仕事が原因で思考停止状態の人

仕事が原因で思考停止状態になる人が増えてきています。

 

自分の人生をクリエイティブに考えられず、何をするにしても「仕方がない」「面倒だ」「時間がない」といった言葉が口をついて出てしまう状態。

一体いつからこのような人間になってしまったのか…。

 

今回は、そんな思いがけない人生の落とし穴にハマらないように大切な話をしていきます。

仕事が原因で思考停止状態になる人

仕事が原因で思考停止状態になる真面目な人

仕事が原因で思考停止状態になる人。

 

それは、

真面目な人

ではないでしょうか?

 

何でも真面目に考えすぎる人というのは、言い換えると責任感の強い人のことです。

興味深いのは、他人の評価は関係ないところ。

 

「え、あの人が?」

 

って感じの人でも、頭の善し悪しや仕事ができるできないは関係なく、責任感が強ければ仕事が原因で思考停止状態に陥ってしまうことがあるのです。

 

仕事という言葉は、「事に仕える」と書きます。

仕事というのは、基本的に自分の好きなことややりたいことではなく、先に人の役に立つものでなければなりません。

そうすると、真面目な人はできるだけ自分を抑えて、人の役に立つことを一生懸命しようとします。

 

もちろん、ここまでは何も問題はありません。

ただ、今はインターネットが普及してあらゆる人たちとの情報交換が盛んになり、ある一定の平均値というものが共有されるようになりました。

 

学歴はこれくらいあった方がいい。

 

◯歳なら年収はこれくらい必要。

 

顔面偏差値がどうのこうの。

 

そうすると、自分の許容範囲を超えてまで理想を追い求める人が出てくるようになり、余裕のない状況に追いやられてしまう人が後を絶たなくなってしまったのです。

 

少し頭の良い人なら、そうした平均や標準値が虚構であることを見抜けます。

だって、います?

すべてが平均値の人間って。

 

みんな、人には言えない痛みや苦しみを抱えていたり、何か特別な長所を持っていたりするものです。

しかし、スマホやインターネットに心を囚われてしまうと、平均的であることがあたかも当然であるかのように錯覚し、そうでなければならないと考えるようになります。

 

そして、その最たるものが『仕事』です。

 

 

仕事をするのは当たり前。

 

残業するのは当たり前。

 

上司の命令に従うのは当たり前。

 

 

・・・。

本当か?

 

 

じゃあ、何でこんなにお金がないの?

 

何でこんなに時間がないの?

 

何でこんなに幸せを感じないの?

 

 

わけわかんないですよね…。

そりゃ思考停止状態になるよ。

世の中で言われてることと心が反発してるんだもん。

 

 

ちょっと休みたいんだよ。

だから、ちょっと考えるのを止めよう。

だから、先にすべき仕事に専念しよう。

 

そうやって自分の心を放ったらかしにした結果が、思考停止状態ってこと。

そりゃないぜ、セニョリータ。

思考停止状態で思いがけない人生の落とし穴

人生の思いがけない落とし穴

思考停止状態がひどくなってくると、自分の感覚まで麻痺してきます。

自分の人生に鈍感になり、また他人の人生にも無関心になってくるようになります。

 

真面目な性格ゆえに、責任を果たすことが自分の人生で一番重要なことだと考えているので、最初は余計なタスクを抱え込まないように自分のやりたい事を制限したり、友人の誘いを断ったりするようになってくるでしょう。

すると、なぜか真面目に生きているはずなのに、段々、自分の人生が淀んでくるようになってきます。

 

自分の人生や友人たちとの付き合いよりも、会社で与えられた仕事の責務をこなすことを優先させてきた結果、自ら会社という狭い世界から離れられない状況を作ってしまったのです。

 

これはでかいリスクです。

 

なぜなら、会社から離れてしまえば、その場で作り上げたものはすべてあなたから奪われてしまうからです。

 

仕事が生きがい

 

そう言い切れるのは素晴らしいことです。

おそらく、どの企業や会社でも従業員にはそう教え込んでいるし、そういう考えを叩き込まれた上司たちがきっとあなたにも「仕事にやりがいを持て!」なんて強要してくるでしょう。

 

 

でも、給料安いんですよね?

