今回は、トレンドアフィリエイトにおけるショートレンジキーワードとロングレンジキーワードの使い方について解説していきます。

ショートレンジキーワード&ロングレンジキーワード

トレンドアフィリエイトでキーワード選定をする時は、そのキーワードの鮮度によって大きく2種類に分けられます。

 

  • ショートレンジキーワード
    =アクセスが集まる期間の短いキーワード
  • ロングレンジキーワード
    =アクセスが集まる期間の長いキーワード

 

ちょうどその2つの間に『ミドルレンジキーワード』が入ることがありますが、ショートレンジキーワードとロングレンジキーワードを理解しておけば、こちらも自然と使い分けができるようになるでしょう。

では早速、この2つのキーワードについて詳しく見ていきたいと思います。

ショートレンジキーワード

ショートレンジキーワード

ショートレンジキーワードは、初心者にとって一番アクセスが取りやすいキーワードとなります。

 

つまりショートレンジキーワード(以下、ショートレンジ)とは、トレンドに乗っているニュースや芸能系のキーワードのことですね。

そして、トレンドアフィリエイトが比較的稼ぎやすいと言われているのは、このショートレンジが主体となっているからです。

 

イメージが湧きやすいように、わかりやすい例をいくつか挙げてみましょう。

 

具体例
  • 女優◯◯と俳優◇◇の熱愛が発覚!バレた理由がヤバイ
  • ◯◯花火大会の穴場!渋滞回避のおすすめの駐車場
  • ドラマ◇◇の最終回ネタバレ!原作の結末は意外と不評?

 

ご覧の通り「ザ・トレンドキーワード」という感じの記事タイトルですが、新しく生まれたニュースやキーワードを狙って記事を書くからこそ、そこにアクセスが集中するということですね。

但し、ショートレンジという言葉通り短期間しか検索されないケースがほとんどなので、キーワードの寿命が短いのがデメリットとなります。

 

ただ、それを補うに余りあるのが『爆発的なアクセス』です。

ショートレンジで投稿した記事がヒットすれば、その1つの記事だけで数万円単位の収入を見込めることもめずらしくないので、たとえキーワードの寿命が短くてもそこを狙っていく価値は十分にあるのがメリットと言えるでしょう。

 

誤解をおそれずに言ってしまうと、記事を投稿すれば投稿するほど収入が増えていくのがトレンドアフィリエイトの良いところ。

実際、このようなトレンドキーワードは絶えず生まれるものですし、アフィリエイト初心者であっても爆発的なアクセスを呼び込むチャンスがあるのも事実です。

しかしながら、運営の仕方がGoogleのポリシーから逸れてしまうと、容赦なくサイトが圏外に飛ばされることもあるので、ある程度質の良いコンテンツを投稿し続けなければならないという側面もあります。

 

爆発的なアクセスで初心者でも稼ぎやすい反面、ペナルティに注意しつつ質の良いコンテンツを書き続ける必要があるのが、ショートレンジの特徴だと言えるでしょう。

ロングレンジキーワード

ロングレンジキーワード

ロングレンジキーワードは、春夏秋冬関係なく安定的にアクセスが取りやすいキーワードです。

ゆえにロングレンジキーワード(以下、ロングレンジ)は、アフィリエイト上級者が一番力を入れて狙ってくるキーワードとなります。

 

しかし、いくらアフィリエイト上級者と言えどもロングレンジを全てカバーできるわけではないので、うまくそのニッチ(隙)をつくことでトレンドアフィリエイト実践者でも狙える部分があることは確かです。

 

まずはイメージが湧きやすいように、一般的なロングレンジの例をいくつか挙げてみましょう。

 

具体例
  • 30代彼氏におすすめの誕生日プレゼントは?
  • ダイエットウォーキングで効果がない時の対処法5選!
  • 赤ちゃんが泣き止まない原因は何?すぐに泣き止む方法

 

上記の具体例で挙げたメインキーワード『誕生日』『ダイエット』『赤ちゃん 泣き止まない』というのは、季節関係なく1年を通して検索されるものです。

これらのキーワードは、基本的にそのテーマのサイトを立ち上げて重点的にコンテンツをアップロードしているサイトが検索順位を独占しているケースが多いので、トレンドアフィリエイト実践者が狙っていくには少々分が悪いというのが本音です。

 

なので、トレンドアフィリエイトでロングレンジ記事を書いていく場合は、ショートレンジとロングレンジのちょうど中間を狙っていくのが良いでしょう。

つまり、季節ネタのキーワードです。

 

季節ネタは、春夏秋冬のシーズンごとに検索ニーズが高まるキーワードを狙っていきます。

まずはいくつか具体例を挙げてみましょう。

 

具体例
  • 海水浴場のおすすめは?駐車場無料の穴場スポット7選
  • 夜桜が楽しめる東京の花見スポット!デートにおすすめの場所
  • 大学生の彼女が喜ぶ人気のクリスマスディナー2018

 

このような季節ネタにも毎年トレンドがあるので、トレンドアフィリエイトで扱うネタとしても不足はありません。

 

ちなみに、ショートレンジで集められるアクセスの期間が1日~1週間程度なら、季節ネタはおよそ1ヶ月から3ヶ月はアクセスを集めてくれることがあります。

もちろん、それよりも短い期間で終わってしまうこともありますが、ロングレンジを集中的に狙うサイトアフィリエイター(上級者)があまり狙わない部分でもあるので、意外と検索上位表示させることができるでしょう。

 

但し、ショートレンジに比べると、やはりある程度サイトのSEOが強くなければ上位表示できないので、ある程度サイトパワーが集まってきたと実感できるようになってから季節ネタにチャレンジすると良いですね。

そして、トレンドアフィリエイトで季節ネタを狙っていく時は、必ず年号を絞ることを忘れないようにしてください。

 

具体例
  • 東京から日帰りで行ける穴場の花火大会2018
  • 2018年東京都内のハロウィンイベントのおすすめは?
  • 関東で人気のイルミネーションランキング2018

 

季節ネタにもやはりその年のトレンドがあるので、しっかりと年号をタイトルに入れることで検索上位表示を狙っていくことができますよ。

ショートレンジ&ロングレンジまとめ

ショートレンジ&ロングレンジまとめ

今回は、アクセスの集まるキーワードの鮮度を中心にした話をしていきました。

 

ショートレンジとロングレンジを比較した時、長期的にアクセスを集めてくれるロングレンジで記事の方が良いのは確かなのですが、そのためにアフィリエイト上級者はテーマを絞ったサイト設計をしたり、忍耐強く関連記事だけを淡々と積み重ねて日々SEOの強化に努めています。

もちろんロングレンジでも付け入る隙はあるので、無理とは言わないまでも難易度は少し高いというのが正直なところです。

 

それに、トレンドアフィリエイトは短期集中でアクセスを集めることを得意としているので、相性は良いのは『ショートレンジ>ロングレンジ』となります。

なので最初は、ショートレンジを徹底的に攻略していくと良いでしょう。

 

ショートレンジが攻略できる頃になれば、サイトパワーも上がってきて徐々にロングレンジも射程圏内に入ってきます。

そうなれば狙える範囲がかなり広くなってくるので、まずは一歩一歩堅実にアクセスを集めていくことが大切だということですね。