アイデアが出る仕組み

 

今回は、企画やアイデアを考える前に大切な話をします。

 

たとえば、ネットビジネスで企画を考える時、
「面白い企画」とかアイデアの出し方」とかを
ネットで検索することがあるかもしれません。

 

 

しかし、結論から言うと、
他人の受け売りでは面白い企画は作れません。

 

 

なぜなら、企画やアイデアというものは、
一度、自分のフィルターを通さないと活きてこないからです。

 

 

自分から出た企画やアイデアは、
他所から引っ張ってきたものとはやる気がまったく違いますよね。

 

ではこれから、
ネットビジネスで企画を無限に作るための基本について、
わかりやすく解説していきたいと思います。

アイデアはどうして生まれるのか?

 

『アイデア』を辞書で調べると、
「思いつき。新奇な工夫。着想」と出てきます。

 

 

ただ、もう少し掘り下げてみると、
アイデアというのは
様々な知識の組み合わせで生まれてくるのです。

 

 

つまり、

アイデア=知識+知識

ということなんですね。

 

 

アイデアが生まれる量は、
その人の持つ知識の量に比例します。

そして、そのひらめきを与えてくれるのは、
さらにその奥深くにある潜在意識によるもの。

 

なので、アイデアを沢山生み出したいと思うのであれば、
まずは頭の中にどんどん知識を入れていく必要があるのです。

無限にアイデアを出てくる仕組み

アイデアがつながる仕組み

 

ではこれから、
無限にアイデアが出てくる仕組みについて話をしていきましょう。

 

ネットビジネスで良いアイデアを出す時は、
まずはベースとなるネットビジネスのノウハウを
沢山インプットすることが大切です。

 

 

重要なのは、

膨大な量のインプット!

 

 

できるだけ沢山のインプットをして、
頭の中にどんどん知識を貯めていくようにしましょう。

すると、頭の中の点と点(知識と知識)が
『線』でつながるようになっていきます。

 

 

その線は、「知恵」や「理解」と呼ばれるものです。

 

 

そうやって『線(知恵や理解)』を沢山増やしていくと、
珍しいつながりに気づいたり発見したりすることがあります。

 

 

実はそれが『アイデア』なのです。

 

 

さらに、膨大な量の知識をインプットして、
膨大な量の線をつなげていくと、
今度はその線がネット(網)のようになって、
あらゆる情報をキャッチ
できるようになります。

 

つまり、頭の中の知識がつながりネット状になれば、
アイデアを無限に生み出せる状態になっているということですね。

後はそのネットが自動で情報をキャッチし、
アイデアが降りてくるようになるということです。

 

余談ですが、さらに目の細かいネットになっていくと、
最終的には面になってパラボラ・アンテナのようになり、
次元を超えた情報をキャッチできるようになりますよ!

社会に出て勉強するとお金になる

社会人が本を読むとお金になる

 

多くの人は社会に出ると勉強しなくなります。

 

勉強しないということは、
つまり『本を読まない』ということですね。

 

学生時代にがんばった勉強も、
社会人になった途端、
誰も勉強しようとは思わなくなるのです。

 

 

でも、ですよ?

本当は社会に出て勉強した方がお金になるのです。

 

 

非常にもったいない話ですが、
学校で得る知識だけでは人生を豊かにする
アイデアが生まれにくい
ので仕方がありません。

学校で勉強して得る知識は、
方程式、化学記号、歴史、
単語、熟語など記憶に頼るものばかりです。

これらをいくら組み合わせたところで、
人生を変えるようなアイデアやひらめきは降りてきません

 

だからこそ、もっと自由に本を読まなければならないのです。

 

 

学校では、自分の人生ために本を読むということを教わりません。

しかし、小説でも何でもいいから
自分のために本を読むと世界が広がります。

 

自分の世界を広げてくれる本というのは、
知識だけでなく勇気を与えてくれます。

 

 

 

たとえば、社会の多くの人はネットビジネスというものを知りません。

別にそれでも構わないのですが、
ネットビジネスを知って助かった人も大勢いるのです。

 

 

『知る』と『知らない』では、
人生は大きく変わっていきます。

 

 

そのために、本はあなたの力強い味方となってくれるでしょう。

 

本を読みたくない人は読まなくてもいい

本を読みたくない人へ

 

アイデアの出し方で重要なのは、
まず頭の中に沢山知識を貯めていくこと

 

 

そこでおすすめなのが本を読むこと。

もちろん、勉強のつもりで本を読んでください。

但し、楽しんで勉強(読書)しなければ意味がありません。

 

時々、本を読みたくないという人もいますが、
そういう時は読まない方がいいですね。

嫌々やることではないので、
本を読んでいて楽しいと思う人だけ、
楽しんで取り組むようにしてください。

 

ちなみに本を読みたくないという人は、
動画などでもOKなので、そこからインプットしていきましょう!

