すぐに行動に移せない女性

すぐに行動に移せない人がいます。

 

すぐに行動に移せないと言われると思わずギクリとするのですが、これは昔の僕がそうだったから。

そんな愚鈍で優柔不断で浮気者(そこまで言ってない)の僕だったのですが、最近ではわりと“すぐに行動する人”になりました。

 

振り返ると、すぐに行動に移せない人がすぐに行動する人になるためには、3つの方法をひとつずつクリアしていくだけでいいことがわかったので、今回はこの話についてシェアしたいと思います。

すぐに行動に移せない人が最初にすべきこと

すぐに行動に移せない時に最初にすべきことのイメージ

ブログ書いていると、気になるニュースが飛び込んできたら、すぐにそれを記事にすることが多々あります。

最初は失敗もあるんですが、いくつも記事を書くようになってくると、行動が早ければ早いほど先行者利益を得られることがわかってくるものです。

 

当然、すぐに行動に移せない人の場合、ここで遅れを取ってしまいますよね。

たとえば速報系記事なんかは、迷ってないでサッサと記事を書いてウェブ上にアップするのは言うまでもないことです。

 

僕自身、速報系記事で何度も検索上位表示を勝ち取ってきた経験があるので、そのために『即行動』が非常に重要であると確信しています。

 

だから、そんな時は、

「記事を書く時はサッサと書いた方がいいよ」

と、よくアドバイスさせてもらっています。

 

でも、それって当たり前の話ですよね。

なので、ちょっとやる気のある人の場合、そこでもう少し食い気味に、次のようなことを聞いてくることがあります。

 

 

どうしたら
すぐに行動に
移せる
ようになりますか?

 

 

これ。

いい質問ですね。

僕がすぐに行動に移せない性格だったのでわかるんですが、そこでこういう質問ができること自体、ちょっとしたきっかけで『即行動』できるようになるんですね。

そして僕自身、あることを心がけるようになってから、すぐに行動する人になれたと実感した方法があるのです。

 

それが、

余計な仕事を断る

ということです。

 

すぐに行動できる人になるためには、まず前提として“余計な仕事を断る”ということができなければなりません。

そうでなければ、余程器用に立ち回れる性格でない限り、本当にやりたいことをすぐにできないからです。

 

僕自身、副業時代は極力残業しないようにしていましたし、ブログを始めてからは一切飲み会にも顔を出さないように徹底しました。もちろん、こうした仕事関係のこと以外にも、人数合わせの付き合いや馴れ合いの集まりも断るようにしたのです。

事実、僕がスピーディーに仕事に取り掛かることができるのは、先に環境作りをしたからこそ。

 

周りを見渡してみると、僕よりも才能あふれる人が沢山います。

しかし、彼らが付き合いを優先したり、仕事の安請け合いをしたりして、自分が本当にやりたい事に対してすぐに行動できなくなっているパターンに陥っていることが多々あります。

 

本当に勿体無い…

 

『和をもって貴しとなす』も良いですが、自分が本当にやりたい事を犠牲にしてまですることではありません。

ただ、そういう人がすぐに行動に移せない状態になりがちなので、まずは『余計な仕事を断る』というところから始めることが大切となります。

すぐに行動する人になる2つ目の方法

すぐに行動する人になる気づき

すぐに行動する人になるためには、すぐに行動に移せないことのデメリットを知るのが一番早いでしょう。

 

では、すぐに行動に移せないことのデメリットとは何なのか?

