マーケティング

ブロガー目線で見るYouTubeが低評価数をなくして変わること

人生好転マーチ無料メール講座バナー
 
 

※登録されたメールアドレス宛にプレゼントをご案内します。
『@icloud.com』でのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスを作る際はGmailもしくはYahooメールがおすすめです。
※常識的におかしな名前でのご登録は、こちらから解除させていただく場合があります。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。

ブロガー目線で見るYou Tube低評価数非表示

 

2021年11月11日、
You Tubeが低評価数の非表示を決定したと
公式にアナウンスされたことが話題になっています。

一番大きな理由は

クリエイターを嫌がらせから守るため

なのだそうです。

 

もちろん他にも理由があると思いますが、
ここはやはりブロガー目線で見て
この低評価数非表示をどう捉えるかですよね。

ひとことで言うと、

You Tubeもどんどんルールが厳しくなって
最終的にはブログのように健全になる

ってことなんですよね。

ほら、You Tubeってワンチャン稼ぎやすい
みたいな風潮ってあるじゃないですか?

でもそこばかり目がいってしまうと
ビジネスの本質から逸れていっちゃうので、
今回はYou Tubeの低評価数非表示を絡めて
ブロガーにも役に立つ話をしていきたいと思います。

 

You Tubeクリエイターの動画から動画『YouTubeの低評価数に関する変更』より

 

You Tubeはなぜ低評価数をなくしたの?

 

まずYou Tubeが低評価数をなくしたのは、
クリエイターを嫌がらせから守るため
というのが表向きの理由です。

動画の内容そのものではなく、
その人が嫌いだからという理由で
とりあえず低評価をつける人が多い。

 

You Tubeに低評価をつける人

 

そして、その悪影響は
小規模チャンネルの方がより高い。

これを問題視した結果、
You Tube運営側は
今回の低評価数非表示に至ったとのこと。

ちなみに低評価数は
視聴者側から見られなくなるだけであって、
動画投稿者側からは確認できるそうです。

 

おー、なるほど。

個人的にはすごくいいなと思いましたが、
このアップデートには賛否両論あるようです。

いくつか意見を見てみましょう。

  • 低評価も何気に参考になるので残念
  • こちらから低評価が見られないとなると、
    その動画が釣りかどうか事前にわからなくって余計な時間を使う
  • これをやって喜ぶのは迷惑系YouTuberだけなのでは?
  • ネットニュース経由の炎上も減るのでいいかもしれない

 

全体的に共感の多い意見としては、
低評価はあった方がいいというものでした。

その潜在的なニーズとして

『迷惑系の動画を無くしてほしい』

というのが根底にあるようです。

要するに低評価というは

署名活動

の代わりになるようなもの
だったのかもしれませんね。

 

ただYou Tube運営側からすると
表現の自由を大切にしたい
という思いがあるのも事実です。

なので線引として規約を設けています。

そこに抵触していなければ
いくら低評価が多くても
個人の意見は守られるわけなんですね。

僕たちのような発信する側にとって
『これは非常に安心できる話』です。

ブログには低評価ボタンがないので、
不当な炎上はほとんど起こりませんし、
実力がないブログは時代と共に
淘汰されていっている現実があります。

You Tubeも徐々にそうなっていくはずですが、
実際、低評価数を非表示にすることで
どのように変わっていくのでしょうか?

 

You Tubeの低評価を非表示にして変わること

 

まず結論から言うと、
You Tubeでの炎上が減っていきます。

すでに運営側がテストは行った結果、
不当に低評価攻撃を受けていたクリエイターや
ユーザーの数が減少したことが確認されたとのこと。

要するに、

低評価をクリックしても数値に反映されず、
満足感が得られないため悪意のある攻撃が減る

ということ。

その結果、その配信者への興味も薄れていき、
大小さまざまな炎上がなくなるということですね。

 

このような低評価アタックは、
たしかにYou Tube運営の言うように
小規模だと『嫌がらせ』になります。

しかし。

大規模になってくるとそれが反転し、
『炎上マーケティング』として利用されます。

一部の迷惑系・炎上系YouTuberなどは
低評価爆撃してもらうほど再生数が上がり、
広告収入が増えることを理解しています。

また批判が多いことでメディアが取り上げ、
そのニュースを見たユーザーが訪れることで
さらに再生数が伸びていくので、
どんどん過激さが増していく負のスパイラル。

 