それ以外だったら、できるだけ沢山の人と会うか、
旅に出るようにするというのでも全然OKですよ。

 

ただ、人にあったり旅に出たりするのは手間がかかります。

こちらも、そういうことが苦ではない人向けの
情報収集術ということですね。

 

人と会って情報収集する人

 

情報収集には色々ありますが、
本は幅広く求めた知識を得られる上、
場所も時間も選ばないので最高ですよね。

 

勉強は本来楽しいものです。

知識を貯めていくだけで、
どんどん頭が賢くなっていくからです。

 

その知識や知恵をビジネスに活かすことができれば、
それをお金に変えることもできるでしょう。

 

もちろん、読書自体は全然強制ではないので、
自分のペースで知的好奇心を刺激してみてくださいね。

ネットビジネスで企画を量産する方法

ネットビジネスでアイデアを生み出すのイメージ

 

ネットビジネスで企画を量産する時は、
膨大なインプットが重要です。

 

頭の中で『点(知識や情報)』がぼんやりしていては、
『線(知恵やアイデア)』が点と点をつなげることができません。

 

つまり、

知識は強固であればあるほど

アイデアが生まれやすくなる

ということです。

 

 

知識を強固にする方法は2つあります。

 

 

 アウトプットする

 何度も繰り返す

 

 

情報をインプットする時はこの2つを意識することで、
頭の中の知識としてしっかりと根付くようになります。

 

これらの方法について、もう少しわかりやすく解説していきましょう。

 

アウトプットする

知識を貯めるためのアウトプット

 

インプットはこれまで話した通りですが、
知識をより強く頭の中にとどめておくためには
アウトプットが重要です。

 

『アウトプットする』ことで
インプットしたことが強固になるのは、
頭の中の知識が何度も反すうされるからです。

 

そして、インプットとアウトプットは
同時並行してやっていくのがコツです

 

たとえば、ネットビジネスでは
大量のコンテンツを作ることが多いので、
そこに自分が学んだ知識を
アウトプットすれば一石二鳥です。

沢山勉強して、
その知識を活かしたアウトプットをすると、
ネット上にあなたの資産も貯まっていくことになります。

 

つまり、一石三鳥ということですね!

 

 

何度も繰り返す

本を何度も繰り返し読む人

 

そしてもうひとつの『何度も繰り返す』ですが、
これは同じ本やノウハウを何度も読むということですね。

 

いまは「1冊30分で読む読書法」とか
「1年間で1000冊本を読む方法」とか、
やたら読書量を増やすメソッドが流行していますが、
中途半端な読書をするくらいだったら、
たった1冊の本を
完全に理解する方が断然良いです。

 

なぜかというと、
本にはその人の『全力』が詰まってるからです。

 

実際にネットビジネスで
コンテンツを作ってみるとわかりますが、
誰かに情報を発信する時は
ものすごいエネルギーが必要です。

本を一冊書き上げようと思ったら、
生半可な気合では書き上げられないのです。

 

あなたが手にしたその本は、
あなたの潜在意識が引き寄せたものです。

それを何度も繰り返して読み、
自分の中に吸収していけば、
やがて『大きな財産』となるでしょう。

 

 

ネットビジネスは頭脳労働なので、
膨大なインプットはあなたの資産になります。

 

そのためには自己投資を惜しまず、
ノウハウや体験にはどんどん投資していくようにしましょう。

 

まずベースとなる分野の知識をどんどん増やしていき、
スキマ時間などに読書して活きた知識をインプットしていけば、
その知識と知識が重なってアイデアをが生まれてきます。

 

アイデアのイメージ、ミモザ

 

ミモザというカクテルは、
シャンパンとオレンジジュースがベースとなった
「この世で最もおいしくて贅沢なオレンジジュース」
と言われています。

 

もしも頭の中に
『焼酎』と『みりん』しか入っていなければ、
ミモザを作ることができません。

 

知識がなければ、
当然ミモザを思いつくこともありません。

 

ミモザをアイデアに置き換えるとよくわかるでしょう。

 

 

たとえネット検索して他人のアイデアを借りたとしても、
頭の中の知識が足りていなければ
ハリボテの企画しか作ることができません

 

ネットビジネスで企画を量産するには、
とにかく沢山の情報や知識をインプットし、
それをアウトプットしたり繰り返したりしていくことが大切です。

本を読んでも成功しない人の話

無料で本が読める場所

 

時々、知識を得るために
図書館に通おうとする人がいます。

 

本を読むことは勉強になるのですが、
ネットビジネスでお金を稼ごうという人が
無料で情報を得ようとするのはおすすめできません。

 

図書館に行ってみればわかりますが、
図書館に通っているビジネスマンはほとんどいませんよね?

 

いるのは定年退職した人など、
時間を持て余している人たちです。

 

図書館では求めている情報を探すのに
かなり時間がかかるので、
暇つぶしには持ってこいだからです。

 

 

無料の情報というのは、
はっきり言って役に立ちません。

これはテレビでも同じですが、
人間というのは
無料のものに価値を感じることがないからです。

 

 

「有料より無料が良い」

 

 

これはお金を持ってない人の考えることです。

お金を持っている人は
時間や情報の価値を知っているので、
わざわざ図書館に足を運んだりはしません。

 

 

 

大事なのは『情報の鮮度』です。

 

 

ビジネスにおいては特にそうです。

 

 

それは、お金を払わなければ
なかなか感じ取ることができないので、
ちゃんと投資意識を持とうということですね。

 

まとめ

アイデアを作り方まとめ

 

今回の話をまとめると、
アイデアの出し方の基本として、
膨大なインプットと自己投資を
しっかりと抑えておく必要があります。

 

常に学習を繰り返して、
頭の中の知識をより強固にしていきましょう。

 

ネットビジネスは頭脳労働なので、
決して情報や知識を軽んじてはいけません。

情報を軽く見る人はほぼ間違いなく、
ビジネスでお金を稼ぐことができないからです。

 

 

そして、活きた本を読んで勉強しましょう。

本は何度も繰り返して読むと、
その自己投資した価値が無限に拡がっていきます。

 

 

そうすると、どこかで知識がつながって、
自然と企画やアイデアが思い浮かぶようになりますよ。

 

ぜひ、参考にしていただければと思います。