 

それは、

すぐに行動する人よりも
チャンスが減る

ということです。

 

すぐに行動できないと、ゆっくり行動するか、行動せずにチャンスを逃がすかになっちゃうんですけど、結局、それだとチャンスの総数が減るわけなので、すぐに行動してトライ・アンド・エラーを繰り返していった方がいいんですね。

 

たとえば、ネットサーフィンをしていて、ずーっと買おうと思っていた商品が、たまたま、他のどのサイトよりも安い価格で見つかりました。

ずーーーっと欲しかったのにも関わらず、

様子を見ていたら、

 

『在庫なし』

 

になって購入できなくなってしまった。。

 

後になって、

 

「なんであの時買わなかったんだ…」

「すぐに決断しとけばよかった…」

 

こう考える人って
実はすごく多いんですよ。

 

だけどその中で、チャンスをモノにしてその商品を購入できた人も、必ず存在するわけです。

 

もちろん、同じ商品が後で安く買えることもあるでしょう。

しかし、本当に価値があるもの程その可能性は低くなるので、やはり即行動に移せる人はチャンスをモノにするケースが多いと言えます。

 

ただ、行動が遅かったことで後悔すると、「あの時こうしてタラ…」とか「この時こうしてレバ…」という“タラレバ”がつきまとうので、その失敗に対して素直に自分のせいにできないものです。

それに、それが原因で『行動が遅い』という根本的な問題点に気づけない悪循環に陥ってしまいます。

 

逆に行動が早ければ、失敗してもすぐに軌道修正できるし、やり直しのチャンスも早く巡ってきます

 

すぐに行動に移せない人とすぐに行動する人の差は、時間が経つに連れてどんどん広がっていくということですね。

すぐに行動する人はスタートが早い

すぐに行動する人はスタートが早い

すぐに行動する人になるための3つ目の方法は、“とにかく早くスタートを切る”と意識することです。

すぐに行動する人になるためには、まず余計な仕事を断り、チャンスを逃すというデメリットを知ることが重要だと話ましたが、そこまで下地が整えば、後はやりたいと思ったことに対して早くスタートを切るだけで十分です。

 

というのも、実は仕事で一番時間がかかるのは、他の仕事とバッティングしないための調整なんですね。

たとえば、あなたが本当にやりたい事を見つけた時にも、「きっと今の仕事に支障はないか?」「他のことができなくなるのではないか?」といったことを考えると思います。

 

でも、他愛もない仕事や付き合いの調整に振り回されてたら、自分の意志で本当にやりたい事をすることはできません。

すぐに行動に移せない人は、すぐに行動を移せないだけの理由があると考えますが、すぐに行動できる人というのは、ちゃんと自分のやりたい事するための環境を作り、サッサとスタートを切るための準備を整えていることが多いのです。

 

実際、ここまで準備できていれば、後は早くスタートし、淡々とやりたい事に専念するだけでうまくいきます。

先ほども言ったように、仕事で一番時間がかかるのはスタートを切る前にコンディションを整えることなので、スタートさえ切ってしまえば、その先は丁寧に仕事を進めても早く終わるし、意外とストレスも感じません。

 

スタートを切る前にコンディションを整えるより、さっさとスタートを切って淡々と前に進んでいきましょう。

 

ずっと自問自答し続けている人。

計画を立てる時間が長すぎる人。

環境を言い訳にしている人。

などなど。

 

スタートを先延ばしにしたところで、チャンスが大きくなることはありません

それどころか、早くスタートすればまったく急ぐ必要がなくなるので、余計な調整に時間を取られてしまっては気ばかりがアセってしまうようになっていくでしょう。

 

ブログを書くことに例えるなら、特に戦略がない場合、面白そうなネタを見つけたらサッサと書き始めた方が良いということですね。

最低限の『型』に習って、どんどん記事を量産していくだけで資産が積み上がり、それがやがて大きな差となり成功へと導いてくれるようになるはずですよ。

 

すぐに行動に移せない人が
すぐに行動する人になるためには、

 

  1. 余計な仕事を断る
  2. 行動が遅いとチャンスが減る
  3. 早くスタートを切る

 

この3つを常に意識してみてください。

特に、やりたい事をするためにやりたくない事を断る勇気を持たなければ、成功するためのスタートさえも切ることができません。

 

それがコツとしてわかってくると、次第にあなたの人生は自分のやりたい事だけで埋め尽くされていくようになるので、ぜひ今回の話も参考にしていただければと思います。