一生懸命頑張ってるのに報われないなら・・・

「一生懸命頑張ってるのに報われない」と言う人がいます。

 

実際、僕自身も経験していますし、案外、誰の人生にも『一生懸命頑張ってるのに報われない時期』ってあるんじゃないかと思います。

 

そして、

もうこれ以上頑張れない!

と意気消沈し、力尽きる。

 

ここまでがデフォルトですね。

まぁ、いわゆる「既定路線」ってやつです。

 

でもね、
ちょっと待って。

一生懸命頑張ってるのに報われないと思うなら、「頑張らずに報われる方法はないか?」ってちょっと考えて欲しいんですよね。

もしあなたが、多少手を抜いても報われる人生の方が良いと思うタイプであれば、ちょっと視点を変えてみるだけで、結構あっさりと問題が解決するかもしれません。

 

ということで今回は、一生懸命頑張ってるのに報われないなら手を抜くことを考えろ!というテーマで話をしていきたいと思います。

一生懸命頑張ってるのに報われない…

一生懸命頑張ってるのに報われない人

まず、「一生懸命頑張ってるのに報われない…」という言葉は、少し誤解を生じやすい部分があります。

 

それは、

頑張れば報われる

という誤解です。

 

これは僕自身がそう思っていたし、多分、学校教育の過程において、僕たちはそういう風に先生から習ってくるので、ある意味仕方がないと思います。

 

実際、頑張れば報われることは多いです。

ただ、すべてにおいて“頑張れば報われる”ほど世の中は簡単じゃありません。

生まれ持った才能がなければ通用しない世界もあるし、時代が成功を左右することも多々あるからです。

 

なので、

「一生懸命」とか
「頑張る」というのは、

成功する上において

ただの一要素でしかない

のが正しい捉え方なんです。

 

つまり、「一生懸命頑張ってるのに報われない」というのは、「才能があるのに報われない」とか、「時代が良いのに報われない」とか言ってるのと変わらないんですね。

 

たとえば、

「一生懸命筋トレしてるのに、
なんでJリーガーになれないんだ?」
とか、

「オレはイケメンで金持ちなのに
なんでモテないんだ?」
とか、

「景気が良いのに
なんで就職できないんだ?」
とか、

 

多分、あなたも誰かがそう言って
嘆いているところをみると、

 

他に原因があるのでは?

 

って思うはずなんですね。

 

まぁ、他人のことはよくわかるものです(笑)

何にせよ、シビアな大人の世界において、「がんばればうまくいく」「努力すれば成功する」というものでもないのが本当のところです。

 

『努力』と『頑張る』の違いとは?

頑張ることのイメージ

以前書いた、本当の努力とは「才能がない」と言い切れるまでやり抜くこと!というコンテンツでは、『努力×才能×時代=成功』という方程式を紹介しました。

そこでは努力することの大切さを伝えていますが、やはり人並み以上の成功を目指そうとするなら、ただ一生懸命頑張るだけではうまくいかないんですよね。

 

ここで大事なのは、“努力すること”と“ただ頑張ること”というのはまったく意味が違う!、ということです。

『努力』という言葉が、インプットとアウトプットを駆使するという意味であることに対し、『頑張る』という言葉は、頑固に意地を張るという意味合いが強いんですね。

 

昔から『一念岩をも通す』(どんなことでも一途に思いを込めてやれば成就するという意味)ということわざがありますが、たしかにこの言葉通り、頑張れば何とかなることは沢山あります。

たとえば、九九を覚えるとか、逆上がりができるようになるとか、そういうことってある程度頑張れば、何とかなるっていう印象が強いと思うんですよ。

ただ、これは、子供の自我や能力が形成される過程において、子供たち側が無意識に物事を柔軟に捉えて対応できることと、先生や親という客観的な指導があるからなんですね。

 

 

しかし…!

 

 

大人になって、ある程度自我や能力が形成されてしまったら、多くの人は個々の価値観を持つようになって柔軟性がなくなってきます。

そのため、子供の頃は自然に受け入れていた客観性を持つ目に対しても反発心も芽生えてくるので、『頑張る』ということが、ただ単に“頑固に意地を張る”という状態になりやすいのです。

 

 

なので、大人になるにつれ

 

ただ“頑張るだけ”じゃ
報われないことが多い!

 

ということですね。

 

 

もちろん、自然と柔軟な考え方ができる人もいるので、頑張ればうまくいくと感じている人もいます。

ただ、そういう人は稀だし、求める成功のレベルによっては高みに上るほど、一生懸命頑張っても報われないケースが増えてくるでしょう。

 

成功を目指すなら、ただ頑張るだけじゃなく、柔軟に考えることを意識しなければならないのです。

成功したいなら手を抜くことを考えろ!

成功のために手を抜く人

昔は、大阪から東京へ行くにも、何日もかけて歩いていくのが普通でした。

今は、飛行機で1時間半もあれば東京-大阪間を移動することができます。

 

現代において、成功に求められるのはスピード感です。

Amazonが急成長したのは、このスピード感を大事にしているからです。

当然ですが、今どき大阪から東京まで歩いていくのは物好きだけで、ビジネスの場でそんなバカな選択をする人間はいません。

 

スピード感は、自分の手を抜くことでどんどん加速していきます。

 

自分の力じゃないんです!

 

飛行機や新幹線で移動する時に汗流して頑張ってる乗客がいないように、手を抜くポイントを知っている人は、何でもかんでも自分の力だけで頑張ろうとしている人にどんどん差をつけることができます。

これは、現代がスピード感を優先させなければ成功できないようになっているからです。

 

一生懸命頑張ってるのに報われないと考える人は、『手を抜いてスピード感を高める』ということが頭から抜け落ちていることが考えられます。

 

 

変な話ですけど
Amazonの宅配便が、

 

「大阪から東京まで
頑張って自転車できました!

…1週間かかりましたけど」

 

と言っても、
きっと誰も喜びませんよね(笑)

 

 

要するに今の時代は、頑張っていれば認められるという時代ではない、ということです。

 

スピード感を高めるには、他人の手やテクノロジーの力を借りなければなりません。

そのために自己投資が必要であることは言うまでもありませんが、頭を柔軟に働かせ、常にトータルで成功する道を選ぶようにしましょう。

 

もし、ネットビジネスを一生懸命頑張っていて、それでも何か報われないと感じる時は、一旦、誰かの手を借りてみるとか、ネットツールなどで代用できることはないかどうかなど、自分の手を抜く方向でやり方を変えてみてください。

 

案外、それが成功の道であることも多いものですよ。