アドセンスブログ収益化

トレンドアフィリエイト|アドセンス広告の設置方法&最適な配置

最適な配置を探す様子

 

今回は、アドセンス広告の設置方法と
トレンドアフィリエイトにおける最適な配置について
わかりやすく解説していきたいと思います。

 

アドセンス広告の設置場所は、
クリック率を高めるための重要なポイントです。

特にトレンドアフィリエイトは、
アクセスが収益に比例しやすいので、
アドセンス広告の配置を意識するだけで、
クリック率も大きく変わってくるでしょう!

 

アドセンスコードを取得する

google adsenseのロゴ

 

ここではまず、
アドセンス広告を貼る手順について解説します。

 

では早速、Google AdSenseのページへ
アドセンス広告のコードをコピーしにいきましょう。

 

①まずは下記リンクよりログインして管理画面に入ります。

 

⇒Google AdSense

 

 

 

②上段から2つ目の『広告の設定』をクリックします。

 

アドセンス広告の設定画面

 

 

 

③『新しい広告ユニット』をクリックします。

 

新しい広告ユニット

 

これから使用するアドセンスコードを作っていきます。

 

 

 

④作成する広告の種類を選択します。

 

テキスト広告とディスプレイ広告

 

『テキスト広告とディスプレイ広告』をクリックしましょう。

 

 

 

⑤次に広告を作っていきます。

 

アドセンス広告コードを作る画面

 

『名前』は好きにつけていきます。

『アドセンス01』『トレンド用その1』など、
そんな感じで適当につけてもらってもOKです。

 

おすすめの広告サイズは

『レクタングル(大)』

なので、こちらを選択します。

 

その他の項目はそのままにしておき、
『保存してコードを取得』をクリックしましょう。

 

 

 

⑥アドセンスコードが生成されたので、それをそのままコピーしたら画面を閉じましょう。

 

広告ユニット作成完了画面

 

コピーした広告コードは、
WordPress記事作成画面の
『テキスト部分』に貼り付ければ、
記事にアドセンスコードが反映されます。

 

広告の設定画面に、
作成した広告ユニットが表示されています。

アドセンス広告コードが必要な時は、
広告ユニットの『コードを取得』をクリックすればOKです。

 

アドセンス広告の設定画面に反映されている

 

基本的なコピーの仕方がわかったら、
後はプラグインを使って、
アドセンスコードを簡略化しておきましょう。

 

ワードプレスプラグインで広告をデフォルト設定
AdSense Plugin WP QUADSでアドセンス広告を簡単表示させよう 今回は、 『AdSense Plugin WP QUADS』 というWordPressプラグインを使って、 アドセンス広告...

 

アドセンス広告の最適な配置

 

ではこれから、
アドセンスコードを貼り付ける時の
最適な位置について説明していきましょう。

 

トレンドアフィリエイトでは、
ただなんとなくアドセンスコードを貼ってみたところで、
クリック率は残念な結果に終わってしまいます。

なので、訪問者が

“ついクリックしてしまうような位置”

に広告を貼らなければなりません。

 

といっても、
誤クリックを誘導するわけではありません。

誤クリックの誘導はご法度なので、
あくまでも自然な形で広告を配置しましょう。

配置については
画像をお見せしたほうが早いかと思うので、
こちらをご覧ください。

 

トレンドアフィリエイトにおけるアドセンス広告の最適な配置図

 

この画像の中の

『記事始め』

『記事中央』

にアドセンス広告を貼る場合は、
先ほど紹介したプラグイン
『AdSense Plugin WP QUADS』
を使用すると便利ですよ!

 

記事中央のアドセンス広告については、
見出しの上であれば
2番目でも3番目でも構いません。

 

ちょうど段落の区切りとなる部分なので、

見出しの上に画像が広告を配置する

と、クリックされやすくなるでしょう。

記事下に広告を自動設置させる方法

 

記事下のアドセンス広告については、
記事作成時に毎回自動で
設置されるように設定しておきましょう。

 

上の動画でも解説していますが、
以下、その方法となります。

 

WordPressのダッシュボードから
『外観⇒テーマ編集⇒個別投稿(single.php)』を選択します。

アドセンス広告が記事下にくる位置に、
広告コードを貼り付ければOKですよ。

 

ちなみに僕が使っている『賢威7』の場合だと、
以下の位置に広告コードを挿入します。

 

</div><!–article-body–>

この辺りに広告コードを挿入

<?php if (the_keni(‘social_post_view’) == “y”) get_template_part(‘social-button2’); ?>

 

そして、アドセンス広告を使う時は、
アドセンスコードの上に
「スポンサーリンク」か
「Sponserd Link」と入れるのを忘れないでくださいね。

 

コードを貼り付けたら、
『プレビュー』で確認してみましょう。

 

うまく記事下に貼れていれば完了です。

 

さらに詳しく知りたい場合は、
下のコンテンツも参考にしてみてくださいね。

 

『記事下のアドセンス広告』を投稿時に自動配置させる方法!

 

まとめ

広告配置を変えているイメージ

 

トレンドアフィリエイトを実践するのであれば、
今回紹介したアドセンス広告の配置で
ある程度高いクリック率をキープすることができるはずです。

 

もちろん、自分でアドセンス広告をクリックしたり、
クリックを誘導したりする行為は禁止されているので、
あくまでも自然な広告配置でクリック率を高めていきましょう。

 

今回紹介した広告配置は、
その点をしっかりカバーした上での広告配置なので、
ぜひ参考にしていただければと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です