インターネットを使った個人ビジネスでお金が稼げるというのは、いまや周知の事実となっています。

しかし、インターネットでお金を稼ぎたいけど、特にその手段にこだわりのない初心者の場合、

 

ブログから始めるべきなのか?

YouTubeから始めるべきなのか?

メルマガから始めるべきなのか?

自己アフィリエイトから始めるべきなのか?

 

色々と選択肢が出てきて迷ってしまうものです。

 

ですが、本気で稼ぐ気ならブログは避けて通れません。

むしろネットビジネス初心者であればあるほど、最初はブログから始めるのが最善の方法と言えるでしょう。

ではこれから、その理由について詳しく解説していきたいと思います。

ネットビジネスで稼ぐ王道

ネットビジネスで稼ぐ王道

インターネットを使ったビジネスでお金を稼ぐためには、ゴールデンルールというか、ある王道というものがあります。

その王道というのが、インターネットを使って実際にお金を稼ぎ、その方法を誰かに教える(情報発信)ビジネスへと移行する道です。

 

そして、実際にインターネットを使ってお金を稼いだ実績のことを、よく『初期実績』という言い方をします。

これは、その後に行う情報発信ビジネスを見据えているからこその表現であり、この初期実績を元にして独自商品を作り、それを販売することで大きな収入が得られるようになっていきます。

 

理屈としては非常にシンプルですが、情報発信ビジネスは初期実績を構築する時と比べ、インターネットの拡散性とツールがさらに大きなレバレッジを効かせてくれるので、収入レベルが段違いになってくるのが大きな特徴といえるでしょう。

当然ですが、この初期実績の段階で“何を選ぶか”で、その先の道が容易なものになるかどうかが決まってきます。

本気で稼ぐ気ならブログは避けて通れない

本気で稼ぐ気ならブログは避けて通れない

このネットビジネスの王道と言われる稼ぎ方はDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)と呼ばれ、主にブログとメルマガを書くスキルを必要とします。

⇒後発組のためにダイレクトレスポンスマーケティングを簡単解説!

 

ブログを書くスキルもメルマガを書くスキルも、同じ“文章を書く”というスキルとなるので、よく言われる『コピーライティング・スキル』とごっちゃになるかもしれません。

しかし、このいわゆるコピーライティング・スキルというものは、主にメルマガやセールスレターといったものに使われ、何か商品や企画を販売する時に使う文章テクニックとなります。

 

ネットビジネスをする上でコピーライティングをマスターすることは、まさにOni with the iron bat(鬼に金棒)な状態になるのですが、文章を書きなれていない初心者にとってはちょっと現実的ではありません。

野球で例えると、初心者がいきなり変化球の投げ方やその使い分け方から始めるようなもんですからね。

ちょっと無理があります。

 

それに対し、ブログを書くというのは、もっとイージーです。

ブログを書くのにコピーライティング・スキルはほとんど必要なく、ネットビジネス初心者でもネット上に自分の資産を構築していくことができるからです。

 

わかりやすく言うと、ネットビジネスの王道に必要な文章を書く技術は、『ブログで集客するための文章を書くスキル』『メルマガやセールスレターで販売するコピーライティング・スキル』に2層構造になっているのです。

どちらも必要であることは言うまでもありませんが、YouTube、メルマガ(無料レポート)、自己アフィリエイトなどで初期実績を上げようとも、やはり『ブログで集客する道』は避けられません。

 

ネットビジネス初心者がブログから始めた方がいいと言われるは、初期実績を上げやすいのはもちろんのこと、今後も安泰なプラットフォームであることや、情報発信ビジネスに移行した時にスムーズにコピーライティングを学びやすいといった面があるからなのです。

今までのブログノウハウのままでは厳しい?

需要の高いテーマパーク

売れているアイドルやアーティスト、テーマパークなどでは、毎年チケットの値段が上がっていきます。

需要が高くなればなるほど本体価値も上昇し、以前と同じ価格で据え置きというわけにはいかなくなってきます。

 

ネットビジネスに目を向けてみると、こちらもネット環境の向上に伴い、インターネットでお金が稼げると情報がたくさん出回るようになりました。

今では、一昔前のように怪しいビジネスの類も減り、かなり健全に個人ビジネスとして成り立っているところがあります。

僕自身、まったくの素人という状態でありながら、ブログで生活を成り立たせるまでになりましたし、この業界を知れば知るほど同じような人がたくさんいると知れたので安心感もあります。

 

ただ、その反面で、今までのブログノウハウでは通用しなくなってきていると感じるところもあります。

もちろん、これまでのブログノウハウがまったく通用しないという訳ではなく、やはり需要の高さと共に良いものが求められるようになってきているので、そこで頭ひとつ分抜きん出るくらいの何かが必要となってきます。

 

ブログは初期実績を上げる上で効率のいい選択だけど、飽和状態になりつつあるので今までのやり方ではうまくいかない現実があるのです。

 

うーん、困った…

 

うん、困りますよね。

でもこの市場を冷静に見てみると、決して供給過多にはなってないんですよ。

 

でも、飽和状態って言ったじゃん!!

ってツッコミが入るかもしれませんが、飽和状態なのは今までのノウハウでブログ記事を書いてる人たちが自然渋滞を起こしているだけで、ちょっとズラして考えれば抜け道はそこら中に広がっているのです。

 

ただ、今までのブログノウハウのままでは今後厳しくなってくるし、そのまま情報発信ビジネスへと移行しても茨の道となる可能性が高いことはたしかです。

だから早くそこに気づいて、すぐに行動に移した方が良いということですね。

ブログで稼げない=集客できない

ブログで稼げないときの戦略

スマホやタブレットの普及が広がり、インターネット上で面白い情報を探している人がたくさん居る中で、ブログ記事はさらなる需要の高まりを見せています。

もちろん動画コンテンツなどの需要も同時に高くなっていますが、ただ、通勤や職場、学校、出先など、なんだかんだでWi-Fiの通ってない場所では記事コンテンツが読まれやすい。

ちょっと余談ですが、最近ではドラマを1時間かけてみるより、さっさとネタバレ記事を読んで済ます人も増えてきているので、受動的な動画よりも主体的に読み進められる文章が好まれるケースも多々あります。

 

そんな感じで非常にブログ市場の需要は高いわけですが、今後情報発信ビジネスに移行して稼いでいくにしてもブログで稼げないのは、基本の『き』となる集客ができないのと同じなので、お先真っ暗であることは言うまでもありません。

なので初心者は兎にも角にも、まずはブログで稼ぐ(集客する)スキルを身につけておいた方が“絶対に良い”のです。

 

ブログで稼ぐということは、すなわち『集客』という超重要なスキルを身につけること。

そして、ブログ記事もちょっとしたコツを掴んでいれば、競合の少ないブルーオーシャンでアクセスを集めることができます。

そして、そのブログ技術は初心者の段階で習得しておくと、非常に効率的だし、後々の情報発信ビジネスもラクになるということですね。

 

 

今回の話をまとめると、インターネットビジネスで本気で稼ぐ気ならブログは避けて通れないし、初期実績の段階でブログを選択するというのは非常に理にかなったクレバーな選択ということになります。

詳しい内容についてはメルマガでこっそりお話しているので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。