で責任感の強い人が多いので、経済的理由で結婚や子育てというステージを先送りにしている方は大勢います。

しかしながら、出口が見えないままの状態を続けていても、いたずらに時間が過ぎていくだけです。

当たり前ですが、国や社会に文句を言ったところで何も変わらないし、何よりもリスクを背負っているのは自分自身なので、周りに流されるままではにっちもさっちも行かない人生がこの先もつきまとうことになるでしょう。

 

そこで考えるのが副業です。

これまでは国や会社に依存する生き方を“是”としていましたが、自分の人生は自分でなんとかする意識を持たなければジリ貧だからです。

 

現在、サラリーマンで40代・50代ともなると、サラリーマンでの経験年数は少なくとも10年以上になるかと思います。

言い換えると、毎月定額で保証されたお給料を貰うという生活を、10年・20年以上続けてきているわけですね。

 

基本的に多くのサラリーマンは本業一本で生活を切り盛りしていますし、「副業で年収を上げよう」と言われても、周りにそういう人を見かけない分、色々と不安を感じるのが自然です。

ただ、普通は副業をしていたとしても、あえてそれを人に伝えることはしないので、当たり前といえば当たり前の話です。

 

それに副業といっても『アルバイト』『不動産投資』『ネットビジネス』『仮想通貨』『FX』など、その選択肢も多岐にわたっています。

このように副業を始めるにも、『最初の一歩』を踏み出すには結構パワーと勇気が必要です。

そこで、唯一その一歩をクリアしやすいのがネットで始める副業なのです。

 

ではこれから、その理由についてもお話しましょう。

40代50代はネット副業で年収を上げよう

40代50代は副業で年収を上げよう

 

 

 

今、ノーリスクでハイリターンな収入となると、ネットを使った副業しか手段がありません。

要するに、インターネットを使って自分のビジネスを始めるだけのことですが、これが言葉以上に誰でもできることで、仮に今40代・50代の方が副業で始めても、月100万円単位で年収を上げることが可能となります。

しかも、パソコン1台あれば、スキマ時間を使ってお金を稼ぐことができるし、僕たち40代・50代が感じるような年齢やキャリアによる障壁も皆無です。

それより何より再現性が高く、たとえ専門的なことが全くわからなくても、収入を得ながらイチから学ぶこともできるのです。

 

たとえばアルバイトなら、時給千円程度で時間の切り売りに終始するだけでなく、アルバイトで生活が豊かになるということはありません。

その他、不動産や仮想通貨には、虎の子の貯金を切り崩すといった先行投資というリスクがありますし、素人が手を出すにはリスクが高すぎます。

そもそも、そんな貯金がないという方も多いでしょう。

 

とにかく、平均年収600万円に満たない40代が、100万円単位での年収アップを望むのであれば、キャリアを活かした転職か、ノーリスク・ハイリターンなネットビジネスを始めるしか手段がないのが現状です。

実際、40代ともなると、引き抜き以外の転職では足元を見られるので、ぜいぜい現時点での年収の維持が良いところでしょう。

そうなると、やはりインターネットを使って、リスクなく副業を始めるのが手堅い年収の上げ方ということになります。

 

実際、サラリーマンの給料での年収アップが期待できないように、自らこの『0⇒1』を作り出さない限り、絶対に年収を上げることはできません。

ゆえに、多くの家庭では“世帯年収”でなんとか収入を確保するという共働きが常識化しつつあります。ですが、結局そのツケは子供たちや自分の人生で支払うことになるので、早くこの負のループから抜け出すことを考えなければならないのです。

 

インターネットを使ったビジネスは、昨今急発展したインターネットテクノロジーを駆使しているので、たとえビジネスをしたことがない一般の方でも、ノーリスクでお金が稼げる環境に手が届きます。

しかしながら、まだまだ「怪しい」「そんなうまい話はない」と言って、行動を躊躇する方が多いのが現状です。

 

もちろん、どんな印象を持とうがそれは自由なのですが、もしも人生を好転させたいのであれば、「だからこそ行動を起こせた人にチャンスがあるんだ」と考えてみてはいかがでしょうか?

実際、僕もそういう経験をしましたし、同じ40代の人たちが思考停止に陥って困らないように、本気でそうアドバイスしているつもりです。

 

現在、僕のメール講座『フォロー・ザ・リーダー』では、その辺りの秘密を参加者だけにお話しているので、興味があればこちらの方もチェックしてみてくださいね。