サーチコンソールの機能Fetch as Googleの使い方

今回は、記事を早く検索エンジンに反映させる方法を紹介しましょう。

 

トレンドアフィリエイトなどで投稿した記事を少しでも早く検索エンジンに反映させたい時は、Googleサーチコンソールの『Fetch as Google』という機能を使ってインデックスを早めることをおすすめします。

これは、インターネット上にある情報を収集するロボット『クローラー』が、新しいサイトや更新頻度の低いサイトにはなかなか巡回しに来ないため、立ち上げたばかりのサイトの場合、記事を投稿しても検索エンジンに反映されるまでに時間がかかるからです。

 

ちなみにクローラーについては以下の記事が参考になります。

⇒クローラーと検索順位が決まる仕組みをわかりやすく解説

 

なので、WordPressで新しくサイトを立ち上げた時は、Googleサーチコンソールにある『Fetch as Google』という機能を使ってクローラーを強制的に呼び込み、更新した記事の情報を読み取ってもらうようにしましょう。

Fetch as Googleの使い方

Fetch as GoogleはGoogleサーチコンソールに含まれている機能です。

そのため、Fetch as Googleでインデックスを早めるには、まずはGoogleサーチコンソールに登録する必要があります。

 

Googleサーチコンソールの登録方法については以下の記事が参考になります。

⇒Google Search Console(サーチコンソール)設定方法

 

 

①記事を投稿したら、Fetch as Googleに送信するためのパーマリンクをコピーします。

Fetch as Googleに送信するためのパーマリンクをコピー

メインサイトのURLの『/(スラッシュ)』から後ろの部分(パーマリンク)をコピーしましょう。

 

 

②下のリンクをクリックしてGoogleサーチコンソールのホーム画面を開きます。

 

⇒Googleサーチコンソール

 

 

③ログインしたら、サーチコンソールと紐付けしているウェブサイトを選択します。

サーチコンソールと紐付けしているウェブサイトを選択

 

 

④管理画面が開いたら、左のダッシュボードから『クロール』⇒『Fetch as Google』と進みます。

右のダッシュボードから『クロール』⇒『Fetch as Google』

 

 

⑤先ほどコピーしたメインサイトのURLの『/(スラッシュ)』から後ろの部分(パーマリンク)を、そのまま空欄にペーストします。

Fetch as Googleでパーマリンクをコピペ

パーマリンクをコピペできたら『取得』をクリックします。

 

 

⑥正しく認識されると、『インデックス登録をリクエスト』というボタンが表示されるのでクリックします。

インデックス登録をリクエスト

 

 

⑦次の画面に変わったら、「私はロボットではありません」にチェックを入れ、『このURLのみをクロールする』を選択します。

Fetch as Googleの送信確認画面

『送信』をクリックすれば、Fetch as Googleによるリクエストは完了です。

 

 

Fetch as Googleによるリクエストは完了

『インデックス登録をリクエスト済み』とメッセージが出ています。

後はクローラーが記事情報を読み取りに来てくれるのを待つだけです。

 

インデックスの確認方法

インデックスの確認方法

Fetch as Googleでリクエストした記事がインデックスされているかを確認したい時は、その記事のURLの前に『site:』と入力して検索します。

 

たとえばこの記事であれば、

https://luckymarch.com/archives/6386

に『site:』をくっつけて、

site:https://luckymarch.com/archives/6386

上記URLの様にして検索します。

 

ちゃんとインデックスされていれば、検索結果として表示されるはずですよ。

Fetch as Googleの注意点

Fetch as Googleの注意点

Fetch as Googleでうまくリクエストが通らない時があります。

その時に確認すべきことは、パーマリンクの『/(スラッシュ』が抜けている、あるいは重複しているというパターン。

 

もうひとつは、ただ単に時間の問題であるケースがあるので、ある程度時間を置いてから(約2~3分)もう一度トライしてみましょう。

特にパーマリンクのコピペでの失敗は、よくあるイージーミスなので注意してくださいね。

 

Fetch as Googleは、WordPressでサイトを立ち上げ初期のSEOが弱い段階では必須のツールです。

特にトレンドアフィリエイトは記事の鮮度も大事なので、投稿してから数日後にインデックスされるという状況は大きな機会損失になりかねません

ある程度インデックスが早くなったと体感できるまでは、しっかりとFetch as Googleを使っていくようにしましょう。