これは健全なマーケティングとは言えませんが、
ビジネス上の演出として使われることもあります。

わかりやすく言うと、

不良が普通のことをしたら良い人に見える

みたいな。

そのために一回闇落ちすると。

で、そこから『更生』するだけなんだけど、
なぜか応援したくなるのが人情です。

これもひとつのテクニックで、
相手の感情の振り幅を大きくすることで
より親近感を持ってもらいやすくするというもの。

それを演出としてビジネスにつなげることは
決して違法ではないということですね。

 

炎上マーケティングの本質、こち亀こちら葛飾区亀有公園前派出所より引用

 

ただ、You Tubeの場合は
その炎上マーケティングに乗せられる人も多いし、
ちょっと行き過ぎる配信者も問題視されていた。

だから、低評価の非表示をすることによって
そもそも炎上マーケティングが起こりにくい
プラットフォームに変わっていくと予想されます。

 

本質的な部分を見れば、
YouTubeは今後、健全化の一途を辿るでしょう。

となると、
ジョークとの線引が難しい物申す系や
批判を買いやすいYouTuberなどは、
この先、垢バンを受けるリスクが高まるでしょう。

これは容易に予測できることなので、
YouTubeで発信しているクリエイターたちの中には
方向転換を迫られる人もでてくるかもしれませんね。

僕たちブロガーが考えていくべきこと

 

今回のYou Tubeのアップデートは
僕たちブロガーにとっても
非常に興味深いことだと思います。

You Tubeといっても
大元はGoogleですからね。

色々な視点でGoogleの意向を確認するのは
ネット上でビジネスをする上で有利です。

 

今回は特に

  • 低評価をする側(視聴者)
  • 低評価をもらいたい側(配信者)
  • You Tube(運営側)

この3つの視点を見ることで
今後我々がどういうブログ運営をすればいいのか
なんとなくわかってくるでしょう。

 

低評価をする側(視聴者)
  • 低評価が増えていくことに満足感を得ていた
  • 低評価は動画の内容に対してではなく、
    配信者の好き嫌いによる部分が大きい
  • 低評価数が表示されないと興味自体が薄れる

 

低評価をもらいたい側(配信者)
  • 低評価爆撃をしてもらうほど再生数が稼げる
  • 低評価がつけばつくほどメディアが取り上げ、
    さらにそれを見たユーザーが動画を見にくる
  • 内容や発言が過激化していく
  • 炎上マーケティングの味をしめる

 

You Tube(運営側)
  • 『ユーザー増>規制』を優先してきた
  • 不動の無料動画配信サービストップ
  • 安定してきたので徐々に規制強化
  • 低評価アタックするユーザーは困る
  • それを逆手に取る配信者も困る
  • 低評価数を非表示へ

 

ブログもこれまで
Googleの様々なアップデートを経て、
かなり健全なプラットフォームになってきました。

『検索者がストレスなく知りたいことにアクセスできる』

ざっくり言うとこれがGoogleの理念となります。

 

当然、不当な評価や炎上マーケティングなどは
ユーザーが本来求めているものを遠ざける要因です。

なので、
You Tubeの低評価数表示がなくなってしまうのも
時代の流れとしては自然だということですね。

 

You Tubeクリエイターの動画から動画『YouTubeの低評価数に関する変更』より

 

そして僕たちクリエイターも、
この先の時代を考えれば
正攻法で取り組んでいくことがベスト。

今後もアップデートを繰り返しながら、
どんどん健全なプラットフォームになっていくので、
YouTuberもブロガーも同じように
このビッグフォーマットと共に成長していきましょう。

人生好転マーチ無料メール講座バナー
 
 

※登録されたメールアドレス宛にプレゼントをご案内します。
『@icloud.com』でのご登録はメールが届きにくくなっております。
※新規アドレスを作る際はGmailもしくはYahooメールがおすすめです。
※常識的におかしな名前でのご登録は、こちらから解除させていただく場合があります。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です