 

休みも少ないんですよね?

 

会社辞めたら終わりなんですよね?

 

 

そんなストレスを抱えながら、仕事にやりがいを持てと言われて、どんな答えがそこにあるんでしょうか。

そりゃ思考停止になるっつーの。

 

ただ問題なのは、その先に出口がないってこと。

転職したら給料が上がる保証もありませんし、今以上に労働時間も増えるかもしれない。

それより何より、キャリアがゼロになって新人扱いになってしまうという、年齢を重ねていればいるほど精神的苦痛が伴うリスクがあります。

 

食っていくためには仕方がない…。

 

誰もがそう考え、出口が見えないまま思考停止状態に陥っていく。

表面張力ギリギリまで。

 

そして、そんなギリギリ状態のあなたのコップに、誰かが特大サイズの石を投げ込みます。

そりゃもうナチュラルに投げ込んできますからね。

 

思いがけない人生です。

悪い意味で。

 

そんな時、人は人生の落とし穴にハマったような気になるのかもしれません。

思考停止状態から抜け出そう

思考停止状態から抜け出した人

人は納得のいかないことを続けていると、段々、ストレスが溜まってきます。

だからプライベートを充実させて、時々、ストレスを発散させる必要があるのです。

ただ、真面目な人はそれができません。

 

 

「バカがつくほど真面目です」

 

 

これは、ダウンタウンの松本人志が出ていたゆうパックのCMで使われていたキャッチコピーです。

あのCMは、真面目をウリにした内容ですが、仕事に真面目な男の心が揺れる心情をコミカルに描写したところが話題となりました。

 

どの世界でもそうだと思いますが、特に日本においては「真面目」「誠実」という価値観は美徳とされています。

だけど、過ぎたるは及ばざるが如しで、真面目も度を過ぎると『変わり者』だということを、あのゆうパックのCMでは表現していますよね。

 

あなたが目指してるのはそこですか?

もちろん、ゆうパックのCMはエンタメ色が強いので比較に意味がないことは承知しています。

ただ、仕事に真面目過ぎるがゆえに、それ以外は不器用になっている状態というのは、視聴者にとって非常に理解しやすい描写なのではないでしょうか。

 

バカがつくほど真面目、ゆうパック

 

そろそろまとめに入りましょう。

仕事が原因で思考停止状態になっている人は大勢います。

その理由については先ほど話した通りですが、大事なのは他人と比べて無理をしないこと

そして、自分のテーマを理解して生きること

これだけです。

 

⇒好きなように生きてる人は自分のテーマを持っている

 

他人と競争して自分を無理に大きく見せたとしても、自分のテーマに沿っていない仕事に就けば、そこから終わりのない消耗戦へと突入していくでしょう。

仕事を真面目にやればやるほど、自分の責任か他人の責任かわからない状態でプライベートの時間が削られていきます。

そして益々、思考停止状態へと追いやられていく…。

それが人生にとってどれだけ大きなリスクであるか。

 

 

ストレスを溜めやすい人。

 

「忙しい・時間がない」が口ぐせの人。

 

身体に不調をきたすまで働く人。

 

 

僕のサラリーマン人生は、こんな和了(アガり)で振り込みまくっていました。

なぜなら、それで点棒を稼いでいる人がいるのが世の中の仕組みだから。

 

クッソー。

自分のビジネスをしてなかったら、今頃ストレスで完全にハゲてたかもしれない。

40代にもなると、ちょっと髪の毛もヤバイぜ。

 

でも、周りを見渡してみると、同じように仕事が原因で思考停止状態になってる人が沢山いますからね。

リスクがハンパないのに、思考が停まってるから気づきもしない。

怖いですよ、本当に。

 

目を覚ましたい人は、僕のメール講座に参加してくださいね。

無料ですが、役に立つ内容だと思いますよ。