今回は斎藤一人さんの名言から、『苦労話をする人は苦労が足らない』という言葉を紹介したいと思います。

 

誰にでも苦労話の1つや2つあると思います。

しかし、斎藤一人さんに言わせると、

苦労話をすることに意味はない

とのこと。

 

さて、その真意とは?

斎藤一人名言「苦労話をする人は苦労が足らない」

斎藤一人名言「苦労話をする人は苦労が足らない」

 

苦労話って、つい誰かに話したくなりますよね。

でも、斎藤一人さんが言うには、本当の苦労を経験するとそれを人に言うのも嫌になるのだそうです。

ちょっと違うかもしれませんが、ガチの黒歴史は絶対に人に知られたくない感覚に近いのかもしれません。

 

では早速、斎藤一人さんの言う「苦労話をする人は苦労が足らない」という言葉について見ていきましょう。

 

(ご自分の過去世を見たいと思われますか?と聞かれて)

 

そんなことは思ったことないですね。

これから先のこととか、後のこととか宇宙のこととか、わからないことを不思議と言うんですよ。

不思議というものは、思案しても議論してもいけないということなの。

 

思うことも議論してはいけないよということなんです。

それが「不思議」なんです。

 

過去のこと調べようが、先のこと調べようが、おれたちが生きているのは今なんです。

今しかないんです。

結局、退行催眠しようが何をしようが、昔のことを考えて何をするんです?

今をしっかり生きるしかないんです。

 

済んだことはどうにもならないんです。

だからよく苦労話をいっぱいする人がいますが、苦労話をする人というのは苦労が足らないのです。

本当に苦労しちゃうと言うのも嫌なのです、思い出すのも嫌なのです。

 

それをお酒を飲んでいつも言っているようでは、それは、大した苦労じゃないんです。

思い出したくないのが苦労なんです。

 

だからね、人間っていうのは、本当に苦労すると言いたくも思い出したくもなくなってしまう。

で、自分が本当に苦労が嫌になったとき、苦労という言葉じゃなくて、あのときはいい経験したなーになるんですよ。

過ぎたことはいい経験したなと思うしかないんです。

で、いい経験したなと思えば何でもいいんです。

 

済んだことはいい経験したなーって。

あれを活かして幸せになろうと。

結論的には、もうそれしかないんです。

だから、生きていれば失敗することは山ほどあるんです。

 

引用元:変な人の書いた買ったら損する本/斎藤一人

 

ギクリ…、としません?

 

ちょうどこの本を購入した時(2004年くらいだったかな?)、個人的に大変な時期で愚痴や文句を言いがちだったのですが、この話を知ってからは「苦労話をするオレってダセェな…」って思うようになりました。

実際、人に言えるほどの苦労は苦労じゃないと思えると、どことなく気が楽になります。

 

あれから約15年くらい経ってますが、今では苦労話を悲壮感漂わせて話すことはなくなったと思います。

そして、これまで経験してきた様々な苦労も、時間が経てば何でもなくなることがほとんどなので、人に言いたくないレベルの苦労をするまではどんどん前に進んでいくのがいいかもしれませんね。

斎藤一人名言「何かあったら一歩前に進むことが大切」

斎藤一人名言「何かあったら一歩前に進むことが大切」、居合斬り

 

何かツライことや苦しいことがあった時、その痛みに耐えればいいのか、解決のために積極的に動けばいいのか、実際にその状況に身を置くと、案外どうしていいのかわからないものです。

 

斎藤一人さんはそんな時、

『一歩前に進むことが大切だ』

と言います。

 

自分を変えずに人を変えることは不可能だよ。

自分を変えずに世の中を変えることは不可能なんだよ。

思い方、考え方を変えれば、自分を変えることができるんだ。

その思いを変えるために言葉があるんだよ。

 

言葉を変えれば、心が変わる。

言葉と思いを変えて、今のままで幸せになることが大事なんだ。

 

(中略)

 

自分の幸せを数えだして、「幸せだー」といい出したときに、人生は変わってきちゃう。

起きることが変わっちゃう。

今のままで、何も変えずに幸せだと思えばいいんだ。

 

それから、何かあったら一歩前に進むことが大切だよ。

居合抜きで切られそうになったとき、後ろに下がっても、横に行ってもダメ。

前に進む。

そうすると相手は刀が抜けなくなっちゃう。

 

何かあったら一歩前。

その一歩前のコツが、今の現状を何も変えずに幸せだと思う訓練をしたとき、世の中は変わっちゃう。

 

引用元:500年経ってもいい話/斎藤一人

 

何か問題が起きた時は、その問題から身を退いてもズラしてもダメってことですね。

 

たとえば同書で、「今の仕事に生きがいを感じないから転職したほうがいい?」という質問に対して斎藤一人さんは、「辞めるなら今から半年間、一生懸命働いて惜しまれてから辞めな」とアドバイスしています。

問題の原因の多くは、自分の思いや心が生み出している、ということなのでしょう。

 

今回は『苦労話をする人は苦労が足らない』という一人さんの名言を紹介しましたが、厳しさを感じさせつつも、甘い逃げ道を断って前に進むためには重要な言葉なのではないでしょうか?

 

結局のところ、「苦労はいい経験」と捉えるのがベストな考え方だと言えそうです。

苦労話をいつまでも大事に抱えるよりも、失敗や苦労をいい経験だと思い直し、同じような人ことで悩んでいる人の力になってやるくらいの方が人生は楽しいはずですからね。

 

 

昔からよく言われている『苦労は買ってでもしろ』という言葉も、結局は“避けられないものは前に打って出よう”ってことなのでしょう。

これには、脱サラした僕も完全同意するしかありません(笑)

 

ちなみに僕の『いい経験』は、メルマガで面白おかしく話してますので、ぜひ一度読んでみていただければと思います。

Go Ahead!